人は過去の積み重ねでつくられる。理想の自分を手に入れる4つの習慣

人は過去の積み重ねでつくられる。理想の自分を手に入れる4つの習慣

いまの自分をつくっているのは、まぎれもなく過去の習慣。だから、なりたい自分をつくるには、いまの習慣を変えることから。


「あの人は特別だから」「あの人には才能があるから」。メディアに取り上げられる華やかな有名人、著名人を見て、そう思ったことはありませんか? でも、そうやってただ羨むだけで、「どうせ私は」と諦めて、何もしないのはもったいない。進歩も進化もありません。

そもそも、いま輝いて見えるあの人だって、昔はそうではなかったはず。生まれたときから努力もせず、キラキラしている人なんていません。1日1日を積み重ねて生きているのは、この世に暮らす皆、同じです。1日24時間×365日の時間だって、どんな人にも平等に与えられたもの。

そんな状況のもと、夢を叶えられる人、自分が満足できる人生を送る人になれるかどうかは、日々どんな習慣を持って生きるか、に関わってきます。今回取り上げる『自分と毎日が輝き出す50の習慣』を上梓した美LIFEクリエイター 長谷川朋美さんも、習慣を大事にしてきたからこそ、いま輝きを放っている人のひとり。

1年半で出版した本5冊がいずれも話題の書となった長谷川さん。それまでの8年間ほぼ毎日ブログを書き続けてきた“基盤”があるため、1年半で5冊の本を執筆するのは、無理なく自分のペースでできていることなのだとか。

プロローグで長谷川さんは「一見、大きなものに見える何かは、全て小さなことの寄せ集め」、「『今できる小さなこと』を毎日少しずつでも、コツコツ積み重ねていけたなら、ある日ふと後ろを振り返った時、そこに道ができています」と語ります。

それらは言い換えるならば「習慣」。いまの自分は過去の自分の習慣でつくられています。だからこそ、未来の自分を「なりたい自分」にするには、いまの習慣を変えることが欠かせません。本書ではそのヒントとなる習慣が「朝の習慣」「昼の習慣」「夜の習慣」「1日の間に必ずしている習慣」の4章に分かれて解説されています。

それぞれの章から、DRESS世代の女性たちが今日からでも真似したい習慣を1つずつ、選りすぐってご紹介します。

■「スペシャルな1日」が始まる空間を毎日整える

「自分が心地いいと感じる空間にいると、ポジティブ思考になれたり、新しいアイディアが湧いてきたり、リラックスできたりします」と長谷川さん。朝に生まれた感情や感覚はそれからの1日を左右するため、朝起きてすぐ空気の入れ替えや掃除を行っているのだそう。家を磨きながら、自分自身までもが磨かれる感覚があり、体を動かすことでエクササイズにもなる、というふうに一石何鳥もありそうです。

■ランチタイムに1日の途中経過を振り返る

「振り返り」と聞くと「1日の終わりにするもの」とイメージする人が多いのでは。でも、それでは遅い、と長谷川さんは指摘します。朝に1日のテーマや目標を立てたら、昼休みのうちに途中経過を振り返り、残り半日をどう過ごすか、作戦を立てるのが賢い戦略。そもそもテーマや目標を定める目的は、達成することではなく、達成に向けて意識や努力をすること。だからこそ、途中で見直して、達成度合いを確認したり、軌道修正したり、といったこまやかな調整が大切なのです。

■寝る前の環境は自分が死ぬ時の環境と思う

誰もがあたりまえにやってくると思っている明日。でも「あたりまえの朝が来ないこともある」と、10年を共にしたパートナーを亡くした経験を持つ長谷川さんは、重みのある言葉を綴ります。「1日1日をリセットする感覚」を持って、その日の出来事を振り返り、何が嬉しかったか、誰に感謝したいかなど、眠りにつく前に5分でも考えることを勧めています。さらに、寝る前に部屋は整理整頓されているかをはじめ、「死ぬ前の視点」で周りを見回すと、これまで見えなかったものがクリアになっていく、とも解説しています。

■迷った時は「なりたい自分」に選択させる

人生は選択と決断の連続。ひとりの人間の中にはいろいろな自分がいます。平野啓一郎さんが提唱する「分人主義」を思い浮かべた人もいるはずです。そのときどきの状態や状況によって、意図しない自分が出てきて、それに振り回されることもあるでしょう。そんなときに「なりたい自分」に選択させる(なりたい自分の視点に立って考える)ことを繰り返すうちに、長谷川さんは「いつしか無意識の内に、なりたい自分になれている時がやってきます」と力強い言葉で語っています。

現実と理想の自分との差に生じたギャップを埋めて、理想の自分を手に入れたい――そう考える人に習慣を変えて、未来を変えるためのアドバイスを授けてくれる一冊です。

この記事のライター

DRESS編集長。楽天、リアルワールドを経てフリー編集者/ライターに。関心のあるテーマは人間の生き方や働き方、性、日本の家族制度など。趣味のひとつはプロレス観戦。DRESSプロレス部 部長補佐を務める。著書に『はたらく人の結...

