1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 恋愛/結婚/離婚
  3. 送って後悔したLINE5選

送って後悔したLINE5選

Share

気軽にやりとりができるからこそ、送った後に後悔! というのもLINEあるあるです。え? 送信取り消し機能があるから大丈夫って!? 今回は、送って後悔したLINE5選をご紹介します。

送って後悔したLINE5選

■送信取り消し機能の闇

相手を間違って送ってしまった、感情的になって送ってしまったなど、LINEを送った後に後悔した! という声は多いものです。既読がついてしまったら最後、「送信取り消し機能」でいくら取り消しても、相手の「記録」からは消えても「記憶」からは消えません。

「まだ既読がついてないから大丈夫!」と思って「送信取り消し機能」を使っても、ポップアップ表示でメッセージを読まれてしまうことも。

もし読まれなかったとしても、「送信取り消し」の表示を見て「なに送ったの?」なんて聞かれてしまうこともあるでしょう。

そう考えると、送信取り消し機能があったとしても、送った後に後悔するLINEは極力送らないようにしたいもの。今回はリアルな声を元に、「送って後悔したLINE集」をお届けします。

■Case1 深夜のラブレター

「深夜に眠れなくてaikoを聴いてたら、気持ちが盛り上がってしまい、彼に長文でラブレターみたいなLINEを送ったんです。最悪なのが、長文を送った直後に爆睡してしまったこと。朝起きて既読がついた画面をみて凍りました。別に付き合ってるならいいじゃんって思うかもしれませんけど、付き合い始めて1カ月で『結婚したい』って送りましたからね」(20代女性)

深夜はラブレターを書きたくなりますよね。夜に書いた文章は、朝読むと恥ずかしくなっちゃうんですよね。夜は気持ちが高ぶりやすいのはなぜでしょうか……。

■Case2 感謝の気持ち

「前の職場を退職するとき、お世話になっていた上司に感謝の気持ちを送りました。人間関係がうまくいっていなかった私をカバーしてくれた先輩だったので。長文で気持ちを送ったのですが、返信が『ありがとうございました!』だけ!

もうかなーりショックでした……。業務連絡というか、同じ会社だからのこそ関係だったんだなって……。切ない」(30代女性)

これは切ない……! 会社を変わるタイミングでLINEをしたのに、社内メールよりもそっけない返事が来てしまったら、落ち込んでしまいそうです。

Share

毒島 サチコ

主に恋愛コラムの中の人。文字を書く仕事をしています。人生に恋して生きています。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article