綺麗になる力の素晴らしさ

綺麗になる力の素晴らしさ

いくつになってもオシャレを楽しんで綺麗でいる人は、自分も幸せだし周囲にも幸福感をもたらしている。「素敵になりたい」気持ちを忘れずに生きよう。


■褒める=認めること。だから、褒められたら素直に「ありがとう」

「それかわいいね!」
「そのお洋服素敵〜」
「それ、とっても似合っている!」なんて……。


友人や同僚、家族から褒められたら、その日一日はなんとなく良い気分。
機嫌良く過ごせちゃう!
単純だけど(笑)。

何歳になっても「褒められる」ことは嬉しい。
子どものときは、両親や周りの大人に褒められて育つけれど、ある程度の年齢になると褒められることがめっきり減ってくる……というかほとんど皆無(笑)。

だから余計に褒められたい願望が沸々と心の中に溜まってくるから、ひと言褒められると、「キャー」って感じで幸せになるのよね。

でも褒められると、
「そんなことないよ〜」
と、謙遜してしまう人が多い。
日本人って謙遜こそが美徳とされているところがあるからかな?

「褒める」ということは「認める」ということ。
良いと認めて褒めてくれているんだもの、「ありがとう」と素直に言いましょうよ!

私の友人で誰もが認める美しい女性がいる。

「綺麗ね」
「すごい美人」って言われると、

彼女は
「わ〜嬉しい〜! ありがとう」と素直に答える。

そんな彼女を見ていていつも気持ちがいいと思う。

「そんなことないです」
「いえいえ、私なんて……」
って答えたとすると、
それを聞いた周りの人たちは
「そんなこと思ってもないくせに……」
と意地悪な気持ちになってしまいそうでしょ(笑)。

良いと思ったら褒める。
褒めてもらったら素直にお礼を言う。

小さい子どもにはきっとそう教えるでしょう?
大人になって、それを忘れてしまっているかもしれないけれど、思い出しましょうよ!

■綺麗になりたい気持ちは周囲をも幸せにする


褒められる喜びを目にして、こちらまで幸せな気持ちになるのが、バラエティ番組でやっている「変身コーナー」。

仕事一筋でオシャレを忘れていた女性やご主人や家族が、第一線で活躍されている方からメイクをしてもらい、髪をセットしてもらい、洋服をスタイリングしてもらう。

周りの人たちもドキドキワクワクしながら変身した人を待ち望んでいる。
みんなの前に登場する瞬間の感動。
涙ぐみながらみんな綺麗になった人のことを喜んでいる。
美しくなったことを、周りから褒められ、自分自身をも褒める瞬間。
そして、それを認める瞬間でもある。

一人の人が綺麗になっただけで、こんなにも周りの人たちが感動するなんて……スゴい!と思い、見ている私も不覚にも泣けてくる(笑)。
ホント感動もの。

綺麗になりたいと思う→オシャレをする努力をする→褒められる→喜ぶ→幸せな気持ちになる。
綺麗になるってスゴい力。
周りの人みんなを幸せな気持ちにするパワー!

だから、絶対にあきらめないで。
「もう、いいや……」と思った瞬間から、老けていきますよ!

そして素敵なものや人を見つけたら、素直に褒めましょうね。
自分が幸せだと人にも優しくなれるしね(笑)。

オシャレって実はとっても大切なことなのです。

この記事のライター

株式会社LiSA LiSA 代表取締役社長。芦屋生まれ、芦屋育ち。55歳。 2001年にカタログを中心とした通信販売による大人の女性のためのファッションブランド「LiSA LiSA」をスタート。 自社カタログやTVショッ...

関連するキーワード


おしゃれ LiSA LiSA 貴田加野

関連する投稿


休日のご近所ファッションこそおしゃれの冒険を

休日のご近所ファッションこそおしゃれの冒険を

休日のおしゃれは、誰にも会わないからこれくらいで、とついつい手を抜きがち。いつも気合を入れてばかりいては疲れるけれど、誰にも会う予定のない休日だからこそできる冒険コーデもあります。ときにはちょっと作り込んだスタイルで、近場を散歩してみませんか?


