1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 恋愛/結婚/離婚
  3. ロマンスが始まるLINEのお作法

ロマンスが始まるLINEのお作法

Share

今や恋愛には欠かせなくなったLINE。やりとりひとつで恋が終わることも、その先の進展につながることも……。恋愛にまつわる切れ味鋭いツイートが人気のE子さんが、「思わずブロックしたくなるLINE」「デートに繋がるLINE」について語ります。

ロマンスが始まるLINEのお作法

鳩に手紙を持たせて飛ばしたり、直筆の手紙を送りあったりする時代はとうに終わりました。

現代人である我々がロマンスを始めるにあたり、LINEでのやりとりは必要不可欠です。ただの連絡手段としてだけでなく、日々の近況を送りあうことで相手を近くに感じますし、文字に愛情を乗せて送ることもできます。

数年前までは頑なにLINEを使わずに過ごしていた人も(同世代です)、いよいよ時代LINEデビューせざるを得ない状況になっているのではないでしょうか。

ただ、私はLINEがとても苦手。


一日に何回もツイートするほど自分語りが好きなのに、なぜ?
と思われるでしょう。

私にとっては、LINEが1対1のコミュニケーションであることが重荷なのです。

LINEが届くと、グループLINEでない限り、必ず自分が反応しないといけません。
LINEを送ると、同じく相手に、反応することを強要する羽目になるのです。

ひとたび発信されてしまえば、受け取った側は必ず何らかの反応をしなければならない。好きで受け取ったわけではないのに、返信をするのはまるで人としての義務です。
これほど暴力的なコミュニケーション手法がほかにあるでしょうか。

と、世の中にはこのようにLINEに抵抗を持っている人種もいるため、やりとりには細心の注意を払うべきでしょう

■思わずブロックしたくなったLINE

そもそも私は、「話したいことがたくさんあるときは電話を使え」と思っています。
小さなスマートフォンでちまちまと複数の事柄について、また、とりとめもない日常の出来事、お互いの趣味について、深堀りするのは時間の無駄ではないでしょうか?

なかでも、趣味はなんだとか、出身はどこだとか、最近ハマっていることはなんだなどの、「緊急性を要する事務連絡」と対極に位置する話題は、できれば直接会ったときにしていただきたい

そもそもメールなどの文字のやりとりは、電話で伝えたい要件があるが相手に繋がらないとき、可及的速やかに相手に要件を伝えることが目的で使われ始めたツールのはず。

よって、
・事務連絡
・スケジュールの確認
・今すぐ伝えたいオモシロ事件(仲が良い相手の場合)


上記のような内容以外のLINEは、非常に受け入れがたいと感じてしまいます。

さて、前置きが長くなりましたが、私がブロックしたくなるのは、このようなLINE。


まず一言、言わせていただきたい。

長ぇ。

1回のLINEに複数の質問を組み込まないでください。
通番でも振ってくれないと回答漏れが起こりかねないでしょう。内容を確認しながら返信を打とうにも、長すぎて画面を上下にスクロールして行ったり来たりすることになります。

さらに、重要度の異なる複数の質問を組み込むのはやめてください。

おそらくメインの要件は「一緒にお寿司を食べに行きたいです(会いませんか?)」なのでしょうが、「風邪ひいてませんか」や「ダラダラ寝ることはありますか」などのどうでもいい質問に紛れてしまっていますよね。

とにかく要点がわかりにくいし、返信するのが億劫になります。

最後に、この方のLINEを添削しておきます。

添削後、例

以上。
無駄を省いてわかりやすくしましょう。


■デートにつながるLINE

しかしながら、先ほどの例のように「会いたい+来週の都合は?」と簡潔に要件を送ったとて、デートに繋がらないケースは多々あります。

シンプルなLINEであればあるほど、あなた自身の魅力次第で、いい返事がくるかどうかが決まってしまうものです。

だから怖くなって、風邪をひいてないかと気遣ったり、ついつい話題の数を増やしてしまうのでしょう。

しかし、シンプルながら必ずデートに繋がるLINEがあります。

下記のようなものです。

このXXXというお店、ちょっとやそっとでは予約が取れない懐石料理のお店でした。
1年後の席まで予約で埋まっており、今から予約を取ろうと思えば1年後。

自力で行こうと思えば、今から1年先の予定を空けておき、1年間、指折り数えて待つしかないのです。

それに近日連れて行ってくれるという、魅惑の誘い。

そう、デートのお誘いは文面なんてどうでもいいのです。
デートの内容をいかに魅力的に彩るか。その付加価値が大きければ大きいほど、あなた自身の魅力に頼らずともデートの誘いに成功しうるのです。

■好印象なファーストLINE

最後に、好印象なファーストLINEについてです。

第一印象はとても重要。LINEとて、「あまりに価値観が合わない……」と思われれば、恋の進展を妨げます。

心がけるべきは、「無難」

ただただ、「無難」

敬語、スタンプや過剰な絵文字はなし、長すぎず短すぎず、返事を強要しない「無難なLINE」

世の中には、いろいろな人がいます。
絵文字をたくさん使いたい人、チャットのように短い単語でスピーディにやり取りしたい人、(笑)を「w」と表記する人、普段は敬語なのになぜかLINEではフランクな口調になる人、無料スタンプしか使わない人……。

すべての人に受け入れられるLINEを目指しましょう。

そして、相手の反応をみながら、徐々に自分のスタイルを出していくのです。

はじめからすべての文章の末尾に「ワラ」を付けるのはやめてください。
「ワラ」が生理的に受け付けない人もいます。
何が面白いの? と思われてしまうこともあります。

いきなりテンションの高い連投、文末には「ワラ」。返信に困る

できるだけ、自分のスタイルと相手のスタイルの中間をとるように、すり合わせていきましょう。

「違和感なくLINEができる」と思われることが、一番大事。
恋につながるかどうかはLINEでは決まりません。会うことでしか恋は進展しません。
しかし、LINEがその進展の妨げになってはいけないのです。

Share

E子

婚活・恋活を趣味とし活動を続ける30代独身こじらせ女。いよいよおかしくなりつつある恋愛観が、ツイッターで無駄に女性たちに共感されている。好きな食べ物はダントツで納豆。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article