花の香りで嗅覚を磨けば、恋愛感度は上がる。

花の香りで嗅覚を磨けば、恋愛感度は上がる。

女性には男性の体臭を本能的に嗅ぎ分けられる力がある。それを上手く活用すれば、相性のいい相手を察知しやすく、恋愛感度も上げられる。日常的に花の香りを嗅ぐことから始めてみよう。


「あら? いいにおい」

雨あがり。会社からの帰り道を歩いていると、職場の後輩ステ子がとつぜん立ち止まった。
私もその場で鼻をクンクンさせてみたが、何の匂いも感じない。

「あっ! コレコレ」

ステ子が近づいた先は道路脇の生垣で、そこには白くて大きな花がいくつも咲いていた。
「ああ〜なんて素敵な香り! 甘くてせつなくて、もう胸がキュンキュンする!」

ステ子にそう言われ、私も花に顔を近づけると、なんともいえない上品な香りがした。

「私、こういう香りには敏感なんですよ。キンモクセイとか沈丁花とか道に咲いていると、かなり遠くからでもわかっちゃう」

「ああ、これはクチナシ。別名ガーデニアといって6〜7月にしか咲かない。いい香りがしただろ?」
私がスマホで撮っておいた白い花の写真を見て、花屋のおばさんはそう言った。

「それが……。ステ子はすぐに香りを感じたらしいんだけど、私は最初あまりわかならかったの」
私がそう正直に言うと、おばさんのメガネの奥の目がキラッと光った。

「由樹子さん、不倫とかしそうにないしね。ダンナともセックスレスだろうし」

「おばさん! ヤダ、どうしてそんなことわかるのよ?」

「わかるよだいたい(笑)。あのね、花の香りって本能に直接働きかけるんだよね。
男性2人がたまたま同じ種類のオーデコロンをつけてても、違う香りに感じるってことない? それ、女性が男性の体臭を本能的に嗅ぎ分けられるってことなんだよ。年頃の娘は、『パパ、クサい』とか言うじゃない? あれ、父親をオスだと感じないように、近親婚を避けるメスの本能なんだよね。つまり人は、匂いで相手との相性を判断する能力があるってこと。
だからバラとかクチナシとか、フェロモンを刺激する香りに敏感に反応する女子は、恋愛感度が高い。つまり惚れっぽいってこと」

「ふーん、だからステ子は、次々と恋しちゃうんだ」

「あんただって、毎日花の香りを嗅いで嗅覚を鍛えれば、恋愛感度は上げられるよ」
おばさんは、案外マジメな顔でそう言った。


恋愛のトキメキなんて、もうずいぶん長い間感じたことがない。それってもう「女終了」ってハンコを押されたみたいで、ちょっとせつなくなる。
不倫とかドラマチックな恋愛なんて、もう私の身に起きることはないだろうけど、ちょっとだけドキドキしたりキュンとしたり、それくらいの「女」は、まだあってもいいよね。
ちょっと遠回りになるけど、クチナシが咲き終わるまで毎日あの道を歩こう。興奮気味に花の香りを嗅いでいたステ子の横顔を思い出し、私はそう思った。

+++ もなみのちょい足しポイント +++

シャネルの「ガーデニア」という香水は、抽出不可能と言われるくちなしの香りを調香で作り出した希少なもので、通常の香水にくらべとても高価です。6〜7月の梅雨の時期は、そんな希少なくちなしの香りを嗅ぐことができるチャンス。特に雨あがりには強く香るので、街路樹や公園を通りかかったら、探してみてはいかがですか。
恋愛で「なんか相性がいい」「不思議な縁を感じる」というのは、実は匂いという目に見えないもので、相手との相性を測っているから、という説があります。「フェロモン」とは匂いの一種のことなので、あなたも嗅覚を磨いてステキな恋愛を引き寄せてくださいね。

この記事のライター

ファッションライター。 大手アパレルで16年間、ブランド管理や店頭指導などに携わる。 現在はフラワー装飾とファッション関連の仕事を兼務。 ブログ「ミランダかあちゃんのスタイルレシピ」は、 40代ファッション人気ランキ...

関連する投稿


恋愛を冷めさせてしまうLINEとは

恋愛を冷めさせてしまうLINEとは

年代問わず、LINE(ライン)は恋愛の主たるコミュニケーションツールになっています。しかし、文字やスタンプ、写真で伝えることは意外と難しいものです。会えないからこそLINEで育みたい恋。けれどその恋をいつの間にか冷めさせてしまうことも。そんな、恋愛を冷めさせてしまうLINEとは一体どんなものなのでしょうか。


フォトジェニックな写真をあなたに。プロのカメラマンが同行して撮影する「Lovegraph」が新プランを発表

フォトジェニックな写真をあなたに。プロのカメラマンが同行して撮影する「Lovegraph」が新プランを発表

プロのカメラマンが同行し、恋人や友達、家族写真などを撮影してくれるサービス「Lovegraph(ラブグラフ)」をご存知でしょうか? 今回ラブグラフが「より多くの方に気軽に体験してもらう」ことを目的とした新プランを発表。 夏の思い出作りにいかがですか?


