ランジェリーにまつわる7つの習慣で運のいい女になる

ランジェリーにまつわる7つの習慣で運のいい女になる

ランジェリーにこだわっていますか? 新年を迎えたのを機に、古くなったランジェリーを捨てて、新しいランジェリーを手に入れて。直接肌に身につけるランジェリーで運気を上げる7つの習慣を、石川智恵さんが紹介します。


私は大好きなランジェリーを身にまとうようになってから、人生がよりハッピーになったと実感しています。よくよく考えてみると、自分の肌にはほとんどの時間、ランジェリーやナイティを身につけています。ランジェリーやナイティにこだわりを持ち、大切にすることは、あなたの毎日がさらに幸せになるきっかけのひとつになるかもしれません。

自分の人生をさらに良く変えたいと思うときに、ランジェリーに対する考え方や習慣を変えてみてはいかがでしょうか。

美しいランジェリーで人生が変わった(前編)

https://p-dress.jp/articles/1687

離婚を機に7年の専業主婦生活にピリオドを打った石川智恵さん。自信がないまま、再び社会に出たときに巡り合ったのが、フランスの美しいランジェリー。鏡を見て「私、こんなに綺麗だったっけ?」と驚いた石川さんには、新たな目標ができます。人生はいくらでもやり直せる――そのことを証明するコラムをお届けします。

■1.ランジェリーでなりたい自分になる

ランジェリーを楽しむことは大人の女性の余裕。見えない部分だからこそ楽しみましょう。

「こんなふうになりたいな」と思う女性をイメージしてランジェリーを選ぶことで、いつもと違う自分になった気分になり、見えない部分だからこそ自分らしさを発揮できるんです。

自分の好きなカラーやデザインを身につけるのはもちろん、本当は着てみたいけどアウターではなかなか挑戦できない色やデザインを身につけると、本来の自分の中に秘めていた新しい自分も発見できたり不思議なパワーがわいたりと、本当に楽しいですよ!

今年は是非、いろいろなデザインやカラーに挑戦してみて。

■2.ランジェリーは朝選ぶ

私は朝にランジェリーを選びます。その日の仕事や商談の内容、プライベートの予定をおさらいしながらシャワーを浴びるんです。

バッチリ決めたい商談のとき、私の勝負カラーは赤!

初めて紹介いただく方がいたり、会食があったりするときは、自分らしさが出せるように、心が鎮まるといわれるブルーや私の好きなパープルを身につけます。

ランジェリーは肌に直接つけるものなので、色を肌で吸収するとも言われています。ちょっとおまじないのようですが、自分に自信をつけたり、パワーアップしたりする手助けをしてくれる気がします。

■3.ランジェリーと一緒に好きな香りを身にまとう

上質な香りと上質なランジェリーは最高の贅沢。自分を変えたい、変わりたい、そう思うときに変えるものの一つに香りがあります。

朝、シャワーを浴び、ランジェリーを着けた後にパフュームをひとふき。最近のお気に入りはイギリスのブランド、ペンハリガンのVAARA(ヴァ―ラ)です。

お気に入りのランジェリーとお気に入りの香りは自分らしさをより楽しめる大切なアイテム。

■4.お気に入りのランジェリー用洗剤でていねいにケアする

肌に直接身につけるランジェリーは手作りだったり、とても繊細な素材を使用していたりするので、ランジェリー用洗剤で優しく手洗いするのが基本。

お気に入りの香りのランジェリー用洗剤で大切にケアすると、ランジェリーも長持ちしますし、美しく良い状態でいつもそばにいてくれます。

ちなみに、私のお気に入りのランジェリー洗剤は、カナダ生まれの「ユーカラン」という洗剤で、ユーカリの香りが大好きです。

■5.朝のシャワー後はベビードール着用が◎

朝シャワーを浴びた後、皆さんは何を着ますか? シャワーを浴びてからメイクをして外出するまでに着用するアイテムとしてベビードールをおすすめします。

ほんの1〜2時間程度の着用時間かもしれませんが、歯磨きや髪を乾かしたりメイクしているときに、鏡に映る綺麗な色のベビードールと自分を見ると、女性らしさを感じますし、朝から元気なパワーをもらえること間違いなし。

■6.ランジェリーだけじゃなく、就寝時のナイティにもこだわって

私は就寝時、フランス製のコットン素材の肌触りが気持ちいいベビードールを愛用しています。サラッと着られるんです。

夜はスウェットなどを愛用している方もいらっしゃるかもしれませんが、上質なナイティを着用すると自分の部屋にいながらにしても所作が女性らしくなります。不思議ですね(笑)。

バリバリ働いてる女性は是非一度お試しください!

■7.古いランジェリーは新しいものと取り替える

ブラジャーの寿命はいつまで? とよく聞かれますが、週に2回くらい使用してどんなに大切にしても1〜2年以内くらいでしょうか……。

もちろん、素材やお洗濯方法などにもよりますが、使用しなくても素材は劣化します。

アンダーやストラップが伸びてしまったブラジャーを使用し続けると、見た目だけでなく、気づくと自分のアンダーバストが太くなっていたり、胸が下垂していくのに気づかず、いつの間にか老化が進んでしまう危険が!

