男性に贈るならあじさいの花束を。モテる女は観葉植物を選ばない。

男性に贈るならあじさいの花束を。モテる女は観葉植物を選ばない。

男性に植物を贈りたい……そう思って「流行ってるし」と気軽に観葉植物を選んでいませんか? 実はそれ、男性にとっては負担かも。じゃあ何を贈ればいいの? 白かピンクの「あじさい」がおすすめな理由、ご紹介します。


職場の後輩ステ子がまた恋をした。ただいま絶賛片思い中の今回の相手は、向井理似の細マッチョな理系男子で、趣味はプラモデル作りらしい。もうすぐ彼の誕生日だそうで、プレゼントの内容について相談された。メインのプレゼントは、彼が前からほしがっていた建築関係の写真集。それに花を添えて、自分の印象度をグッと上げたいのだ、とステ子は言う。

「男性に花をプレゼントするってどうなんでしょう? 水を替えたりしなくちゃいけないからかえって迷惑でしょうか?」

「そんなことないんじゃない。それか、観葉植物なんてどうかしら?」

「あっ、それ、いいですね! 先月彼の家に遊びに行ったら、いろんな観葉植物の鉢があったし」

とはいえ私も、独身男性へのプレゼントなんて何がいいのかさっぱりわからない。そこで、結婚相談所の社長をしている、大学の同級生だった友美に相談してみることにした。

「ふう〜ん、観葉植物、か」

友美はワイングラスを軽くゆらしながら、しばらく考えてこう言った。

「男性には2通りいて、部屋にたくさんの観葉植物を置いているタイプと、まったく植物には興味がないタイプがいるのね。部屋に観葉植物を置いているタイプの男性なら贈っても大丈夫じゃない? と思うかもしれないけど、このタイプは特に要注意なのよ」

「えっ、どうして?」

「あのね、男性がベランダや部屋でわっさわっさ育てているのは、ただの植物ではなくて“俺の植物”なの」

「“俺の植物”!?」

「そう。プラモデルとか家電とか、お気に入りのコレクションを部屋にずらりと飾っているタイプは、一つひとつ選んだ理由とこだわりを持っている。だから“俺”が気に入ったもの、いいと思ったもの以外、決して置きたくないのね。気にいらない植物は彼にとって闖入者でありエイリアンなわけ」

「そうかあ……」

「逆に彼が、植物になんのこだわりも持たないタイプだったとしたら、植物の世話は負担なだけ。たいていカビはやすね。男性に観葉植物を『ちゃんと世話してね』と押しつけるのは、いきなり彼の部屋にあがりこんで『私のことちゃんと大事に扱ってね!』と言っているのと同じ脅迫行為よ」

「なるほどねえ。それじゃ、男性に贈って喜ばれる花ってなにかしら?」

「そうねえ。あれなんかどう?」

友美が指差したのは、レストランの花台にたっぷり活けられた真っ白なあじさいだった。

「私も今家に飾ってるけど、水がなくてもそのままきれいなドライフラワーになるから手間いらず。男性向けよ」

そう言って友美は、赤いソースのかかった鴨肉のローストを、きれいな動作で口に運んだ。

プレゼントの語源は「プレゼンス(存在)」だそうだ。相手に負担をかけず、かつ存在感はしっかり残す。花の贈り物は、まだまだ奥が深そうだ。

+++ もなみのちょい足しポイント +++

あじさいの花の花びらのように見えるのは、実は花びらではなく「がく」が変化したものです。よく、あじさいはドライフラワーにしますが、花びらがしおれて散ってしまわないのは、それが本当の花びらではなく、がくであるためです。
あじさいは、水を入れた花瓶に活けなくてもきれいなドライフラワーになるので、手間がかかりません。あじさいというと梅雨時の花というイメージがありますが、春から夏にかけては日本あじさい、秋から冬にかけては秋色あじさいが出回るので、ほぼ一年中手に入ります。
青いあじさいの花言葉は「移り気」で、恋愛対象に贈る場合はふさわしくないので、白(花言葉:広くて優しい心)やピンク(花言葉:元気な女性)のあじさいを、スタイリッシュに贈ってみてはいかがでしょうか。

この記事のライター

ファッションライター。 大手アパレルで16年間、ブランド管理や店頭指導などに携わる。 現在はフラワー装飾とファッション関連の仕事を兼務。 ブログ「ミランダかあちゃんのスタイルレシピ」は、 40代ファッション人気ランキ...

