オジサンのお酒じゃない。大人女子も楽しめるブランデー入門

オジサンのお酒じゃない。大人女子も楽しめるブランデー入門

ブランデーと聞くと、どうしても場末のバーカウンターで渋いオジサンがグラスを回しながら呑んでるイメージを抱いてしまいますよね。しかし実際のところ、ブランデーはワインを蒸留した蒸留酒!ワイン好きが大変多いヨーロッパでは、年代を問わず様々な人が自分流でブランデーを楽しんでいます。


今回は、そんなブランデー初心者にこそ知ってほしい、美味しいブランデーの飲み方をご紹介したいと思います。さて、どんなものがあるのか見ていきましょう!

■基本である"一番美味しいストレートの飲み方"

優雅な香りを楽しむなら専用グラスで!!




ブランデーをストレートで飲む際は、ブランデー用のグラス(スニフター)を使用し、グラスを手のひらで包み込むようにし、静かに回します。徐々に手の温度がブランデーに伝わり、ブランデー自体のもつ上品な香りがグラスの内側に溜まってきます。その優雅な香りをまず楽しみ、その後口に含んで、まったりと味わって下さい。

■海外じゃ、朝でも飲む?ブランデーを使った"カフェロワイヤル"

ブランデーを使った有名なドリンクでもある"カフェロワイヤル"。リラックスするのに効果バツグンで、ルックスもロマンチックなこちらは大人女子ウケ間違いナシ!作り方は簡単。コーヒーをカップに入れ、スプーンに乗せた角砂糖にブランデーを染み込ませます。そしてその角砂糖に火を灯し、その後コーヒーに落としてから頂きます。海外では冬場、朝に飲む人も多く、リラックスしたい大人女子は必見です!

■イギリスでは定番!ソーダで楽しむブランデー!

近年人気のバルでもお馴染み、ブランデーのソーダ割り。イギリスでは古くから人気の飲み方ですが、最近の流行は"ブランデースプリッツァー"と呼ばれる、ソーダの他にオレンジなどの柑橘果実を入れた、バルで人気のカクテルとなっています。気軽にブランデーを楽しめるカクテルは、海外の若者にも大人気!

ストレートでも、それ以外でも、ブランデーは様々な飲み方を楽しめる素敵なお酒なので、是非ともお試し下さい!

この記事のライター

関連するキーワード


ハードリカー部 ワイン

関連する投稿


【4/8(土)開催】静岡DRESS部 presents~苺のハウスでNight picnic~

【4/8(土)開催】静岡DRESS部 presents~苺のハウスでNight picnic~

苺狩りというとレジャーのイメージが強いですが、今回の苺狩りは大人だけの特別な時間ーーおしゃれにライトアップした夜のビニールハウスで摘みたて苺や、苺をふんだんに使ったスイーツ、苺に合わせたシャンパンやワインなどを楽しむ。苺を摘んだり、ワインを楽しんだり、音楽に酔いしれたり……苺を楽しむ夜のピクニックに出かけませんか?


ワインのマナーを知って、レストランで恥をかかない

ワインのマナーを知って、レストランで恥をかかない

ワインのマナー、身についていますか? おしゃれなレストランやフォーマルな場へ行くと「これで合っているのかな」と悩むこともあるマナー。ワインを飲むことは日本ではまだまだ新しい文化の1つだと思います。難しいことはほとんどありません。ワインのマナーを少しずつ覚えて、自信を持って楽しみましょう。


青山「Wine&Grill TACT.」でワイン/生ビールが1杯100円に

青山「Wine&Grill TACT.」でワイン/生ビールが1杯100円に

東京・青山のワインバー&グリルレストラン「Wine&Grill TACT.」が開店1周年を記念して、「ハウスワイン、ハートランド生ビール1杯100円」キャンペーンを実施。


今、世界の専門家も注目する「オーストラリアワイン」とは

今、世界の専門家も注目する「オーストラリアワイン」とは

ニューワールド・ワインの先駆けとして、日本でも愛好家の多いオーストラリアワイン。今回は、シドニーのワインコンクールで金賞を受賞した「シラーズ・リザーブ」から、10年以上キープしても美味しさが続く「シャルドネ」まで、産地や品種・ワインの特徴とともにオーストラリアワインの魅力をご紹介します。


ワインと美容の嬉しい関係

ワインと美容の嬉しい関係

ワインと美容には密接なつながりがあります。「アルコールは美容の大敵」といったイメージがあったのは一昔前の話。日常的にワインを飲む方が増えてきていると思いますが、肌に悪いのかな……などと思いながら飲むのはもったいない。今回はワインと美容の関係についてお話します。


最新の投稿


女性のお尻を叩く風習? チェコのイースターは独特

女性のお尻を叩く風習? チェコのイースターは独特

チェコのイースターは日本から見ると独特かもしれません。男性が鞭で女性のお尻を叩く風習があります。1年の健康や美を願い、また子宝に恵まれる、との言い伝えもありますが、正直痛い(笑)。そんなチェコのイースターの過ごし方と独特の風習を詳しくご紹介します。


「デザイニングアイブロウN」が優秀。眉もノーズシャドウも自然に仕上がる

「デザイニングアイブロウN」が優秀。眉もノーズシャドウも自然に仕上がる

「デザイニングアイブロウN」はケイトのアイブロウパレット。眉ってなかなか思い通りに描けず、苦手意識がある人も多いと思いますが、デザイニングアイブロウNのような3色のパウダータイプなら色を調整でき、仕上がりもふんわりソフトなので失敗が少なくおすすめです。眉メイクのコツやノーズシャドウとして使う方法をご紹介します。


鹿児島女性は男社会で生き抜き、トクする術を知っている

鹿児島女性は男社会で生き抜き、トクする術を知っている

鹿児島県は未だに「男尊女卑がある」と言われる地域。そこで生活する女性たちは「被害者」扱いされることもあるが、鹿児島出身の私に言わせると、まったく逆だ。実は日本で一番、男社会での処世術を知っている女性は、鹿児島女性なんじゃないかと思うこともある。


海外から見た「日本人」の長所と短所

海外から見た「日本人」の長所と短所

「約束を守る」「長期的なビジョンや関係を重視する性格」などは、海外から見て日本人が評価されているポイント。一方で「英語が話せない」など、ちょっと残念と思われている要素も……。外国人が見る、リアルな日本人のイメージを知っておきませんか。


最後の切り札!?結婚式プロデュース会社に相談した理由【NEO花嫁の結婚式奮闘記#6】

最後の切り札!?結婚式プロデュース会社に相談した理由【NEO花嫁の結婚式奮闘記#6】

思い切って結婚式プロデュース会社に相談したのは、ウエディングプランナーに相談しても、なかなか「これだ!」と思えなかったから。夢のような結婚式を実現するため、複数のウエディングプランナーに面会したものの、ピンとこなかったから。理想とする結婚式の叶え方を模索する連載「NEO花嫁の結婚式奮闘記」#6をお届けします。