カッコいい女をつくる、西任暁子さんの10の習慣 #4

カッコいい女をつくる、西任暁子さんの10の習慣 #4

西任暁子さんのインタビュー。カッコいいと言われる女性たちには、内側にある揺るぎない芯を感じます。見た目だけではごまかせない凜とした佇まいをつくっているのは、日頃の習慣の積み重ね。4月に『本音に気づく会話術』を刊行した、歌手でパブリック・スピーキングコンサルタントの彼女に普段心がけている10の習慣を聞きました。


西任暁子さんのプロフィール

西任暁子(にしとあきこ)さん
U.B.U.株式会社 代表取締役  
大阪生まれ、福岡育ち。アメリカへ高校留学した後、慶應義塾大学総合政策学部に入学。
在学中からFMラジオのDJとして第一線で活躍。国内外の著名人5000人から本音を引き出すインタビューを経験するなかで、話し手・聞き手両方の立場から「わかりやすく伝える方法」について探求を重ねてきた。
独立後は「話し方の学校」を開校し、2年半に渡って学長として指導。現在は、スピーチやファシリテーション、コミュニケーションを軸に企業のリーダー育成に従事するほか、クリエイティブ・リーダーシップ養成講座を開講。人間の創造性を最大限に引き出すメソッドが各方面から高い評価を得ている。
MCを務めるポッドキャストプログラム「マンツーマン英会話Gaba Gstyle English シチュエーション別英会話」は、毎月700万ダウンロードを超え、「iTunes Rewindオールタイム ベストビデオ Podcast」を3年連続受賞。
また、歌手としても活動し、「言葉」と「声」の表現力を磨き続けている。
著書に『「ひらがな」で話す技術』(サンマーク出版)、『話すより10倍ラク!聞く会話術』(ディスカヴァー)、『本音に気づく会話術』(ポプラ社)
U.B.U.株式会社 ホームページ http://u-b-u.jp

1.食わず嫌いせずやってみる

とにかく何でもやってみる。興味のないこともやってみなければわからないし、1回やってみた上で、合っているかどうかに気づけるとチャンスを大切にできると思います。私自身好奇心旺盛で、世の中の素晴らしいものを一つでも多く知りたいと思うタイプ。変化を受け入れやすい、素直さを持っておくことは、カッコいい女性であり続けるためには欠かせない要素だと思います。

2.常にメンターを持つ

人間は自分の姿を見ることができないので、 自分を客観的に見てアドバイスしてくれる存在は大切。成長には欠かせません。私はライフステージに合わせて、人として尊敬できる複数のメンターを頼りにしています。師匠のような存在の方もいるし、年下の人もいますね。年齢じゃないと思います。

3.生活に決め事をしない

「朝起きたら必ずコーヒー」など、日々のルーティンを決めずに、その瞬間自分が何を欲しているかという心の声を大切にしています。人生は選択の連続。人の意見に流されず、自分の本音に基づいて、 自らの意志で選択していけたらいい。自分の人生にオーナーシップを取るということですね。

4.自分の「解像度」を上げる


観察はカメラのレンズに例えられます。解像度が高い人は、一つの事実を深く細かく見ることができる。そのためには、新しいことに触れ、学び続けること。そして言葉を大切にすることも大切。たとえば、単に「おいしい」と言うだけでなく、何がどうおいしいのかなど、感じたことを言葉で表現するようにしています。絵を描くときにたくさん絵具があるといいように、言葉をたくさん持っていると、心と言葉が近づきます。

5.二元論で話さない

「良いか悪いか」の二元論の世界で生きると、視野が狭くなりがち。良いか悪いかは、そのときの価値観の反映でしかありません。好きだった元恋人を嫌いになるときのように、簡単に変わるもの。だから人や物事を決めつけないようにしています。受容力のある世界観が大きな人でありたいですね。

6.コミュニティを持つ

何かあったときに支え合えるコミュニティを持つこと。かつて存在した「地域」というコミュニティはもはや機能していないし、「家族」でさえ、少子化などにより機能しづらくなっています。万一のときに助け合える関係、それはある日突然、自然にできるものではありません。普段から信頼関係を築いていくことが大切です。

