1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ファッション
  3. 二大名脇役ストールとベルトは“巻き方”の引き出しを増やすほど上級者に!

二大名脇役ストールとベルトは“巻き方”の引き出しを増やすほど上級者に!

Share

巻き方のバリエーションを知っていて、コーディネートにマッチしたアレンジができる。このふたつの要素をマスターすれば、服を買い足さなくても、スタイリングの鮮度アップは自由自在!

二大名脇役ストールとベルトは“巻き方”の引き出しを増やすほど上級者に!

二大名脇役ストールとベルトは “巻き方”の引き出しを増やすほど上級者に!

DRESS8月号のファッション特集「大草直子のおしゃれ夏期ゼミナール」でご紹介している、大草直子のおしゃれを支える小さな技の数々。ちょっとした小技を効かせるだけで、しゃれ感は確実にアップ。そのプロセスをムービーでご紹介します。

巻き方のバリエーションを知っていて、コーディネートにマッチしたアレンジができる。このふたつの要素をマスターすれば、服を買い足さなくても、スタイリングの鮮度アップは自由自在!

定番ジャケット×「ミラノ巻き」

Vゾーンに立体感が出て立地な印象の「ミラノ巻き」。一軒複雑そうに見えるけれど、一度覚えてしまうと簡単。テーラードジャケットにインすれば、マンネリベーシックも生き返る! 柄ストール×ボーダートップスの柄×柄のスタイリングも、この夏トライしたいテクニック。

ベアトップDRESS×「ふわっとクルクル巻き」

リゾートでも活躍するベアトップDRESS。胸元や肩を気にして敬遠してきた人も多いのでは? 空気感のあるストールをクルクル巻き付けるだけのあしらいで、素肌分量をコントロールすれば、取り入れやすい。レモンイエローなど明るい色を選ぶと、顔映りがきれい。

シフォントップス×「ニュアンス巻き」

透け感があり、デコルテが開いたエアリーなトップスのときは、ゆるくねじってふんわりと巻き上げて。アンニュイな表情が、柔和な女性らしさを感じさせる。デコルテと肩のラインをほんの少し見せることで、“抜け”とほのかなセクシーさが生まれます。

シャツDRESS×「サイド流し巻き」

楽に着られるけれど、素朴に見えてしまうとONタイムには不向きなゆったりとしたシャツDRESS。そこで、ベルトのウエストマークでメリハリをつけてみて。ボタンと喧嘩しないようバックルをサイドに流し、端を下に垂らすとアクティブな印象に。

カットソーDRESS×「アシンメトリー巻き」

飾り気のないカットソーDRESSは、ベルト使いで差をつけたい。ベルトループがないスムースで薄手のカットソーには、ゆとりをもたせて巻き、後ろ側を高く、前を低く、高低差をつけてアシンメトリーに。横から見たときに輿位置が高く見え、スタイルアップ!

チェックシャツ×「チラ見せ巻き」

カジュアルの代表格、チェックシャツにデニムの着こなしは、小物使いで大人っぽさと上質感を主張したい。シャツは上下ボタンを思い切り開け、そこから、メタリック系の細ベルトをチラリと見せる。ベルト先はラフに下に垂らし、さりげなく存在感をアピール。

Share

DRESS編集部

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article