記事総数:8

公開済みの記事


今日という日をもっと幸せに生きるヒント

今日という日をもっと幸せに生きるヒント

昨日の失敗にへこんだり、今日をやり直したいと思ったり、明日が来るのが怖かったり……。季節が大きく変わる秋の夜長、考えなくてもよいことまで、あれこれ考えてしまうことはありませんか。そんなときに観ていただきたい、素敵な映画をご紹介します。


奥深くも親しみやすい版画の世界。アートを自宅に飾る贅沢はいかが?【CWAJ現代版画展】

奥深くも親しみやすい版画の世界。アートを自宅に飾る贅沢はいかが?【CWAJ現代版画展】

芸術作品は展覧会で鑑賞するものと思っている方へ。絵筆で描く一点ものの絵画に比べ、版画は比較的手が届きやすいアートです。この秋は、奥深い版画の世界に触れ、新たなファッションアイテムを揃えるつもりで、お気に入りの作品を手に入れてみてはいかがでしょう。


個性を輝かせるおしゃれ。美しく生きる人は自分の色を知っている。

個性を輝かせるおしゃれ。美しく生きる人は自分の色を知っている。

佇まいがおしゃれな人は、特別なアイテムを使いこなしているというより、自分のカラーをうまく着こなしているような気がします。自分に似合う色をどうやって見つければよいのでしょう? ファッションの秋。自分を素敵に見せるカラーを知って、ワンランク上のおしゃれを楽しみたいものです。


大人のナチュラルメイクは「ナチュラルに見せる」メイク

大人のナチュラルメイクは「ナチュラルに見せる」メイク

コンシーラーを買いに百貨店の化粧品売場へ。そこでひょんなことから、メイクさんにアイシャドウを勧められ――。青系の服に赤系のシャドウ!? 最初は驚くもメイクさんのレクチャーを聞くと納得。顔色が沈んできたら、反対色の効果を利用して肌の色をワントーン上げる。大人のメイクに生かせるアイデアをいただきました。


夏の終わりのノスタルジア - 大人の読書感想文

夏の終わりのノスタルジア - 大人の読書感想文

少女時代、『西の魔女が死んだ』(梨木香歩)を手に取ったことがある方は少なくないのでは。大人になった今、偶然読み返す機会がありました。気づけば8月も残り10日余り。読書感想文に気を重くしていたあの頃に懐かしさを感じます。夏の終わり、若い頃に読んだ本をもう一度読んでみては?


ふんわりスカート、大人っぽく着るならモスグリーンがおすすめ

ふんわりスカート、大人っぽく着るならモスグリーンがおすすめ

ふんわりスカート=若い人向けのアイテム、と思い込んでいた筆者。SALEでたまたま立ち寄った店で勧められたモスグリーンのふんわりスカートを、半信半疑で試着したところ、購入に至ります。買った理由は案外大人っぽく着こなせると実感したから。さあ、既存のアイテムたちとどう組み合わせるか、夢が広がります。


とっておきの一足を揃えて、夏を待ち受ける!

とっておきの一足を揃えて、夏を待ち受ける!

夏の足元ファッションは悩ましい……。でも、久しぶりに夏、靴売り場に足を運ぶと、カラフルな靴が溢れ、見て回るだけでも楽しい。しかし、筆者があえて選んだのはカラフルな靴やサンダルではなく、上質なスエード製のベージュのチャンキーヒール・パンプス。手持ちのサンダルでやり過ごしてきたこれまでの夏と比べて、今夏はどんな変化が――。


おしゃれに悩んだら素の自分を活かす - 『おしゃれの幸福論』から得たヒント

おしゃれに悩んだら素の自分を活かす - 『おしゃれの幸福論』から得たヒント

『おしゃれの幸福論』(著:光野桃)を取り上げます。ワンツーコーデが流行っている今、人とはかぶらないけれど、浮くわけでもない、自分らしいワンツーコーデがしたい。そう思った桜井真砂美さんが手に取ったのは『おしゃれの幸福論』。本書から得たヒントを紹介してくれました。


act dress
女性の電話相談 手相占い 不倫 年下彼氏