1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ライフスタイル
  3. 花の香りで嗅覚を磨けば、恋愛感度は上がる。

花の香りで嗅覚を磨けば、恋愛感度は上がる。

Share

女性には男性の体臭を本能的に嗅ぎ分けられる力がある。それを上手く活用すれば、相性のいい相手を察知しやすく、恋愛感度も上げられる。日常的に花の香りを嗅ぐことから始めてみよう。

花の香りで嗅覚を磨けば、恋愛感度は上がる。

「あら? いいにおい」

雨あがり。会社からの帰り道を歩いていると、職場の後輩ステ子がとつぜん立ち止まった。
私もその場で鼻をクンクンさせてみたが、何の匂いも感じない。

「あっ! コレコレ」

ステ子が近づいた先は道路脇の生垣で、そこには白くて大きな花がいくつも咲いていた。
「ああ〜なんて素敵な香り! 甘くてせつなくて、もう胸がキュンキュンする!」

ステ子にそう言われ、私も花に顔を近づけると、なんともいえない上品な香りがした。

「私、こういう香りには敏感なんですよ。キンモクセイとか沈丁花とか道に咲いていると、かなり遠くからでもわかっちゃう」

「ああ、これはクチナシ。別名ガーデニアといって6〜7月にしか咲かない。いい香りがしただろ?」
私がスマホで撮っておいた白い花の写真を見て、花屋のおばさんはそう言った。

「それが……。ステ子はすぐに香りを感じたらしいんだけど、私は最初あまりわかならかったの」
私がそう正直に言うと、おばさんのメガネの奥の目がキラッと光った。

「由樹子さん、不倫とかしそうにないしね。ダンナともセックスレスだろうし」

「おばさん! ヤダ、どうしてそんなことわかるのよ?」

「わかるよだいたい(笑)。あのね、花の香りって本能に直接働きかけるんだよね。
男性2人がたまたま同じ種類のオーデコロンをつけてても、違う香りに感じるってことない? それ、女性が男性の体臭を本能的に嗅ぎ分けられるってことなんだよ。年頃の娘は、『パパ、クサい』とか言うじゃない? あれ、父親をオスだと感じないように、近親婚を避けるメスの本能なんだよね。つまり人は、匂いで相手との相性を判断する能力があるってこと。
だからバラとかクチナシとか、フェロモンを刺激する香りに敏感に反応する女子は、恋愛感度が高い。つまり惚れっぽいってこと」

「ふーん、だからステ子は、次々と恋しちゃうんだ」

「あんただって、毎日花の香りを嗅いで嗅覚を鍛えれば、恋愛感度は上げられるよ」
おばさんは、案外マジメな顔でそう言った。


恋愛のトキメキなんて、もうずいぶん長い間感じたことがない。それってもう「女終了」ってハンコを押されたみたいで、ちょっとせつなくなる。
不倫とかドラマチックな恋愛なんて、もう私の身に起きることはないだろうけど、ちょっとだけドキドキしたりキュンとしたり、それくらいの「女」は、まだあってもいいよね。
ちょっと遠回りになるけど、クチナシが咲き終わるまで毎日あの道を歩こう。興奮気味に花の香りを嗅いでいたステ子の横顔を思い出し、私はそう思った。

+++ もなみのちょい足しポイント +++

シャネルの「ガーデニア」という香水は、抽出不可能と言われるくちなしの香りを調香で作り出した希少なもので、通常の香水にくらべとても高価です。6〜7月の梅雨の時期は、そんな希少なくちなしの香りを嗅ぐことができるチャンス。特に雨あがりには強く香るので、街路樹や公園を通りかかったら、探してみてはいかがですか。
恋愛で「なんか相性がいい」「不思議な縁を感じる」というのは、実は匂いという目に見えないもので、相手との相性を測っているから、という説があります。「フェロモン」とは匂いの一種のことなので、あなたも嗅覚を磨いてステキな恋愛を引き寄せてくださいね。

Share

輪湖 もなみ

ワードローブコンサルタント/リメイクデザイナー 大手アパレルで16年間ブランド管理や店頭指導などに携わる。長年培ったノウハウを個人のクローゼットに応用し、毎日着る服がないと悩み断捨離を繰り返す人を救うため、クローゼットコン...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article