7.好きなものを身の周りに置く

好きなものや美しいものに触れると心がワクワクします。これは物からエネルギーをもらうということ。生きる活力になります。数は少なくてもいいし、高価でなくていいので、すきなものを周りに置く。私はアンティーク食器が好きで、少しずつ集めています。

8.瞑想の時間を設ける

瞑想をするのは自分の内側を観察するため。普段外にばかり向いている意識を、自分の中に向けてみるんです。これは自分のパフォーマンスを引き出すためにも、とても効果的。1日5分から長いときは2時間、そのときどきに合った瞑想を生活に取り入れています。

9.行動に社会変革の意識を持つ


自分一人の行動で社会は変わらない? そんなことはないんです。エコバッグを使うことも、ゴミを減らすという立派な社会変革の一つ。ダイエットで口にしなかった食事は、誰か他の人に渡る食事となるでしょう。日常の行動を、社会変化につなげる意識を持つ。それだけで行動のあり方が変わるし、世界の見え方も変わります。

10.真理を探究する


論語の「朝に道を聞かば、夕べに死すとも可なり¬」(意味・朝に人間の真理を悟ることができれば、夕方に死んでも後悔はない)に共感しています。真理を知りたいという強い欲求があります。それは、私を動かすモチベーションであり、自分のエンジンにもなっています。

text/Photo=東香名子

伝え方のプロである西任さんの新刊『本音に気づく会話術(http://goo.gl/C84IYg )』(ポプラ社)が好評発売中。信頼と深いつながりを生み出す「本音」に基づくコミュニケーション術が紹介されています。
特に30~40代の次世代のビジネスリーダー層に読んでほしいと西任さん。「人間はほとんどの時間、働いています。会社でのコミュニケーションが変わる=人生の大半が変わる、ということ」と語ります。
コミュニケーションは普遍的なものなので、ビジネスだけでなく、子育てや恋愛に悩む人にもおすすめです。

西任暁子トーク&サイン会開催!

e-hon×ポプラ社 『本音に気づく会話術』刊行記念
2016/04/21(木)19:00~(開場:18:30)詳しくはこちら>>
http://www.yaesu-book.co.jp/events/talk/9166/

この記事のライター

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

関連する投稿


クリエイティブは「自分が好きなことをできる場所」から始まる【ジルデコchihiRo×中山シェフ対談】

クリエイティブは「自分が好きなことをできる場所」から始まる【ジルデコchihiRo×中山シェフ対談】

ジャズバンド「JiLL-Decoy association」のボーカルを務めるchihiRoさんがホスト役となり、同じく「ものづくり」に携わる方を招き、ものづくり、クリエイティブをテーマに語らう本対談企画。第2回では、フランス・パリの名店「Restaurant TOYO」のオーナーシェフ、中山豊光さんをお招きしました。


ものづくりには「正解」があると思う【ジルデコchihiRo×JUCO.対談#2】

ものづくりには「正解」があると思う【ジルデコchihiRo×JUCO.対談#2】

ジャズバンド「JiLL-Decoy association」のボーカルを務めるchihiRoさんがホスト役となり、同じく「ものづくり」に携わる方を招き、ものづくり、クリエイティブをテーマにあれこれ語らう対談企画初回では、シューズブランド「JUCO.」のデザイナー、ジュコさんをお招き。前編に続き、後編をお届けします。


女医のわたしが起業するまで・起業してからのリアル

女医のわたしが起業するまで・起業してからのリアル

内科医として働きながら、セミナーやコンサル、執筆など、個人でいくつもの事業を展開する岡本彩さん。なぜ医師という高収入な職業に就きながらも、収入を得るルートをいくつも構築しているのでしょうか。起業するまでに直面した大変な現実、起業後のリアルについて綴っていただきました。