大國魂神社(府中) - 恋愛運・人脈運にご利益があるパワースポット

大國魂神社(府中) - 恋愛運・人脈運にご利益があるパワースポット

大國魂(おおくにたま)神社は、武蔵国(現在の東京都大部分と神奈川県一部、埼玉県全域)の総社です。総社とは、地域内(ここでは武蔵国)の神社にいる神さまを一カ所に集めた神社のこと。そんな武蔵国の総社である大國魂神社は、恋愛運や人脈運でご利益を得るには東京でも屈指のパワースポットです。


恋愛リベンジを避ける方法〜愛する人との上手な別れかた【経沢香保子】

恋愛リベンジを避ける方法〜愛する人との上手な別れかた【経沢香保子】

最近、ネットでのリベンジがすごい。まさに、そこは修羅場と化し、誰も幸せにならない。どうにか止まらなければ、どちらかが社会的に抹殺されるまでのデスゲームだ。一度はともに生きることをきめ、安全地帯となったお互いが心も体も別れるのは身を切る以上に辛いものだ。でも、だからこそ、人間としての魅力や強さが試される時期でもある。


恋愛におけるLINEのやりとり、年上彼氏・年下彼氏・同級生彼氏の違い

恋愛におけるLINEのやりとり、年上彼氏・年下彼氏・同級生彼氏の違い

会えないときにふたりの気持ちをつなぎ、高めるLINE。現代の恋愛に欠かせないコミュニケーションツールとなったLINEは、相手の顔が見えない非対面コミュニケーションがゆえに、対面コミュニケーション以上に相手への気遣いが必要です。恋愛におけるLINEでは、彼がほしい言葉を察して送り、恋心を盛り上げていくことが大切。


最新の投稿


「本当の幸せ」は自分ひとりで得られるものじゃない【佐藤あつこ】

「本当の幸せ」は自分ひとりで得られるものじゃない【佐藤あつこ】

人間は何が幸せかを知っているのといないのとでは、人生の過ごし方が変わってくるはず……哲学的・学問的に「幸せ」の定義を明確にした4人の哲学者を取り上げ、読者の皆さんと一緒に幸せについて、ちょっとだけ真剣に考えるコラム、後編です。


玄米、みそ汁、野菜たっぷりのおかず……一汁三菜を贅沢に味わえる「至福のごはん」

玄米、みそ汁、野菜たっぷりのおかず……一汁三菜を贅沢に味わえる「至福のごはん」

有楽町の「24/7cafe apartment」では、黒米をブレンドしたもちもちふっくらの玄米・あたたかなみそ汁、野菜たっぷりのおかずの数々に、京都の名店・藤井茶園から取り寄せた上質なほうじ茶を添えた「至福のごはん」の提供を開始。ごはん、お味噌汁、ほうじ茶はおかわり自由です。


不倫話を聞きすぎて、結婚しても不倫されるのではと不安【大人のお悩み相談室 #7】by サツキメイ

不倫話を聞きすぎて、結婚しても不倫されるのではと不安【大人のお悩み相談室 #7】by サツキメイ

DRESS公式占い「愛を引き寄せる星占い」でもおなじみ、占い師・サツキメイさんによる連載「大人のお悩み相談室」。生き方や働き方、恋愛、結婚etc.迷える女性たちの相談にのっていただきます。お悩みを丁寧に受け止め、寄り添いながら回答してくれる、DRESS世代の占い師・サツキメイさんへのご相談、お待ちしています。


信頼される人に共通する特徴は「口が堅い」こと

信頼される人に共通する特徴は「口が堅い」こと

信頼される人の特徴は? そう聞かれて思いつくのは、口の堅さではないでしょうか。その人と接していると、安心感と信頼感を感じ取れるはず。今回は信頼される人の共通点であり、条件ともいえる口の堅さをテーマにコラムをお届け。口が堅い人がどうしてそういられるのか、その理由を考えてみましょう。


世界遺産の村 チンクエ・テッレ、5つの村へ【後編】〜ミラノ通信#15

世界遺産の村 チンクエ・テッレ、5つの村へ【後編】〜ミラノ通信#15

イタリア北西部にある5つの村、チンクエ・テッレをご存知でしょうか。ユネスコの世界遺産にも登録され、その美しい景観から世界中から観光客がやってくるスポットになっています。ミラノ在住の河見恵子さんによる日帰り旅行レポート、今回は後編をお送りします。