サダハル・アオキ10周年記念メディア懇親会へ♪

サダハル・アオキ10周年記念メディア懇親会へ♪

11月も半ばを過ぎ、すっかり街は、クリスマスモード。 いたるところで、綺麗なイルミネーション、クリスマスツリーなどが楽しめますね。 お菓子作りも楽しめる季節になってきました!


サダハル・アオキ10周年記念メディア懇親会レポート!!

皆さん、こんにちは!
11月も半ばを過ぎ、すっかり街は、クリスマスモード。
いたるところで、綺麗なイルミネーション、クリスマスツリーなどが楽しめますね。
お菓子作りも楽しめる季節になってきました!

さて、先日、サダハル・アオキ10周年記念メディア懇親会へご招待いただき、行ってきました。
サダハル・アオキといえば、今やパリでも知らない人はいない、世界的に活躍されているトップパティシエ 青木定治さんのお店。
尊敬するパティシエのお一人です。

高まる期待を胸に、会場となったウェスティン東京ホテルへ。
会場に入ると、そこには、ウットリするようなクリスマスケーキの数々がズラリ~!!

2015年のクリスマスケーキは、 “パリブレスト ノエル”

会場に並んでいた2015年のクリスマスケーキは、
“パリブレスト ノエル”
サクサクのしっかり食感のシューパリジャン(シュー生地)に苺の酸味との相性バツグン。
クリスマスリース風が可愛い^^

“ミルフォイユ ドゥ ノエル”

モミの木のフォルムが、素敵!抹茶クリームとガナッシュの組み合わせは、大人の味わい。

“シュトーレン オ マッチャ ノエル”

“ガレットデロワ キャラメルノワゼット”

そして、フランスの定番、新年のお菓子“ガレットデロワ”。

“ガレットデロワ キャラメルノワゼット”(2016年12/29~1/10頃まで限定)
フランス産発酵バターで仕上げたサクサクパイ生地に、キャラメル風味のアーモンドクリームが深い味わい。

“センシュエル クール”(2016年2/10~14バレンタイン限定)

ルージュが魅せる“官能的”な世界。
情熱的な赤い色のハート、ベリー類が、女性にはたまりません。

試食では様々なスイーツを味わえました!!

試食は、手前からサバンバンブー、ガレットデロワキャラメルノワール、シュトーレン、
パリブレストノエル、ミルフォイユドノエルを、ひと通り味わうことが出来ました。

私のイチオシは、パリブレストノエル。抹茶好きなのと、クリスマスリースのような見た目にやられました❤

そのほか、10月29日にパリで行われた世界最大のチョコレートの祭典「サロン・ド・ショコラ」にて表彰されたショコラたち❤

私のイチオシは、パリブレストノエル。抹茶好きなのと、クリスマスリースのような見た目にやられました❤

そのほか、10月29日にパリで行われた世界最大のチョコレートの祭典「サロン・ド・ショコラ」にて表彰されたショコラたち❤

受賞作品を中心とした2016年新作ショコラは、1月下旬より店頭で販売開始だそうです♪

サダハル・アオキのケーキは、見た目のカラフルな色合いと洗練されたアート性の高いデザインが印象的。青木シェフご本人のお話によると、ショコラでもパッと見てイメージしやすいものにしたくて、カラーで味を連想させるようにとの想いから、今のカラフルなショコラに、たどり着いたのだとか。

パリで好評だったパフォーマンス「TAKOYAKIショックショコラ」

パリで好評だったパフォーマンス「TAKOYAKIショックショコラ」も実演♪
見てください!こちらたこ焼きです!

正しくは、たこ焼きのような見た目のスイーツです^^

どこからどう見てもたこ焼きですよね♪
なんて面白い発想でしょう!
アツアツ出来立てをほおばると、中からチョコがトロリ、上からかけているたこ焼きソースの役割は、チョコレートソース、青のり、紅ショウガのような見た目は、マカロンを砕いたものです。

見た目のユニークさと、本格的なお味が、妙なマッチング^^
日本特有のたこ焼きの見た目は、パリッ子たちにも新鮮に映ったことでしょうね♪

こちらの「TAKOYAKIショックショコラ」は,来年1月伊勢丹で開催されるサロン・ド・ショコラで、お目見え予定♪

ぜひお見逃しなく!

本場パリのお菓子業界でも、天才とも言われる世界的にご活躍の青木シェフ、製作の裏話、お菓子へのこだわり、素材のこだわりなどなど、たくさんお話をしてくださいましたが、お人柄は気さくで、かなり!ひょうきんな方でした^^
そのギャップがまた、ファンにはたまらないですね!

美味しいケーキを堪能し、素敵な時間を過ごす事が出来ました☆

サダハルアオキの人気商品をお土産に頂戴しました!!

サダハルアオキの人気商品
ショコロン、ボンボンショコラ、ケークオショコラ、トリュフキャラメルサレをお土産に頂戴しました。

この記事のライター

お菓子研究家 スイーツデザイナー ル・コルドンブルー菓子ディプロム取得。Web、雑誌などメディア媒体にて、レシピ提案、フードコーディネート、企業のキャンペーンの菓子製作&監修、ディスプレイ用、撮影用スイーツ制作、外部レッス...