関連する投稿


忙しさを理由に女と別れる男はいない。男性の心を離すのは「エネルギー泥棒」

忙しさを理由に女と別れる男はいない。男性の心を離すのは「エネルギー泥棒」

LINEやメッセンジャーで伝わっているのは文面ではなく、根底にある女性の気持ちです。もしメッセージのやりとりで、忙しい彼や気になる男性と上手くいかないなと感じているなら、あなたは無意識に態度や言葉は重くない風を演じているけど、心の中がすごく重い女性=「エネルギー泥棒」になっているかもしれません。


頭で考えない、心で感じる恋愛のすすめ【植村絵里×竹中功 対談#3】

頭で考えない、心で感じる恋愛のすすめ【植村絵里×竹中功 対談#3】

「DRESS」コラムニストとしてもおなじみの植村絵里さん、元よしもとクリエイティブ・エージェンシー専務取締役で、『よしもとで学んだ「お笑い」を刑務所で話す』など著書も多い竹中功さんによる対談企画。#3では「頭で考えすぎず、心で楽しむ恋愛」をテーマにお話ししていただきました。


過激なベッドシーンに目を奪われるー大人の純愛映画『ナラタージュ』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#23

過激なベッドシーンに目を奪われるー大人の純愛映画『ナラタージュ』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#23

『世界の中心で、愛をさけぶ』の行定勲監督が、10年近く映画化企画を温め続けた『ナラタージュ』が、いよいよ今週末に公開となります。「この恋愛小説がすごい!」第1位に輝いた、島本理生の同名小説を原作に、松本潤・有村架純・坂口健太郎の切なく、苦しい三角関係が描かれる本作は、大人の女性にこそ楽しんで欲しいラブストーリーです。


引き留めないのは、プライドが邪魔をするから。別れを受け入れる男性の心理とは

引き留めないのは、プライドが邪魔をするから。別れを受け入れる男性の心理とは

意を決して別れ話を切り出したのに、何だか彼はあまりショックを受けていない様子……。そんなとき、「愛されてなかった」とショックを受ける女性は多いですが、男性だって大きな悲しみを感じています。引き留めないのは「男のプライド」があるから。別れを受け入れるしかない男性の心理についてお話します。


大人の女性は甘えない。男性から「甘やかしたい」と賢く言わせよう。

大人の女性は甘えない。男性から「甘やかしたい」と賢く言わせよう。

甘え方がわからないけれど、大好きな人に甘えたい! 話を聞いてほしい! ずっと一緒にいたい! けれど、ちっとも男性はその気持をわかろうとしてくれません。ここでは「そもそも甘えとは?」を学ぶことで、男女の恋愛観を考えます。大人らしく「賢く甘える」秘訣もご紹介します。


最新の投稿


手のエイジングを徹底ケア。マナラから手のうるおいを守り抜くハンドクリームが登場

手のエイジングを徹底ケア。マナラから手のうるおいを守り抜くハンドクリームが登場

水、油、フッ素のミルフィーユベールで、手のうるおいがずっと続く。マナラ ハンドケアベールが、11月15日(水)数量限定で発売します。


浮気する男性の5つの特徴~女性関係がミルフィーユな男性の正体

浮気する男性の5つの特徴~女性関係がミルフィーユな男性の正体

パートナーにするなら、自分だけを大切にしてくれる男性! というのはすべての女性の願い。ただ残念ながら世の中には、浮気を繰り返す男性がいます。今回は浮気する男性の特徴を調査しました!


痛くない、肌に栄養を与えるブラジリアンワックス脱毛でデリケートゾーンを美しく

痛くない、肌に栄養を与えるブラジリアンワックス脱毛でデリケートゾーンを美しく

ブラジリアンワックスは脱毛法のひとつとして、成熟した大人の女性にこそおすすめしたい施術です。とくにアンダーヘアをワックス脱毛するとメリットがいっぱい。世界的にワックス後進国だった日本で、2010年頃の黎明期からブラジリアンワックスブームを支えてきたワックスメーカー代表の著者が、ワックス脱毛についてお届けする連載です。


『フリンジマン』第3話あらすじ - 愛人関係成立まであと一歩!?

『フリンジマン』第3話あらすじ - 愛人関係成立まであと一歩!?

『フリンジマン』第3話のあらすじや感想(ネタバレあり)をお届けします。キャストは板尾創路、大東駿介、淵上泰史、森田甘路など。デート先のレストランで妻と背中合わせになった田斉。気になる3話の展開は――。


10年後のあなたの姿がわかる心理テスト

10年後のあなたの姿がわかる心理テスト

「未来はどうなるんだろう……?」と、未来の自分を空想したことはありませんか? 人には、それぞれ生き方がありますが、最終的には「”自分らしい幸せ”にたどり着きたい」という願いを持っているかと思います。あなたは10年後、どのような人生を送っているのでしょうか? 今回は、10年後の姿を心理テストで探っていきます。


おっぱい