夫婦円満にはピンクが効く? まずは小物でさらっと取り入れる

夫婦円満にはピンクが効く? まずは小物でさらっと取り入れる

皆さん、ピンクの服や小物、ファッションに取り入れていますか? 大人になればなるほど、ちょっと気恥ずかしい……なんて思わないで。しばらくピンクがご無沙汰だった人、ピンクに苦手意識を持っている人は、まずはピンクの小物からお試しを。カジュアルにもスタイリッシュなコーデにもピンクを粋に取り入れる方法をご紹介します。


おしゃれに悩んだら素の自分を活かす - 『おしゃれの幸福論』から得たヒント

おしゃれに悩んだら素の自分を活かす - 『おしゃれの幸福論』から得たヒント

『おしゃれの幸福論』(著:光野桃)を取り上げます。ワンツーコーデが流行っている今、人とはかぶらないけれど、浮くわけでもない、自分らしいワンツーコーデがしたい。そう思った桜井真砂美さんが手に取ったのは『おしゃれの幸福論』。本書から得たヒントを紹介してくれました。


ベージュを味方につければ、女のコーディネートは優しげになる

ベージュを味方につければ、女のコーディネートは優しげになる

ベージュを日々のコーディネートに積極的に取り入れるようになり、はっと気づいたことがある。これほど女を優しげに見せる力がある色はない、と。ベージュをうまくコーディネートするために、私が気をつけていることをご紹介したい。まずは「自分に合うベージュ」と出会うところから始めよう。


今夏人気のかごバッグ「メルカドバッグ」のPOP-UPを渋谷CPCMにて開催

今夏人気のかごバッグ「メルカドバッグ」のPOP-UPを渋谷CPCMにて開催

熊谷隆志さんがディレクターを務めるクラフト&カルチャーショップ「CPCM(シー・ピー・シー・エム)」(渋谷区神宮前)にて、今夏人気を集めるメルカドバッグのPOP-UPを6月17日から開催。


最新の投稿


“水”にも注意!? 美髪を作る正しいシャンプーの方法

“水”にも注意!? 美髪を作る正しいシャンプーの方法

美髪になりたい方へ。まずはシャンプーの方法を見直してみませんか。美しく健康的な髪を作るには、髪の毛のみならず、地肌からのケアが欠かせません。むしろ地肌のケアこそ、とても大事です。美髪へ近づく第一歩として、シャンプーの正しいやり方をお伝えします。


映画『20センチュリー・ウーマン』感想。1979年、僕たちの特別な夏が始まる!

映画『20センチュリー・ウーマン』感想。1979年、僕たちの特別な夏が始まる!

映画『人生はビギナーズ』で世界中から大絶賛を浴びたマイク・ミルズ監督の最新作『20センチュリー・ウーマン』が6月3日より公開中です! サンタバーバラを舞台に3人の女性とのさまざまな経験を経て大人へと成長していく少年のひと夏を描いた物語。今回は映画の魅力と感想を、アートディレクターの諸戸佑美さんに語っていただきました。


脚がむくみやすい人の傾向と対策

脚がむくみやすい人の傾向と対策

脚がむくみやすい、と感じる方は多いのでは。実際、女性の半数以上が脚のむくみを感じているとするデータもあります。むくみは美脚の天敵でもあり、巡りが悪い状態は健康にもよくありません。脚がむくみやすい人の5つの傾向と、むくみを取り除く対策を具体的にお伝えします。


運がいい人の共通点は「5つの感謝」

運がいい人の共通点は「5つの感謝」

運がいい人には共通点があります。そのひとつは、いつも「感謝をしている」こと。それも、驚くほどに細かく、たくさんのことに対して心からの感謝をしています。今日は運がいい人になる、一番の近道となる「感謝」について考えてみましょう。


断捨離の後、お部屋をきれいに保つために必要な3つのこと

断捨離の後、お部屋をきれいに保つために必要な3つのこと

片付けが苦手な人でもできる「断捨離」の方法を3回に分けてご紹介しました。無事「断捨離」が終わった方、その後きれいなお部屋を保てていますか? もしかしたら、また少しずつ散らかってきている方もいるはず。今回は、せっかく片付けたお部屋をきれいに保つために必要なコツを、3つのポイントに分けて解説していきます。


DRESS部活