1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ファッション
  3. GUの590円スカーフで「校閲ガール・河野悦子」を大人仕様に【デキる女の決断クローゼット #10】

GUの590円スカーフで「校閲ガール・河野悦子」を大人仕様に【デキる女の決断クローゼット #10】

Share

ドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」で主演・石原さとみさんのファッションに注目が集まっています。今回はスカーフ使いに焦点を当て、大人っぽいスカーフの使い方をご提案します。

GUの590円スカーフで「校閲ガール・河野悦子」を大人仕様に【デキる女の決断クローゼット #10】

TBSドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」で、石原さとみさん演じる河野悦子のファッション。かわいいと支持する声と、やりすぎていてしつこいと、賛否両論がネットをにぎわせています。確かに、バイキングでローストビーフも焼きそばもメロンもと、片っぱしから料理をお皿に盛ってしまったような、なんでもありのファッションは、面白すぎて目が離せません。

「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」番組HP http://www.ntv.co.jp/jimisugo/index.html
公式Instagram  https://www.instagram.com/explore/tags/校閲ガール/

■手持ちの飾りを全部つけたみたい!? 河野悦子の「クリスマスツリーコーデ」

第1話では、ブラックのライダースジャケットに「101匹わんちゃん」のクルエラ・ド・ヴィルも驚くアニマル柄のスエードスカート、それにからし色のタイツをあわせるという念のいれようでした。

第2話では、どこかの国の民族衣装のようなフルレングスワンピースに、マタギ的なファーベスト。そしてどのコーデにも、ごていねいにスカーフを加えてとどめの一撃です。

持っているものを全部つけてみました、という「クリスマスツリーファッション」は、見どころがありすぎて、どこを見たらいいのかさっぱりわかりません。それでも石原さとみさんはかわいい。

かわいいから何を着ても似合ってしまう。だけど、一般人がうっかりそのまま真似しようなどと思うのは危険すぎます。

■スカーフ・ビギナーはポイントを絞り、小さめの1枚を小面積で使おう

強いて言えば第2話のデニムonデニムのコーデが、色が絞られまとまりがよかったので、エッセンスを真似して大人バージョンにしてみました。スカーフを使ったら他のアイテムはあっさりといきましょう。

広げるとスカーフってものすごく派手な布ですよね。この柄でブラウスだったら、着るのに相当勇気がいります。スカーフを1ヶ所使ったらもう十分に派手なのですから、他のアイテムはさらりとまとめスカーフの素敵さにパッと目がいくように。

いつものコーデにちょい足しくらいの感覚です。あまり慣れてないわという方は、小さめのスカーフを小面積でピリッと使うのがおすすめです。

またスカーフというと、なんとなくバブルの残り香が漂うアイテムですから、避けたいのはコンサバ感です。ジャケットとシャツの襟元にきっちり巻いてしまうと、制服っぽくて若さがなくなるので避けたほうが無難かも。

■GUの590円スカーフで、気軽にレッスン

初心者さんに使いやすいスカーフはないかしら? と探したら、GUにありました! お値段590円。55cm×55cmの正方形で、配色も大きさも使いやすそうです。右は上の写真で使用したスカーフ。四すみがふちどりされたデザインなので、どう巻いてもオレンジの色が見えて使いやすいです。左のスカーフはモダンでコンサバ感がないデザインがGOOD。

スカーフといえば「エルメス」を思い浮かべる方も多いはず。もちろん柄も素材も群を抜いて素敵ですが、やはり高価ですし、しっとり分厚いシルクは少々扱いにくいかもしれません。

バッグの持ち手巻きに、ブレスレット代わりにと、GUスカーフで徐々に練習してから、お母さんのクローゼットに眠っている高価なスカーフを狙ってみてもいいかもしれませんね。

●まとめ
GUプチプラスカーフは、初心者さんにぴったり。小面積から取り入れて、いつものコーデのスパイスにしよう!

Share

輪湖 もなみ

ワードローブコンサルタント/リメイクデザイナー 大手アパレルで16年間ブランド管理や店頭指導などに携わる。長年培ったノウハウを個人のクローゼットに応用し、毎日着る服がないと悩み断捨離を繰り返す人を救うため、クローゼットコン...

関連記事

Latest Article