男性に贈るならあじさいの花束を。モテる女は観葉植物を選ばない。

男性に贈るならあじさいの花束を。モテる女は観葉植物を選ばない。

男性に植物を贈りたい……そう思って「流行ってるし」と気軽に観葉植物を選んでいませんか? 実はそれ、男性にとっては負担かも。じゃあ何を贈ればいいの? 白かピンクの「あじさい」がおすすめな理由、ご紹介します。


職場の後輩ステ子がまた恋をした。ただいま絶賛片思い中の今回の相手は、向井理似の細マッチョな理系男子で、趣味はプラモデル作りらしい。もうすぐ彼の誕生日だそうで、プレゼントの内容について相談された。メインのプレゼントは、彼が前からほしがっていた建築関係の写真集。それに花を添えて、自分の印象度をグッと上げたいのだ、とステ子は言う。

「男性に花をプレゼントするってどうなんでしょう? 水を替えたりしなくちゃいけないからかえって迷惑でしょうか?」

「そんなことないんじゃない。それか、観葉植物なんてどうかしら?」

「あっ、それ、いいですね! 先月彼の家に遊びに行ったら、いろんな観葉植物の鉢があったし」

とはいえ私も、独身男性へのプレゼントなんて何がいいのかさっぱりわからない。そこで、結婚相談所の社長をしている、大学の同級生だった友美に相談してみることにした。

「ふう〜ん、観葉植物、か」

友美はワイングラスを軽くゆらしながら、しばらく考えてこう言った。

「男性には2通りいて、部屋にたくさんの観葉植物を置いているタイプと、まったく植物には興味がないタイプがいるのね。部屋に観葉植物を置いているタイプの男性なら贈っても大丈夫じゃない? と思うかもしれないけど、このタイプは特に要注意なのよ」

「えっ、どうして?」

「あのね、男性がベランダや部屋でわっさわっさ育てているのは、ただの植物ではなくて“俺の植物”なの」

「“俺の植物”!?」

「そう。プラモデルとか家電とか、お気に入りのコレクションを部屋にずらりと飾っているタイプは、一つひとつ選んだ理由とこだわりを持っている。だから“俺”が気に入ったもの、いいと思ったもの以外、決して置きたくないのね。気にいらない植物は彼にとって闖入者でありエイリアンなわけ」

「そうかあ……」

「逆に彼が、植物になんのこだわりも持たないタイプだったとしたら、植物の世話は負担なだけ。たいていカビはやすね。男性に観葉植物を『ちゃんと世話してね』と押しつけるのは、いきなり彼の部屋にあがりこんで『私のことちゃんと大事に扱ってね!』と言っているのと同じ脅迫行為よ」

「なるほどねえ。それじゃ、男性に贈って喜ばれる花ってなにかしら?」

「そうねえ。あれなんかどう?」

友美が指差したのは、レストランの花台にたっぷり活けられた真っ白なあじさいだった。

「私も今家に飾ってるけど、水がなくてもそのままきれいなドライフラワーになるから手間いらず。男性向けよ」

そう言って友美は、赤いソースのかかった鴨肉のローストを、きれいな動作で口に運んだ。

プレゼントの語源は「プレゼンス(存在)」だそうだ。相手に負担をかけず、かつ存在感はしっかり残す。花の贈り物は、まだまだ奥が深そうだ。

+++ もなみのちょい足しポイント +++

あじさいの花の花びらのように見えるのは、実は花びらではなく「がく」が変化したものです。よく、あじさいはドライフラワーにしますが、花びらがしおれて散ってしまわないのは、それが本当の花びらではなく、がくであるためです。
あじさいは、水を入れた花瓶に活けなくてもきれいなドライフラワーになるので、手間がかかりません。あじさいというと梅雨時の花というイメージがありますが、春から夏にかけては日本あじさい、秋から冬にかけては秋色あじさいが出回るので、ほぼ一年中手に入ります。
青いあじさいの花言葉は「移り気」で、恋愛対象に贈る場合はふさわしくないので、白(花言葉:広くて優しい心)やピンク(花言葉:元気な女性)のあじさいを、スタイリッシュに贈ってみてはいかがでしょうか。

この記事のライター

ファッションライター。 大手アパレルで16年間、ブランド管理や店頭指導などに携わる。 現在はフラワー装飾とファッション関連の仕事を兼務。 ブログ「ミランダかあちゃんのスタイルレシピ」は、 40代ファッション人気ランキ...

