1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ファッション
  3. この秋、グリーンを味方につけて気分安らぐ大人コーデのすすめ!

この秋、グリーンを味方につけて気分安らぐ大人コーデのすすめ!

Share

ここ数年流行中のグリーン。薄いグリーンから鮮やかなグリーンまで。奥深いバリエーションが楽しめる色だ。意外と何色にも合わせやすく、パッと華やかさがプラスできるので気に入っている。グリーンを効果的に使ったコーデを日々実践中。

この秋、グリーンを味方につけて気分安らぐ大人コーデのすすめ!

■グリーンを軸にしたコーデ

グリーンコーデで大人っぽく

グリーンにはまっている。一言でグリーンといっても、その色のバリエーションは広く深い。グリーンは植物をイメージさせる印象の良いカラーだ。

これを日々のコーデに積極的に取り入れると、自分自身も気持ちがいいし、マンネリ化しがちなコーデもガラッと変えることができる。

グリーンを日々のコーデに取り入れるには、いろいろな方法がある。

・服自体にグリーンをガツンともってくる。
・ボタニカル(植物)柄のワンピースにグリーンのバッグをリンクさせる。
・シンプルな服にグリーンの小物をアクセントに使う。


こうなると服と小物の関係もガラッとその「主従関係」が変わる。

それが「色」を切り口にしたファッションの面白いところ。

■アクセサリー・スカーフ・バッグ・靴にグリーンを投入する

一口に「グリーンの小物を投入する」といってもそのアイテムはさまざま。

取り入れやすいのはやはりアクセサリー類だが、やや脇役的な働き。それよりも面積の大きいスカーフやパンプス、バッグなどに投入する方が効果は大きい。

さらに、後ろ姿にもグリーンをアクセント色として添えられるヘアクリップもおすすめ。

こういったアクセントカラーは思い切って集中してアイテムを一気に増やす。色をリンクするコーデがどんどん楽になるからだ。

グリーンのバッグ、グリーンのピアス、指輪。グリーンのカラーパンプス。その色の分量と面積のさじ加減をコントロールしながらあとは背景となる服を選ぶだけ。

同色のアイテムが増えるとコーデは飛躍的にやりやすくなる。

結局のところ、ファッションは「色」と「形」の組み合わせ。

そうシンプルに考えてみると、「色」は日々のファッションに大きなウエイトを占めている。色のもつ力は大きいということに改めて気づく。

最近気づいたのは「カーキ色」と「グリーン」は合わせやすいということ。どちらも「自然」を連想する色だからなのかもしれない。

白と黒とグレーだけのワードローブからの脱却にグリーンは取り入れやすい色だと思う。

綺麗な織地のグリーンのタイトスカート。麻のシンプルなシャツとラフィア素材のバッグで「大人ナチュラル」なイメージでコーデ。

■グリーンは着ていて気持ちのいい色

緑の色相の色って、色彩学的に「心を落ち着かせる効果」があるのだとか。

確かにそうだと思う。

グリーンを軸としたコーデの服を着た日は、とても気持ちがフラットでいられる感じがする。

忙しい用事がぎっしりな日ほど、グリーンをどこかに取り入れてみよう。
人に対しても爽やかな印象を与え、きっと自分自身も落ち着いた気持ちで過ごせる。

まだまだ続くグリーンのトレンドに乗っかり。
ファッションで自分の気持ちをコントロールしていこう!

Share

霧香

都内在住の50代主婦。 「50代になっても洋服好き主婦のファッションブログ」を運営。 仕事着&プライベート服の着回し。毎日のコーディネートに真剣に楽しく頭を悩ませる日々。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article