会社を辞めたからこそ見えた景色――「やりたいこと」をするには今自分にあるもので戦うしかない

会社を辞めたからこそ見えた景色――「やりたいこと」をするには今自分にあるもので戦うしかない

新しいキャリアに向けて何をしたらいいかわからない……。そんな悩みを持つ女性は少なくないはず。24歳で女性向けメディア『4MEEE』の立ち上げに参画、フリーランスの経験を経て、現在は同社COOの坂梨亜里咲さん。先のことがわからない時でも「行動力」で道を切り開いてきた彼女に、自分のやりたいことを実現する秘訣を伺いました。


7万円のブーツは高いかもしれない。でも、金額を下げなかった理由【ジルデコchihiRo×JUCO.対談#1】

7万円のブーツは高いかもしれない。でも、金額を下げなかった理由【ジルデコchihiRo×JUCO.対談#1】

ジャズバンド「JiLL-Decoy association」のボーカルを務めるchihiRoさんがホスト役となり、同じく「ものづくり」に携わる方を招き、ものづくり、クリエイティブをテーマにあれこれ語らう対談企画#1では、シューズブランド「JUCO.」のデザイナー、ジュコさんをお招きしました。


最新の投稿


川崎貴子さん×夫 マサヒロさん対談・前編「もし妻が乳がんになったら。夫が備えておくべきこと」

川崎貴子さん×夫 マサヒロさん対談・前編「もし妻が乳がんになったら。夫が備えておくべきこと」

川崎貴子さん(プロフィールは文章末尾に掲載)と夫・マサヒロさんの対談。今年1月、貴子さんは乳がんの宣告を受け、手術・治療中であることを告白した。妻が乳がんをわずらうと、思い詰めてしまう夫もいる。川崎夫妻はどのようにして乗り越えてきたのだろうか。


私が愛するヴィンテージ腕時計が与えてくれた心の余白

私が愛するヴィンテージ腕時計が与えてくれた心の余白

ヴィンテージ腕時計についての、ロマンを感じる物語をお届けします――。新しい生き方、働き方「パラレルライフワーク」を実践する中里 彩(なかざと あや)さんによる、生き方・働き方をテーマにした連載。第3回目の今回は中里さんが身につけている、思い入れのあるヴィンテージ時計について綴っていただきました。


秋肌に透明感を! 大人のくすみ対策プログラム【美活手帖#7】

秋肌に透明感を! 大人のくすみ対策プログラム【美活手帖#7】

夏が残していった紫外線ダメージ。秋が連れてくる無慈悲な乾燥。そして、カサカサどんより冴えない肌。さあ、悩めるくすみ肌をいたわり、透明感を取り戻すお手入れに注力する時がやってきました。ご用意したのは6つのメニュー。脱ぐ、満たす、補う、包む、巡らせる、うるおす。肌とじっくり向き合って、効果的にお手入れを組み合わせてみて。


クリエイティブは「自分が好きなことをできる場所」から始まる【ジルデコchihiRo×中山シェフ対談】

クリエイティブは「自分が好きなことをできる場所」から始まる【ジルデコchihiRo×中山シェフ対談】

ジャズバンド「JiLL-Decoy association」のボーカルを務めるchihiRoさんがホスト役となり、同じく「ものづくり」に携わる方を招き、ものづくり、クリエイティブをテーマに語らう本対談企画。第2回では、フランス・パリの名店「Restaurant TOYO」のオーナーシェフ、中山豊光さんをお招きしました。


女性として、母として気になる衆院選。1票の重みを感じながら投票に行く【わたしの選挙#1】

女性として、母として気になる衆院選。1票の重みを感じながら投票に行く【わたしの選挙#1】

10月22日に投開票される第48回衆議院議員総選挙。選挙ポスターに込められたメッセージ、同じ女性であり、中には母親業と両立する候補者の活動が気になる、という木村えりなさん。自身も働く女性で、ふたりの娘さんのお母さん。今回の選挙をどう見て、考えて、政治を通じてどんな未来を望んでいるのか。率直な思いを綴っていただきました。


おっぱい