関連する投稿


VEGESUSHI - 野菜を使ったケーキのようなお寿司

VEGESUSHI - 野菜を使ったケーキのようなお寿司

パリやベルリンで注目を集める野菜のお寿司「VEGESUSHI」が日本に。寿司アート集団hoxai kitchen(ホクサイ キッチン)による 初のレシピ本が発売!


活躍している人が「デンタルケア」を欠かさない理由

活躍している人が「デンタルケア」を欠かさない理由

デンタルケアの重要性、意識していますか。世界で活躍する人ほど、「歯」を徹底的に磨いている!? デンタルケアが気になっている人、グローバルで活躍したい人に向けて、『国際人になりたければ英語力より歯を"磨け" 世界で活躍する人の「デンタルケア」』をご紹介します。


逃げ恥系?家事好きな大学職員の本棚【本棚百景#4】

逃げ恥系?家事好きな大学職員の本棚【本棚百景#4】

本棚の中身は、持ち主の脳内や心の中を映し出していることがあります。他人の本棚や読書スタイルというものは、意外に知らないものですが、読む本の変遷は時にその人の生き方さえも表しています。連載【本棚百景】4回目は、東京都在住リョウカさん(仮名)の本棚をご紹介します。


ネット世界の脆さと温かさが同居する1冊【積読を崩す夜 #3】

ネット世界の脆さと温かさが同居する1冊【積読を崩す夜 #3】

連載【積読を崩す夜】3回目は、2017年本屋大賞ノミネート作『桜風堂ものがたり』(著:村山早紀)をご紹介します。月原は百貨店内の銀河堂書店に勤める物静かで人付き合いが苦手な青年。隠れた名作を見出す才能を持っていたが、ある事件から書店を追われることに。傷心の月原は桜風堂という書店を訪れたが、そこには奇跡の出会いが……。


ピアノ講師の本棚は音楽とつながる箱【本棚百景#3】

ピアノ講師の本棚は音楽とつながる箱【本棚百景#3】

本棚の中身は、持ち主の脳内や心の中を映し出していることがあります。他人の本棚や読書スタイルというものは、意外に知らないものですが、読む本の変遷は時にその人の生き方さえもあらわしています。連載【本棚百景】3回目は、神奈川在住チナミさん(仮名)の本棚をご紹介します。


最新の投稿


ダイエットの味方に? 太りにくい「ワインの飲み方」

ダイエットの味方に? 太りにくい「ワインの飲み方」

ワインを飲んでも太らないパリジェンヌのようになりたい! そう憧れている人も多いはず。美食家の女性の中には毎日のように外食していてお酒も飲んで、運動なんてしていなさそうなのに痩せている人もいますよね。運動も大切ですが、太らないように食事をするコツを彼女たちから学んでみます。


『3月のライオン』は人間ドラマの傑作だから今すぐ観て - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#8

『3月のライオン』は人間ドラマの傑作だから今すぐ観て - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#8

史上5人目となる中学生プロデビューを果たし、最年少プロ棋士となった藤井聡太四段が、羽生善治王位に勝利したニュースが将棋界で話題に。将棋をテーマにした映画『3月のライオン』は、将棋好きはもちろん「ルールすらよくわからない……」という人にも自信を持っておすすめしたい、人間ドラマの傑作です。


【BOTANIST】夏のヘアケアを天然ミントの冷涼感で

【BOTANIST】夏のヘアケアを天然ミントの冷涼感で

昨年好評につき約1カ月で完売した夏の限定シャンプー「ボタニカル リフレッシュシャンプー17(モイスト/スムース)」が、使用感はそのままに、夏のヘアケアに注目したボタニカル成分を配合して今年も登場。


VEGESUSHI - 野菜を使ったケーキのようなお寿司

VEGESUSHI - 野菜を使ったケーキのようなお寿司

パリやベルリンで注目を集める野菜のお寿司「VEGESUSHI」が日本に。寿司アート集団hoxai kitchen(ホクサイ キッチン)による 初のレシピ本が発売!


ビールを飲むならコレがおすすめ! 簡単おつまみレシピ3品

ビールを飲むならコレがおすすめ! 簡単おつまみレシピ3品

暖かくなってきて、ますますビールが美味しくなる季節ですね。今回は、ビールがより美味しくなるおすすめのおつまみレシピを3品ご紹介します。おうちでのひとり晩酌はもちろん、家族や友人との団欒のひとときに作りたいレシピです。