「信じる優しさ」と「疑う優しさ」が半分ずつ。半信半疑の夫婦関係がちょうどいい。

「信じる優しさ」と「疑う優しさ」が半分ずつ。半信半疑の夫婦関係がちょうどいい。

夫婦のように超近距離な人間関係も、信じるのは半分くらいでいいし、疑うのも半分くらいでいい――。「半信半疑」でいようとすることは、リスクを考える余裕を生み出し、幸せを運んでくるコツなのかもしれません。


国語の辞書には「半信半疑」という言葉があります。

はんしん ‐ はんぎ【半信半疑】
信じられそうでもあるが、疑わしく思う気持ちもあって、どちらとも心の決まらない状態。(出典:デジタル大辞泉)

私はこの言葉がとても好きです。幼い頃から何でもカンタンに信じることが苦手で、いつもどこかで「なんでかなぁ?」と思っていました。この「なんでかなぁ?」を良い意味で好奇心だと思うようにしています。
大人になると経験値が増えるので、信じることも疑うことも覚えていきます。疑うことを「悪」とするような表現が世の中では多いですが、私はこれを「リスクの想像」と捉えています。ちゃんと疑うなら悪いことではないよ、と考えています。

■リスクの想像ができていれば、余裕が生まれる

私は「リスクの想像」をとても大切にしています。未来予想図を公園の遊具のシーソーに見立てるとして、右には「夢が叶う想像」を置き、左には「リスクの想像」を置き、ギッコンガッコンとシーソーが左右に揺れるとき、両方が同じ速度でバランス良く揺れる状態を心が保てるように意識しています。乗せる量を変えるか、支点の位置を変えるかで、バランスは取れるので、そこはそのときの心の状態でさじ加減をします。

この心のバランス感覚は生きやすさに直結しています。夢が叶って上手く成功すれば両手をあげて喜び、周りの人と素直に喜びを共有し、感謝し合います。逆に何か失敗や突然のトラブルが起きたとき「リスクの想像」のリストの中で近いイメージや条件を探し「こうなった場合はこう対処しようと思っていた」と深呼吸ひとつする余裕を持てるようになります。トラブルにおいて、余裕があるか・余裕がないかはかなりその後の解決に大きな影響を与えます。

生きていると良いことも悪いことも起きます。誰にでも。どこでも。一日の中にも小さな良いことと悪いことが起き、一生の中で大きな良いことや悪いことが起きます。平坦な命というものはきっと存在しないだろうと思っています。
どの命にも良いことと悪いことが起きるようにこの世界はプログラムされていると仮定したら、常にどちらも受け入れる準備をしておくこと。この準備が人生の余裕になってくるのかなと感じています。
どちらも受け入れる人生は、良いことと悪いことの両方を楽しむことへつながります。どちらも楽しめるなら、深く思い悩むことも減ります。「あっけらかんと生きる」ことが、私が理想とする生き方です。

■信じるのも、疑うのも半分くらいでいい

夫婦関係にも、この「あっけらかん」を応用しています。
「私はずっと愛されるんだなぁ」「夫が洗濯してくれて嬉しいなぁ」というような【夢が叶う想像】と「パートナーがもし浮気したらどうしようかなぁ」「夫が病気になって一緒に働けなくなったらどう生きていこうかなぁ」というような【リスクの想像】を、毎日半分ずつ考えるようにしています。

【夢が叶う想像】を半信半疑の「半信」とします。【リスクの想像】を「半疑」とします。どんなに近しき人間関係も、信じるのは半分くらいでいいし、疑うのも半分くらいでいい、そんな感覚を大事にしています。
パートナーを100%信じてないなんてひどい! と思われるかも知れませんが、信じすぎないことで相手の愛情のプレッシャーの重荷を少しだけ軽くすることができるかなと思っています。少し疑うことで自分と意に沿わないことに出会っても「まぁいいか」と思えます。

■幸せを手に入れたら、そのぶんリスクも引き受けている

信じるという言葉は美しく感じますが、信じすぎる状態は自分のチカラで物事を考えることを放棄してしまう少し危ない感覚でもあります。疑うという言葉についても、疑いすぎては疲れてしまいますし、周りの人を悲しい気持ちにさせてしまいますが、かすかな疑いは相手と相性が合わなかったり、相手と自分の意見が違うときに、裏切られたと自分本位な主観を持たないで済んだりします。信じるも疑うも実は自分の問題だと気づいている人は少ないです。相手の問題ではないんですね。

夫婦のリスクにはいろいろあります。晩ご飯の意見が合わないという小さな日常のリスクから、浮気される・浮気するかもしれない大きなリスクまで、本当に想像するとたくさん出てきます。リスクとは他人と上手くやっていこうとすれば、手に入る幸せと一緒にセットでついてくるもので、幸せを手に入れたら同じだけリスクも受け入れたことになるのかなと思います。だからこそ、夫婦で幸せに暮らしたいと思ったら、大好きだからこそ半信半疑くらいでいるのがちょうどいいと思っています。

夫婦には信じるという優しさがあり、疑うという優しさがあります。半信半疑とは、実は相手の良いことも悪いことも想像し、他人という家族の二人でどう問題をクリアしていくか考える優しさでできています。

兎村彩野さんの記事一覧

この記事のライター

Illustrator / Art Director

1980年東京生まれ、北海道育ち。高校在学中にプロのイラストレーターとして活動を開始する。17歳でフリーランスになる。子ども向けの絵(NHKおかあさんといっしょの「黒ネコダンス」や「ながぐっちゃん」など)や女性向けの絵、アウ...

