1. DRESS [ドレス]トップ
  2. カルチャー/エンタメ
  3. 昭和生まれが「懐かしい」と感じる海外ドラマ8選

昭和生まれが「懐かしい」と感じる海外ドラマ8選

Share

名作と言われる海外ドラマの中毒性は、筆舌に尽くし難いものがあります。何かにどっぷり浸かりたい気分になったときには絶対おすすめです。まだ見ていないドラマがあったら、早速試してみては?

昭和生まれが「懐かしい」と感じる海外ドラマ8選

■フルハウス

シチュエーション・コメディの金字塔。

ミシェル役のオルセン姉妹が可愛かった!

ミシェルはいないけど、続編『フラーハウス』もネトフリで楽しんでます。

■ビバリーヒルズ高校白書/青春白書

昭和生まれが懐かしいと感じる海外ドラマあるある

ティーンドラマの決定版。

ありがちなソフトな内容ばかりではなく、ドラッグや自殺、人種差別など、テーマもなかなかリアリティがあって、かなりのめり込んだ。

セレブカジュアルっぽい着こなしも真似してた。

■フレンズ

昭和生まれが懐かしいと感じる海外ドラマあるある

大好きなコメディで、終わっちゃったときはロスに苦しんだ。

未だにこれを超えるドラマに出会ってないかも。

最近は、レイチェル(ジェニファー・アニストン)以外、ほとんど見かけなくなったのが残念。

あの6人が再集結するところが見たい。

■アリー my Love

昭和生まれが懐かしいと感じる海外ドラマ

NHKで吹き替え版をやってて、毎週すごく楽しみだった。

ブルース・ウィリスやロバート・ダウニー・Jrなどの大物俳優や、マライア・キャリー、スティングといったビッグゲストが出てくるのも楽しかったよね。

今でも映画を観ていて、ときどき脇役でビリーとかジョン・ケージが出てくると、旧友に出会ったような気持ちになってなんだかとてもうれしくなる。

Share

DRESS編集部

いろいろな顔を持つ女性たちへ。人の多面性を大切にするウェブメディア「DRESS」公式アカウントです。インタビューや対談を配信。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article