関連するキーワード


スイーツ部 クリスマス

関連する投稿


【DRESSスイーツ部】ゴディバジャパン本社へスイーツ部が行く!

【DRESSスイーツ部】ゴディバジャパン本社へスイーツ部が行く!

昨年創業90周年を迎え、100周年に向けて新しいデケイドを歩みだした、ベルギーを代表する高級チョコレートブランド、ゴディバ。今回、DRESSスイーツ部限定で、発売前の新作デザートドリンクの試飲、意見交換会が開催されました!


ミラネーゼの新年の迎えかた~ミラノ通信#2

ミラネーゼの新年の迎えかた~ミラノ通信#2

前回はクリスマスの過ごし方をミラノ在住河見恵子さんに取材してくれましたが、今回は日本とはちょっと違ったイタリアの新年の迎えかたを伺いました。


ひとりぼっちでクリスマスを過ごすのがつらい女性へ贈りたいメッセージ

ひとりぼっちでクリスマスを過ごすのがつらい女性へ贈りたいメッセージ

クリスマスをひとりで過ごすことを「クリぼっち」などといいます。クリスマスにひとりぼっちな過ごし方は惨め? そう思うなら徹底的に悲しんで。つらさや敗北感と向き合える女性こそ、人の痛みがわかる器の大きい女性になれるのです。


【DRESS部活で輝く女性たち #1】ワイン部/スイーツ部 早谷川教子さん

【DRESS部活で輝く女性たち #1】ワイン部/スイーツ部 早谷川教子さん

サードプレイスとは自分らしさを取り戻せて、気の合う仲間たちと心地よく過ごせる、家でも職場でもない第三の場所のこと。DRESS部活という趣味でつながるサードプレイスを持つようになって、人生が劇的に変わった女性たちがいます。未参加の方もDRESS部活の世界を覗いてみませんか? DRESS部活では新しい仲間をお待ちしています


「クリスマスなんて早く終われ」と思わなくなった日

「クリスマスなんて早く終われ」と思わなくなった日

今年のクリスマスは三連休。恋人とのデートや友達とのクリスマスパーティなど、華やかな予定がある人も多いのでは。そんなクリスマスがつらいと感じる時期を経て、穏やかな気持ちで過ごせるようになった――それが年を重ねるということなのだろうか。


最新の投稿


川崎貴子さん×夫 マサヒロさん対談・前編「もし妻が乳がんになったら。夫が備えておくべきこと」

川崎貴子さん×夫 マサヒロさん対談・前編「もし妻が乳がんになったら。夫が備えておくべきこと」

川崎貴子さん(プロフィールは文章末尾に掲載)と夫・マサヒロさんの対談。今年1月、貴子さんは乳がんの宣告を受け、手術・治療中であることを告白した。妻が乳がんをわずらうと、思い詰めてしまう夫もいる。川崎夫妻はどのようにして乗り越えてきたのだろうか。


私が愛するヴィンテージ腕時計が与えてくれた心の余白

私が愛するヴィンテージ腕時計が与えてくれた心の余白

ヴィンテージ腕時計についての、ロマンを感じる物語をお届けします――。新しい生き方、働き方「パラレルライフワーク」を実践する中里 彩(なかざと あや)さんによる、生き方・働き方をテーマにした連載。第3回目の今回は中里さんが身につけている、思い入れのあるヴィンテージ時計について綴っていただきました。


秋肌に透明感を! 大人のくすみ対策プログラム【美活手帖#7】

秋肌に透明感を! 大人のくすみ対策プログラム【美活手帖#7】

夏が残していった紫外線ダメージ。秋が連れてくる無慈悲な乾燥。そして、カサカサどんより冴えない肌。さあ、悩めるくすみ肌をいたわり、透明感を取り戻すお手入れに注力する時がやってきました。ご用意したのは6つのメニュー。脱ぐ、満たす、補う、包む、巡らせる、うるおす。肌とじっくり向き合って、効果的にお手入れを組み合わせてみて。


クリエイティブは「自分が好きなことをできる場所」から始まる【ジルデコchihiRo×中山シェフ対談】

クリエイティブは「自分が好きなことをできる場所」から始まる【ジルデコchihiRo×中山シェフ対談】

ジャズバンド「JiLL-Decoy association」のボーカルを務めるchihiRoさんがホスト役となり、同じく「ものづくり」に携わる方を招き、ものづくり、クリエイティブをテーマに語らう本対談企画。第2回では、フランス・パリの名店「Restaurant TOYO」のオーナーシェフ、中山豊光さんをお招きしました。


女性として、母として気になる衆院選。1票の重みを感じながら投票に行く【わたしの選挙#1】

女性として、母として気になる衆院選。1票の重みを感じながら投票に行く【わたしの選挙#1】

10月22日に投開票される第48回衆議院議員総選挙。選挙ポスターに込められたメッセージ、同じ女性であり、中には母親業と両立する候補者の活動が気になる、という木村えりなさん。自身も働く女性で、ふたりの娘さんのお母さん。今回の選挙をどう見て、考えて、政治を通じてどんな未来を望んでいるのか。率直な思いを綴っていただきました。


おっぱい

MENU

DRESS部活