関連する投稿


SNSで「いい女に見せたい」心理がイタさを生む

SNSで「いい女に見せたい」心理がイタさを生む

SNSに「若い女の子と間違えられて怒っている」風の投稿をする女性がいる。その心理について考えてみたい。SNSを通じた自己表現は今やあたりまえの時代。どう見られたいか、見せたいか、は戦略的に考える必要がある。でもその見え方によっては、残念な自分を作ってしまうことになりかねない。


セックスレスの相談を受けるたびに思うこと【カツセマサヒコ 連載 #5】

セックスレスの相談を受けるたびに思うこと【カツセマサヒコ 連載 #5】

セックスレスに関する相談を男女双方から受ける。その度に「まずは相手を休ませてあげて」と思うのには理由がある。セックスレスに到る根本の原因は「疲れ」ではないか。ライターのカツセマサヒコさんが、生きていくうえで訪れるたくさんの喜びや悲しみにそっと寄り添うエッセイ、第5回。


夫婦喧嘩の仲直りにプレゼントは不要。妻がほしいのは言葉

夫婦喧嘩の仲直りにプレゼントは不要。妻がほしいのは言葉

夫婦喧嘩後に何かプレゼントして、仲直りを試みるのはずるい。妻たちがほしがっているのは物ではなく、言葉なのに、どうしてそれをわかってもらえないのか。


夫婦のLINEのやりとり。熟年になっても男と女でいるために

夫婦のLINEのやりとり。熟年になっても男と女でいるために

恋愛の賞味期限は、3年5年だなんて説に多くの女性がうなずくくらいに恋心は熱しやすく冷めやすいものです。だれかを好きになって、彼も好きになってくれて、二人の思いが通じ付き合いがスタートする。もしかすると、その瞬間が恋愛のピークかもしれません。今回は、熟年夫婦になっても恋愛感情が続いている夫婦の方々にお話をお伺いしました。


子供がいない=幸せじゃない、なんて誰が決めたの?

子供がいない=幸せじゃない、なんて誰が決めたの?

子供がいない=幸せではない、と考える人もいるけれど、そんなことはないと思う。子供がいて味わえる幸せもあれば、子供がいないからこそ感じられる幸せもあるのだから。


最新の投稿


『はらぺこあおむし』に会いに行こう! -「エリック・カール展 The Art of Eric Carle」

『はらぺこあおむし』に会いに行こう! -「エリック・カール展 The Art of Eric Carle」

『はらぺこあおむし』や『パパ、お月さまとって!』でおなじみの絵本作家、エリック・カールさんの世界を堪能できる「エリック・カール展」の情報をお届けします。


バストの下垂、原因は加齢だけじゃなかった!

バストの下垂、原因は加齢だけじゃなかった!

バストの下垂は歳を重ねると自然と起きてしまうこと、避けられないこと、と諦めないで。バストの下垂は日々の細かい努力で防ぐことができます。バストの下垂を予防し、何歳になっても美しいバストを保つ習慣をご紹介します。


頭皮のたるみは顔のたるみに……今日からやりたい美容師に聞く「頭皮ケア」

頭皮のたるみは顔のたるみに……今日からやりたい美容師に聞く「頭皮ケア」

加齢による頭皮の変化のひとつに「たるみ」があります。頭皮も顔と同じようにたるみ対策をすることでエイジングケアに効果が期待できます。毎日手軽にできる頭皮ケアをご紹介します。


5月発売のコスメをチェック!【今月の「推しコス暦」】

5月発売のコスメをチェック!【今月の「推しコス暦」】

パンピューリからは天然素材のフットマスクが登場。サンセット クルーズ アイ パレットはメイクをランクアップさせてくれそう。紫外線ケアはヘアもお忘れなく! アヴェダのスカルプラインをチェックして。ジュリークのローズミストが数量限定で発売。エスティ ローダーのリップスティックの刻印サービスは使ってみたい!


不倫は「一番大切なもの」を奪っていく【いい女.bot 連載】

不倫は「一番大切なもの」を奪っていく【いい女.bot 連載】

不倫をすると私たちにとって「一番大切なもの」がなくなってしまいます。それはなぜなのか、なくすとどうなるのか。いい女.botさんが寄稿します。