ミラネーゼのクリスマスの過ごしかた~ミラノ通信#1

ミラネーゼのクリスマスの過ごしかた~ミラノ通信#1

イタリア・ミラノでは12月の祝日から5連休があり、クリスマスの気分が一気に高まります。クリスマス前の賑わいと喧騒を現地からミラノ在住10年の河見恵子さんがレポートしてくれました。


クリスマスまであと少し。12月7日ミラノの守護聖人Sant`Ambrogioの祝日、8日はImmacolata Concezione(聖母マリアをその母アンナがご懐胎した日)で5連休だったミラノでは、クリスマスの買い物、ツリーやイルミネーションを見に繰り出す人々で、ドゥオモ近辺はディズニーランドのような混雑ぶりでした。

あれ? 7日は火曜日なのにどうして5連休? なんて思ってはいけません。イタリアには飛び石連休なんて概念はなく、休日の合間は全てポンテといって橋をかけて繋げてしまいます。毎年この連休は優雅に旅行に出かけるか、残留組はクリスマスの装飾で華やぐ街をぶらぶらするのがお決まりです。

プレゼントは10人〜15人に渡すのがイタリアの常識?!

ふだんは街をぶらついてもあくまでお喋りがメインで、買い物はあまりしないイタリア人なのですが、この時期の気合の入れようはまったく別人のようになります。なんと店舗の売り上げは、年間の半分ほどを占める額に達するそうです。

ちなみに、家族へのプレゼントは300ユーロから350ユーロ、友人知人へは15ユーロから40ユーロとの統計が新聞記事に載っていました。友人たちへ、といっても軽く見積もっても1人あたり10~15人くらいにプレゼントしているようです。ファッション、雑貨、本屋、食品店、スーパーマーケットやメルカートに至るまで、どこもプレゼント用に綺麗にラッピングされたいろんな商品が並ぶさまは華やかで、ついつい購買欲をそそられてしまいそうです。

家族へはちょっと値段のはる家電や、以前から欲しがっていた諸々のもの(こちらの価格は千差万別、素晴らしいダイヤモンドからセーターなどあったかグッズまで)。友人には写真集やフォトフレーム、お手軽価格のキッチン用品、また最近では1つの冊子からプレゼントされた本人がひとつ選ぶカテゴリー別ブックも人気。1泊のロマンティックホテル宿泊から、スパホテル、スカイダイビングなどのアドベンチャー体験、レストランでの食事など、さまざまなチョイスが価格別に用意されています。

友人たちとはクリスマス前に集まってプレゼント交換をして、クリスマス24日午後から26日まではほとんどの店が閉まり、家族と過ごすのがイタリア流。マンマが腕によりをかけてつくったご馳走を、休むことなく食べ続けるのがイタリア人らしい過ごし方だそうです。

通りごとにイルミネーションの趣向があるのです

ドゥオモまでお散歩がてら歩いていると、どんな小路にもそれぞれ趣向を凝らしたイルミネーションがさがり、目に楽しく心弾みます。今年の家の前の通りは、天の川のような飾り。通りの名前が変わるごとに飾りも変わり、Via.Breraはシャンパングラスで乾杯のイルミネーション。歩道にはレッドカーペットを敷いてグリーンの飾りとクリスマスカラーを演出していて、ふだんよりずっと楽しげなムードに。お隣Corso.Garibaldiはギフトボックス、Corso.Comoはスィングする人型でした。シックな街並みが明るく様変わりするのは、この季節ならではのお楽しみです。歴史ある建物が残るヨーロッパでは、シンプルな光や照明が映えてひときわ荘厳な美しさを醸します。

Via.Breraの装飾はシャンパングラスの乾杯を型どっている

リナシェンテ(百貨店)の星降る外壁

スカラ座に到着してガレリアを通過すればドゥオモ。スカラ座とドゥオモを結ぶガレリア中央には毎年ツリーが飾られ、ドームの天井にはブルーの電飾が散りばめられます。ドゥオモ広場にも大きなツリーが飾られます。毎年これを見にくる人々で週末はとくに混雑します。
この日は連休とあって、身動き取れないくらいの人、人、人で埋め尽くされていました。いつもは観光客の多いこのエリアも、クリスマスシーズンは見物するイタリア人で溢れます。

幸せ満載のカップルが路上にあふれるアモーレの国

みんな口々に、綺麗だねぇと撮影しながら、とっても幸せそう。こんなに沢山の人々が集まり、みんな幸せそうっていうのも、良いものですね。ドゥオモをバックにキスしているカップルに遭遇。シャッターチャンスとばかりに撮影したけど、よく見たら棒を使ってキスシーンを自撮りしてました。時代ですね。クリスマスというといやがおうにも気分が盛り上がるのか、キスしてるカップル多数。ガレリア近辺だけで20組は見ました。ふだんの4~5倍くらい?! そう、ふだんもけっこう見かけるんです、アモーレの国イタリアですから。

ドゥオモ前カップル。よく見たら自撮りしてます

最近増えたはずのドゥオモを眺められるテラスはどこも満席ななか、穴場のテラスを発見。ひとテーブルだけの小さなテラスでドゥオモ広場を見下ろしながらアペリティーボ。2~3千人はいそうな下界の喧騒を静かに眺めながら、どこからか生演奏の音楽も聞こえて、この上なくロマンティックな雰囲気。
ただし外気温は2度! 冷蔵庫の中みたいでした。

広場に集う人びと。アモーレと幸せを満喫?!

