男性に贈るならあじさいの花束を。モテる女は観葉植物を選ばない。

男性に贈るならあじさいの花束を。モテる女は観葉植物を選ばない。

男性に植物を贈りたい……そう思って「流行ってるし」と気軽に観葉植物を選んでいませんか? 実はそれ、男性にとっては負担かも。じゃあ何を贈ればいいの? 白かピンクの「あじさい」がおすすめな理由、ご紹介します。


職場の後輩ステ子がまた恋をした。ただいま絶賛片思い中の今回の相手は、向井理似の細マッチョな理系男子で、趣味はプラモデル作りらしい。もうすぐ彼の誕生日だそうで、プレゼントの内容について相談された。メインのプレゼントは、彼が前からほしがっていた建築関係の写真集。それに花を添えて、自分の印象度をグッと上げたいのだ、とステ子は言う。

「男性に花をプレゼントするってどうなんでしょう? 水を替えたりしなくちゃいけないからかえって迷惑でしょうか?」

「そんなことないんじゃない。それか、観葉植物なんてどうかしら?」

「あっ、それ、いいですね! 先月彼の家に遊びに行ったら、いろんな観葉植物の鉢があったし」

とはいえ私も、独身男性へのプレゼントなんて何がいいのかさっぱりわからない。そこで、結婚相談所の社長をしている、大学の同級生だった友美に相談してみることにした。

「ふう〜ん、観葉植物、か」

友美はワイングラスを軽くゆらしながら、しばらく考えてこう言った。

「男性には2通りいて、部屋にたくさんの観葉植物を置いているタイプと、まったく植物には興味がないタイプがいるのね。部屋に観葉植物を置いているタイプの男性なら贈っても大丈夫じゃない? と思うかもしれないけど、このタイプは特に要注意なのよ」

「えっ、どうして?」

「あのね、男性がベランダや部屋でわっさわっさ育てているのは、ただの植物ではなくて“俺の植物”なの」

「“俺の植物”!?」

「そう。プラモデルとか家電とか、お気に入りのコレクションを部屋にずらりと飾っているタイプは、一つひとつ選んだ理由とこだわりを持っている。だから“俺”が気に入ったもの、いいと思ったもの以外、決して置きたくないのね。気にいらない植物は彼にとって闖入者でありエイリアンなわけ」

「そうかあ……」

「逆に彼が、植物になんのこだわりも持たないタイプだったとしたら、植物の世話は負担なだけ。たいていカビはやすね。男性に観葉植物を『ちゃんと世話してね』と押しつけるのは、いきなり彼の部屋にあがりこんで『私のことちゃんと大事に扱ってね!』と言っているのと同じ脅迫行為よ」

「なるほどねえ。それじゃ、男性に贈って喜ばれる花ってなにかしら?」

「そうねえ。あれなんかどう?」

友美が指差したのは、レストランの花台にたっぷり活けられた真っ白なあじさいだった。

「私も今家に飾ってるけど、水がなくてもそのままきれいなドライフラワーになるから手間いらず。男性向けよ」

そう言って友美は、赤いソースのかかった鴨肉のローストを、きれいな動作で口に運んだ。

プレゼントの語源は「プレゼンス(存在)」だそうだ。相手に負担をかけず、かつ存在感はしっかり残す。花の贈り物は、まだまだ奥が深そうだ。

+++ もなみのちょい足しポイント +++

あじさいの花の花びらのように見えるのは、実は花びらではなく「がく」が変化したものです。よく、あじさいはドライフラワーにしますが、花びらがしおれて散ってしまわないのは、それが本当の花びらではなく、がくであるためです。
あじさいは、水を入れた花瓶に活けなくてもきれいなドライフラワーになるので、手間がかかりません。あじさいというと梅雨時の花というイメージがありますが、春から夏にかけては日本あじさい、秋から冬にかけては秋色あじさいが出回るので、ほぼ一年中手に入ります。
青いあじさいの花言葉は「移り気」で、恋愛対象に贈る場合はふさわしくないので、白(花言葉:広くて優しい心)やピンク(花言葉:元気な女性)のあじさいを、スタイリッシュに贈ってみてはいかがでしょうか。

この記事のライター

ファッションライター。 大手アパレルで16年間、ブランド管理や店頭指導などに携わる。 現在はフラワー装飾とファッション関連の仕事を兼務。 ブログ「ミランダかあちゃんのスタイルレシピ」は、 40代ファッション人気ランキ...