関連する投稿


結婚を意識しない年下彼氏と過ごす日々

結婚を意識しない年下彼氏と過ごす日々

今年40歳の私と9歳年下彼氏は結婚しない選択をした交際2年目のカップル。結婚を意識しないで一緒にいるふたりの日常、思うことは――。


喧嘩別れを止めるには、「自分を守る」ことをやめてみる

喧嘩別れを止めるには、「自分を守る」ことをやめてみる

好きな人なのに喧嘩別れになってしまう。その原因のひとつに、「自分を守る」ことで相手の本心を見抜けないというのがあります。怒りの下にある本当の気持ちは、どちらかが冷静にならないとわからないものです。喧嘩別れを止めるには、まず「彼のことが好き」という自分の気持ちを信じることが重要です。


死んだと思わせて婚約者の元を去った卑怯男 - そのとき彼女がとった行動

死んだと思わせて婚約者の元を去った卑怯男 - そのとき彼女がとった行動

ハッピーな国際恋愛をしていた女性にある日届いた、婚約者を襲った悲劇のニュース。そのとき彼女の取った勇気ある行動とその結末にとても感銘を受けました。


喧嘩別れを繰り返す男性の心理。自信を持たせてあげることで痛みを回避できる

喧嘩別れを繰り返す男性の心理。自信を持たせてあげることで痛みを回避できる

喧嘩別れを繰り返してしまう男性には、「自分に自信がない」という特徴があります。つい相手を攻撃してしまい、取り返しのつかない状態に進んでしまってからやっと後悔するのですが、やはりまた同じことをしてしまう。そんな男性には、「違う部分があってもいいんだよ」という自信を持たせることが大切です。


「のび太系男子を好きになったとき」の神対応は? - 『ドラがたり』稲田豊史さんに聞く(後編)

「のび太系男子を好きになったとき」の神対応は? - 『ドラがたり』稲田豊史さんに聞く(後編)

『ドラがたり のび太系男子と藤子・F・不二雄の時代』(PLANETS)には「のび太系男子」と名付けられたアラフォー男性の興味深い生態が書かれています。彼らの生態について聞いた前編に続き、彼らを攻略&落とす方法を著者の稲田豊史(いなだ とよし)さんに伺いました。


最新の投稿


ダイエットの味方に? 太りにくい「ワインの飲み方」

ダイエットの味方に? 太りにくい「ワインの飲み方」

ワインを飲んでも太らないパリジェンヌのようになりたい! そう憧れている人も多いはず。美食家の女性の中には毎日のように外食していてお酒も飲んで、運動なんてしていなさそうなのに痩せている人もいますよね。運動も大切ですが、太らないように食事をするコツを彼女たちから学んでみます。


『3月のライオン』は人間ドラマの傑作だから今すぐ観て - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#8

『3月のライオン』は人間ドラマの傑作だから今すぐ観て - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#8

史上5人目となる中学生プロデビューを果たし、最年少プロ棋士となった藤井聡太四段が、羽生善治王位に勝利したニュースが将棋界で話題に。将棋をテーマにした映画『3月のライオン』は、将棋好きはもちろん「ルールすらよくわからない……」という人にも自信を持っておすすめしたい、人間ドラマの傑作です。


【BOTANIST】夏のヘアケアを天然ミントの冷涼感で

【BOTANIST】夏のヘアケアを天然ミントの冷涼感で

昨年好評につき約1カ月で完売した夏の限定シャンプー「ボタニカル リフレッシュシャンプー17(モイスト/スムース)」が、使用感はそのままに、夏のヘアケアに注目したボタニカル成分を配合して今年も登場。


VEGESUSHI - 野菜を使ったケーキのようなお寿司

VEGESUSHI - 野菜を使ったケーキのようなお寿司

パリやベルリンで注目を集める野菜のお寿司「VEGESUSHI」が日本に。寿司アート集団hoxai kitchen(ホクサイ キッチン)による 初のレシピ本が発売!


ビールを飲むならコレがおすすめ! 簡単おつまみレシピ3品

ビールを飲むならコレがおすすめ! 簡単おつまみレシピ3品

暖かくなってきて、ますますビールが美味しくなる季節ですね。今回は、ビールがより美味しくなるおすすめのおつまみレシピを3品ご紹介します。おうちでのひとり晩酌はもちろん、家族や友人との団欒のひとときに作りたいレシピです。