ようやく見つけた穴場のテラスでアペリティーボを楽しむ(マイナス2度!)

<豆知識>

守護聖人の祝日

イタリアには全ての都市に守護聖人がいて、それぞれの祝日が定められています。ミラノは聖アンブロージオ、12月7日。たとえば、ローマの守護聖人は聖ピエトロと聖パオロ、祝日は6月26日です。

アペリティーボ

カクテルやワイン1杯分の値段で、店に用意されている軽食を好きなだけ食べられるハッピーアワーシステム。ブッフェ形式の店が多数、ミラノの中心地で8~10ユーロが相場。高級なホテルなどでは15~20ユーロでおつまみは適宜サーブされる。

この記事のライター

日本航空で15年間、国際線客室乗務員として勤務。退職後はミラノに居住し、東京と往復する生活。ミラノ・ブレラ地区を中心に、身近な情報をブログやFBで発信。ミラノでは在イタリア日本人のために料理教室をオーガナイズ、開催。ワイン好...

関連する投稿


魅惑の街フィレンツェの旅 後編 〜ミラノ通信#24

魅惑の街フィレンツェの旅 後編 〜ミラノ通信#24

フィレンツェの街歩きでは絶景のバールや、レストランなど、ぜひご自身で体験していただきたい魅力的なスポットがたくさん。ミラノ在住の河見恵子さんにレポートしていただくフィレンツェの旅、後編です。


魅惑の街フィレンツェの旅 前編 〜ミラノ通信#23

魅惑の街フィレンツェの旅 前編 〜ミラノ通信#23

古いものをきちんと残しながらも、上手に進化している花の都フィレンツェ。大聖堂や美術館から、美味しいものが揃うメルカートまで、ミラノ在住の河見恵子さんにレポートしていただくフィレンツェの旅、前編です。


わたしは愛される実験をはじめた。第1話「黙って座りなさい、モテる女にしてあげるから」

わたしは愛される実験をはじめた。第1話「黙って座りなさい、モテる女にしてあげるから」

【読むだけでモテる恋愛実験小説】30代で彼氏にふられ、合コンの男にLINEは無視されて……そんな主人公が〝愛される女〟をめざす奮闘記。「あんたはモテないのを出会いがないと言い訳してるだけよ」と、ベニコさんが、あまえた〝パンケーキ女〟に渇を入れまくります。恋愛認知学という禁断のモテテクを学べます。


「アラーム2個使い」で気持ちよく目を覚ませる理由【簡単美容#1】

「アラーム2個使い」で気持ちよく目を覚ませる理由【簡単美容#1】

忙しい現代人にとって、睡眠不足は深刻な悩みです。解決しようにも、睡眠時間を増やせと言われて簡単に増やせる人はほとんどいません。だからこそ、限られた睡眠の質を上げることは賢明なライフハックのひとつです。


イタリア式クリスマスは新年まで〜ミラノ通信#22

イタリア式クリスマスは新年まで〜ミラノ通信#22

イタリアでは新年6日までクリスマスモード。街中がイルミネーションで華やぎ、屋台は観光客で賑わいます。ミラノ在住の河見恵子さんにレポートしていただきました。


最新の投稿


批判ばかりして疲れてしまっている人へ

批判ばかりして疲れてしまっている人へ

批判したり、怒ったりしている人は何がそんなに世の中に不満なのだろうか。誰かに対して怒っていれば心が満たされるのだろうか。むしろ、心が貧しくなっているような気がするけれど。


「愛されたい症候群」な男性の特徴

「愛されたい症候群」な男性の特徴

愛するより愛されたい。常に先に求められないと恋愛できないのが「愛されたい症候群」です。特に男性の場合は、プライドが邪魔するせいで余計に愛情を伝えることができません。もしこんな男性を好きになってしまったら、良い関係を築くためにはどうすれば良いのでしょうか。「愛されたい症候群」な男性の特徴についてお話しします。


私たちはみんな痛みを抱えて生きている。「依存症」は対岸の火事ではない

私たちはみんな痛みを抱えて生きている。「依存症」は対岸の火事ではない

依存症とは、誰もが味わったことのある苦痛が原因となって発症する病です。


他人を叩いたところで、自分の人生は良くならない、という現実

他人を叩いたところで、自分の人生は良くならない、という現実

有名人の不倫についてのバッシングがここ数年、勢いを増しています。不倫は関係者の誰かを不幸にしてしまうから、決して良いとはいえないもの。でも皆がここぞとばかりに寄ってたかって叩く様子に、違和感を抱いたことはないでしょうか。有名人に限らず、身近な人のことも同じ目に遭わせているかも、と一度振り返ってみては。


“粉末スープ”が大活躍な、トマト味スコーン【天然酵母のパンレシピ#11】

“粉末スープ”が大活躍な、トマト味スコーン【天然酵母のパンレシピ#11】

自家製天然酵母パンとフランス菓子の教室「MINAMINA(ミナミナ)」を主宰する山田美奈さんによる、自宅で気軽に作れる天然酵母のパンレシピを紹介する連載。第11回目は意外な隠し味で安定のおいしさ、おうちにある材料でできる塩味のスコーンのご紹介です。