良い運気を取り込むためにも、新年には古くなったランジェリーは新しいものと入れ替えましょう。

自然な形で自分らしさを出せると、心に余裕が持てるようになるもの。私は2017年も大好きなランジェリーやナイティを身につけ、それらを味方につけて、これまで以上に自分らしく、心地よく過ごしていきたいと思います。

美しいランジェリーで人生が変わった(中編)

https://p-dress.jp/articles/1782

離婚を機に7年の専業主婦生活にピリオドを打った石川智恵さん。自信がないまま、再び社会に出たときに巡り合ったのが、フランスの美しいランジェリー。鏡を見て「私、こんなに綺麗だったっけ?」と驚いた石川さんには、新たな目標ができます。人生はいくらでもやり直せる――前編から合わせてお読みください。

美しいランジェリーで人生が変わった(後編)

https://p-dress.jp/articles/1930

離婚を機に7年の専業主婦生活にピリオドを打った石川智恵さん。自信がないまま、再び社会に出たときに巡り合ったのが、フランスの美しいランジェリー。鏡を見て「私、こんなに綺麗だったっけ?」と驚いた石川さんには、新たな目標ができます。人生はいくらでもやり直せる――前編から合わせてお読みください。

この記事のライター

大手インポートランジェリーの輸入商社を経て、現在はポーランドのランジェリーのPR・営業を担当。東急プラザ銀座3階ヒンカリンカ1stにあるポーランドランジェリーセレクトショップ「コビエタ」をはじめ、全国百貨店などで期間限定ショ...

関連する投稿


おしゃれでストレスのない、進化系ブラレットが登場

おしゃれでストレスのない、進化系ブラレットが登場

見せたくなるデザイン性の高いブラ、アウターランジェリーの「AERA BLUE」が7月に誕生。ノンワイヤーなのに美バストを作ってくれるのがポイント。この夏マストな肌見せブラレットで、服選びに悩むこともなくなりそう。


心を女優にするランジェリー選び。着飾るのではなく”整える”ように

心を女優にするランジェリー選び。着飾るのではなく”整える”ように

“胸キュン”は女性にとって大切な感覚。頬をほんのり赤らめる出来事や、心が弾むような瞬間って、がんばるためのパワーになる。ランジェリー選びもそのひとつかもしれません。「最近ときめきが足りないなぁ」と感じるそんなあなたへ届けたいショートストーリーです。


美バストを作るブラジャーの特徴は「胸を美しく見せて、しかも快適」

美バストを作るブラジャーの特徴は「胸を美しく見せて、しかも快適」

美バストを目指すなら1日の半分以上の時間、身に着けているブラジャー選びから見直したいもの。体に合わないブラはバストやプロポーションを崩し、ストレスにもつながります。日常使いのブラは体に負担の少ない機能性のあるものを選びましょう。今回は美バストを作るブラの見極め方についてお伝えします。


夏だから。「魅せるランジェリー」のすすめ

夏だから。「魅せるランジェリー」のすすめ

ワンピースやオフショルダー、バックシャンなトップスなど、露出の増える夏。ファッションとして「魅せるランジェリー」を選べば、機能もお洒落も両方叶えられます。夏に買って絶対に損をしない、使えるランジェリーの一例をご紹介します。注目すべきは「魅せるデザイン」と「しっかりした機能」。魅せるランジェリー選びの参考にしてください。


「パンティ部レス ストッキング」が「快適すぎる」と大人気に

「パンティ部レス ストッキング」が「快適すぎる」と大人気に

ストッキングを履くと蒸れる……そんな女性の夏のお悩みを解決する、ありそうでなかった「パンティ部レス ストッキング」が大好評発売中。パンティ部はストッキング着脱時に時間がかかる上に、汗のべたつきが気になる箇所です。また、着脱時にストッキングを伝線してしまう恐れも。夏に快適なストッキング、試してみては?


最新の投稿


JUMII TOKYO代表・前島ゆみさんがきれいのために夜していること

JUMII TOKYO代表・前島ゆみさんがきれいのために夜していること

オトナのための爪に優しいネイルポリッシュブランド「JUMII TOKYO(ジュミートウキョウ)」代表で、ビューティプロダクトプランナーの前島ゆみさん。きれいのために夜していることは何ですか?


コンドームを「メイクラブの小道具」に

コンドームを「メイクラブの小道具」に

コンドームを着けない男性に対し、「着けて」と言えない女性は少なくない。厳しい言い方かもしれないが、性病や妊娠を望まない相手とのセックスにおいてコンドームを着用しないのは、「自分の体を大事にしない」行為でもある。考え方を変えて、コンドームをセックスを楽しむ小道具にしてみてはどうか。作家の島田佳奈さんによる提案だ。


女性向けデリケートゾーン専用ソープ「iroha INTIMATE WASH」のポップアップストア

女性向けデリケートゾーン専用ソープ「iroha INTIMATE WASH」のポップアップストア

女性向けデリケートゾーン専用ソープ「iroha INTIMATE WASH(イロハ インティメート ウォッシュ)」のポップアップストアが8月15日~8月31日の間、新宿マルイアネックス館1階にてオープンします。天然精油の香りが配合された、iroha INTIMATE WASHの泡立ちやテクスチャを試せるコーナーも。


恋愛におけるLINEのやりとり、年上彼氏・年下彼氏・同級生彼氏の違い

恋愛におけるLINEのやりとり、年上彼氏・年下彼氏・同級生彼氏の違い

会えないときにふたりの気持ちをつなぎ、高めるLINE。現代の恋愛に欠かせないコミュニケーションツールとなったLINEは、相手の顔が見えない非対面コミュニケーションがゆえに、対面コミュニケーション以上に相手への気遣いが必要です。恋愛におけるLINEでは、彼がほしい言葉を察して送り、恋心を盛り上げていくことが大切。


シリコンバレー式プログラミングブートキャンプでキャリアチェンジ

シリコンバレー式プログラミングブートキャンプでキャリアチェンジ

プログラミングといえば男性の職業。そんなイメージがあるかもしれませんが、2017年の7月に日本で初めて開催されたシリコンバレー式のプログラミングスクール「コードクリサリス」の講師・受講生の半分は女性。ミッションのひとつに「女性のエンジニアを増やす」「業界を動かす先駆者になる」と掲げる彼らの思いとは。