関連する投稿


恋愛を冷めさせてしまうLINEとは

恋愛を冷めさせてしまうLINEとは

年代問わず、LINE(ライン)は恋愛の主たるコミュニケーションツールになっています。しかし、文字やスタンプ、写真で伝えることは意外と難しいものです。会えないからこそLINEで育みたい恋。けれどその恋をいつの間にか冷めさせてしまうことも。そんな、恋愛を冷めさせてしまうLINEとは一体どんなものなのでしょうか。


フォトジェニックな写真をあなたに。プロのカメラマンが同行して撮影する「Lovegraph」が新プランを発表

フォトジェニックな写真をあなたに。プロのカメラマンが同行して撮影する「Lovegraph」が新プランを発表

プロのカメラマンが同行し、恋人や友達、家族写真などを撮影してくれるサービス「Lovegraph(ラブグラフ)」をご存知でしょうか? 今回ラブグラフが「より多くの方に気軽に体験してもらう」ことを目的とした新プランを発表。 夏の思い出作りにいかがですか?


大國魂神社(府中) - 恋愛運・人脈運にご利益があるパワースポット

大國魂神社(府中) - 恋愛運・人脈運にご利益があるパワースポット

大國魂(おおくにたま)神社は、武蔵国(現在の東京都大部分と神奈川県一部、埼玉県全域)の総社です。総社とは、地域内(ここでは武蔵国)の神社にいる神さまを一カ所に集めた神社のこと。そんな武蔵国の総社である大國魂神社は、恋愛運や人脈運でご利益を得るには東京でも屈指のパワースポットです。


恋愛リベンジを避ける方法〜愛する人との上手な別れかた【経沢香保子】

恋愛リベンジを避ける方法〜愛する人との上手な別れかた【経沢香保子】

最近、ネットでのリベンジがすごい。まさに、そこは修羅場と化し、誰も幸せにならない。どうにか止まらなければ、どちらかが社会的に抹殺されるまでのデスゲームだ。一度はともに生きることをきめ、安全地帯となったお互いが心も体も別れるのは身を切る以上に辛いものだ。でも、だからこそ、人間としての魅力や強さが試される時期でもある。


恋愛におけるLINEのやりとり、年上彼氏・年下彼氏・同級生彼氏の違い

恋愛におけるLINEのやりとり、年上彼氏・年下彼氏・同級生彼氏の違い

会えないときにふたりの気持ちをつなぎ、高めるLINE。現代の恋愛に欠かせないコミュニケーションツールとなったLINEは、相手の顔が見えない非対面コミュニケーションがゆえに、対面コミュニケーション以上に相手への気遣いが必要です。恋愛におけるLINEでは、彼がほしい言葉を察して送り、恋心を盛り上げていくことが大切。


最新の投稿


「本当の幸せ」は自分ひとりで得られるものじゃない【佐藤あつこ】

「本当の幸せ」は自分ひとりで得られるものじゃない【佐藤あつこ】

人間は何が幸せかを知っているのといないのとでは、人生の過ごし方が変わってくるはず……哲学的・学問的に「幸せ」の定義を明確にした4人の哲学者を取り上げ、読者の皆さんと一緒に幸せについて、ちょっとだけ真剣に考えるコラム、後編です。


玄米、みそ汁、野菜たっぷりのおかず……一汁三菜を贅沢に味わえる「至福のごはん」

玄米、みそ汁、野菜たっぷりのおかず……一汁三菜を贅沢に味わえる「至福のごはん」

有楽町の「24/7cafe apartment」では、黒米をブレンドしたもちもちふっくらの玄米・あたたかなみそ汁、野菜たっぷりのおかずの数々に、京都の名店・藤井茶園から取り寄せた上質なほうじ茶を添えた「至福のごはん」の提供を開始。ごはん、お味噌汁、ほうじ茶はおかわり自由です。


不倫話を聞きすぎて、結婚しても不倫されるのではと不安【大人のお悩み相談室 #7】by サツキメイ

不倫話を聞きすぎて、結婚しても不倫されるのではと不安【大人のお悩み相談室 #7】by サツキメイ

DRESS公式占い「愛を引き寄せる星占い」でもおなじみ、占い師・サツキメイさんによる連載「大人のお悩み相談室」。生き方や働き方、恋愛、結婚etc.迷える女性たちの相談にのっていただきます。お悩みを丁寧に受け止め、寄り添いながら回答してくれる、DRESS世代の占い師・サツキメイさんへのご相談、お待ちしています。


信頼される人に共通する特徴は「口が堅い」こと

信頼される人に共通する特徴は「口が堅い」こと

信頼される人の特徴は? そう聞かれて思いつくのは、口の堅さではないでしょうか。その人と接していると、安心感と信頼感を感じ取れるはず。今回は信頼される人の共通点であり、条件ともいえる口の堅さをテーマにコラムをお届け。口が堅い人がどうしてそういられるのか、その理由を考えてみましょう。


世界遺産の村 チンクエ・テッレ、5つの村へ【後編】〜ミラノ通信#15

世界遺産の村 チンクエ・テッレ、5つの村へ【後編】〜ミラノ通信#15

イタリア北西部にある5つの村、チンクエ・テッレをご存知でしょうか。ユネスコの世界遺産にも登録され、その美しい景観から世界中から観光客がやってくるスポットになっています。ミラノ在住の河見恵子さんによる日帰り旅行レポート、今回は後編をお送りします。