1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ライフスタイル
  3. 美味しいけど食べて後悔するものあるある

美味しいけど食べて後悔するものあるある

Share

食べているとき、脳内麻薬が噴出しているのを実感できる食べ物ってありますよね。でも、美味しいからって全部が全部、カラダに良いというわけではありません。食べたあとに後悔の念が押し寄せることも……。そんなケースをピックアップしました。

美味しいけど食べて後悔するものあるある

■ポテトチップ

深夜とかにテレビ見ながら手持ち無沙汰になり、散々迷った挙句、しまいには半ばヤケになって開封。

見なきゃいいのにカロリー表示をチラ見して、落ち込む。

■揚げ物全般

スーパーのお惣菜コーナーで見かけると、美味しそうでつい買ってしまう。

でも、食後はだいたい胃がもたれて気分が悪くなる。

■大盛り無料

おひとりさまで、ご飯でも麺でも大盛りが無料のお店に行くと、ほぼ例外なく「大盛りで」となる。

体は満足しても、心が泣いている。

いや、体も悲鳴かも。

■カップ麺

「何かこしらえるのが面倒くさい」という理由だけで手を出してしまう。

半分くらい食べたところで、「もういいや」ってなるけど、もったいないから全部食べちゃって、あとでお腹をこわすことになる。

■フライドチキン

お店が家の近くにある。

空腹で前を通ると買わずにいられない。

■ビュッフェ

あれもこれもと、つい欲張って取りすぎる。

最後のほうになると、苦しみながら食べる羽目になる。

■宅配ピザ

美味しいけれど、割高感があるうえに、ひとりだと量が多すぎて確実に気持ちが悪くなる。

■フルーツ×生クリームの「まるごと」スイーツ

ボリューミーなフォルムに惹かれ、「半分だけにする」って自分に約束して買ってくる。

でも結局、「悪くなるから」とか「包みが汚れて保存しづらい」とか、いろいろな理由をつけて全部残らずたいらげてしまう。

そして、食べたこと自体への後悔の念と、自分との約束を果たせなかった自責の念が同時に押し寄せる。

ひとり外食あるある8選

Share

DRESS編集部

いろいろな顔を持つ女性たちへ。人の多面性を大切にするウェブメディア「DRESS」公式アカウントです。インタビューや対談を配信。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article