男性に贈るならあじさいの花束を。モテる女は観葉植物を選ばない。

男性に贈るならあじさいの花束を。モテる女は観葉植物を選ばない。

男性に植物を贈りたい……そう思って「流行ってるし」と気軽に観葉植物を選んでいませんか? 実はそれ、男性にとっては負担かも。じゃあ何を贈ればいいの? 白かピンクの「あじさい」がおすすめな理由、ご紹介します。


職場の後輩ステ子がまた恋をした。ただいま絶賛片思い中の今回の相手は、向井理似の細マッチョな理系男子で、趣味はプラモデル作りらしい。もうすぐ彼の誕生日だそうで、プレゼントの内容について相談された。メインのプレゼントは、彼が前からほしがっていた建築関係の写真集。それに花を添えて、自分の印象度をグッと上げたいのだ、とステ子は言う。

「男性に花をプレゼントするってどうなんでしょう? 水を替えたりしなくちゃいけないからかえって迷惑でしょうか?」

「そんなことないんじゃない。それか、観葉植物なんてどうかしら?」

「あっ、それ、いいですね! 先月彼の家に遊びに行ったら、いろんな観葉植物の鉢があったし」

とはいえ私も、独身男性へのプレゼントなんて何がいいのかさっぱりわからない。そこで、結婚相談所の社長をしている、大学の同級生だった友美に相談してみることにした。

「ふう〜ん、観葉植物、か」

友美はワイングラスを軽くゆらしながら、しばらく考えてこう言った。

「男性には2通りいて、部屋にたくさんの観葉植物を置いているタイプと、まったく植物には興味がないタイプがいるのね。部屋に観葉植物を置いているタイプの男性なら贈っても大丈夫じゃない? と思うかもしれないけど、このタイプは特に要注意なのよ」

「えっ、どうして?」

「あのね、男性がベランダや部屋でわっさわっさ育てているのは、ただの植物ではなくて“俺の植物”なの」

「“俺の植物”!?」

「そう。プラモデルとか家電とか、お気に入りのコレクションを部屋にずらりと飾っているタイプは、一つひとつ選んだ理由とこだわりを持っている。だから“俺”が気に入ったもの、いいと思ったもの以外、決して置きたくないのね。気にいらない植物は彼にとって闖入者でありエイリアンなわけ」

「そうかあ……」

「逆に彼が、植物になんのこだわりも持たないタイプだったとしたら、植物の世話は負担なだけ。たいていカビはやすね。男性に観葉植物を『ちゃんと世話してね』と押しつけるのは、いきなり彼の部屋にあがりこんで『私のことちゃんと大事に扱ってね!』と言っているのと同じ脅迫行為よ」

「なるほどねえ。それじゃ、男性に贈って喜ばれる花ってなにかしら?」

「そうねえ。あれなんかどう?」

友美が指差したのは、レストランの花台にたっぷり活けられた真っ白なあじさいだった。

「私も今家に飾ってるけど、水がなくてもそのままきれいなドライフラワーになるから手間いらず。男性向けよ」

そう言って友美は、赤いソースのかかった鴨肉のローストを、きれいな動作で口に運んだ。

プレゼントの語源は「プレゼンス(存在)」だそうだ。相手に負担をかけず、かつ存在感はしっかり残す。花の贈り物は、まだまだ奥が深そうだ。

+++ もなみのちょい足しポイント +++

あじさいの花の花びらのように見えるのは、実は花びらではなく「がく」が変化したものです。よく、あじさいはドライフラワーにしますが、花びらがしおれて散ってしまわないのは、それが本当の花びらではなく、がくであるためです。
あじさいは、水を入れた花瓶に活けなくてもきれいなドライフラワーになるので、手間がかかりません。あじさいというと梅雨時の花というイメージがありますが、春から夏にかけては日本あじさい、秋から冬にかけては秋色あじさいが出回るので、ほぼ一年中手に入ります。
青いあじさいの花言葉は「移り気」で、恋愛対象に贈る場合はふさわしくないので、白(花言葉:広くて優しい心)やピンク(花言葉:元気な女性)のあじさいを、スタイリッシュに贈ってみてはいかがでしょうか。

この記事のライター

ファッションライター。 大手アパレルで16年間、ブランド管理や店頭指導などに携わる。 現在はフラワー装飾とファッション関連の仕事を兼務。 ブログ「ミランダかあちゃんのスタイルレシピ」は、 40代ファッション人気ランキ...

関連する投稿


自分に自信のない男性ほど女性を「キープ」したがる

自分に自信のない男性ほど女性を「キープ」したがる

女性をキープする、と聞くと女慣れした男性を思い浮かべる人も多いと思います。しかし、自分に自信が持てない男性も意外とやってしまうこの行為。ですが、彼らの場合は決して複数の恋愛を楽しむためではなく、自分の恋愛感情を貫けない弱さが原因。一途になりきれない理由について、お話します。


恋愛への力が抜けたとき、共通の趣味・音楽が出会いのきっかけに【疲れない出会い】

恋愛への力が抜けたとき、共通の趣味・音楽が出会いのきっかけに【疲れない出会い】

『DRESS』1月特集は「疲れない出会い」。恋愛への入口となる「出会い」で、背伸びしたり、無理したり、取り繕ったり。自分を追い込んでつらいと感じているなら、がんばりすぎないで。背伸びせず、自然に過ごすなかで出会って、恋愛を経て結婚したふたりの事例をお届けします。今回は趣味の音楽を通じて出会ったふたりをご紹介します。


自分の性体験を話してドン引きする男ならすぐに切りなさい

自分の性体験を話してドン引きする男ならすぐに切りなさい

社会学者の宮台真司さんとAV監督の二村ヒトシさんが、共著『どうすれば愛しあえるの』を出版。本書の発売を記念してイベントを開催。後編では、実りのある関係を結べる男性を選ぶ方法を詳しく語りました。


幸せなセックスは「与えあう」、不幸せなセックスは「要求する」

幸せなセックスは「与えあう」、不幸せなセックスは「要求する」

社会学者の宮台真司さんとAV監督の二村ヒトシさんが、共著『どうすれば愛しあえるの』を出版。本書の発売を記念して、現代人は性愛を通じて幸せになれるのか、語り尽くすイベントを取材しました。


口説かれる女にある4つの"すき"

口説かれる女にある4つの"すき"

草食な男性がスタンダード化している昨今。今回は、口説かない男性がそれでも口説きたくなる女性たちがもっている4つの“すき”について。


最新の投稿


彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用ドレスシューズの常識

彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用ドレスシューズの常識

ビジネスシーンに最もふさわしいドレスシューズ(革靴)。一般的には、「黒の内羽根式のストレートチップ」のドレスシューズが最もクラシカルでフォーマル度が高いといわれます。ドレスシューズの正しい知識を押さえて、ビジネスシーンにふさわしい革靴選び、ケアをパートナーとふたりでしてみてはいかがですか。


ネットショッピングで失敗したくないなら「手持ち服と合わせたコーデ」を3つ以上考える

ネットショッピングで失敗したくないなら「手持ち服と合わせたコーデ」を3つ以上考える

ZARAのオンラインショッピングをしてみました。自宅で試着でき、さらに、あらかじめ考えておいたコーデを自宅で実際に着られるという、買い物の新しいスタイル。手持ち服×新しいアイテムでコーディネートを3パターン以上考えられたら即決OK、と決めています。皆さんも新しい買い物の形を試してみては。


【DRESS占い】1/17-1/30 女神のための星占い by ホロスコ

【DRESS占い】1/17-1/30 女神のための星占い by ホロスコ

占い師・ホロスコ先生による「女神のための星占い」で1/17-1/30にかけての運勢を知ろう。


フルラ新作バッグ「MANTRA(マントラ)」で洗練された装いに

フルラ新作バッグ「MANTRA(マントラ)」で洗練された装いに

マントラは、長年受け継がれてきたクラフトマンシップと美を掛け合わせることで、優れた作品を生み出すフルラの本質を体現したコレクションです。クオリティの高いベジタブルタンニングレザーと自然なカラー、そしてタイムレスな美しさが、本コレクションの特長です。


元カノと復縁したいけど連絡できないとき、男性が取る行動

元カノと復縁したいけど連絡できないとき、男性が取る行動

別れた彼女とやり直したいけど、連絡する勇気がない。堂々とアプローチできない男性は、嫌われたくない不安が大きく、なかなか次の一歩が踏み出せません。でも、復縁を願う気持ちは必ずどこかに現れるもの。元カノと復縁したくても連絡できないとき、男性が取りがちな行動についてご紹介します。


おっぱい