1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 恋愛/結婚/離婚
  3. 男性が本気になる「本命女性」に共通する5つのマインド

男性が本気になる「本命女性」に共通する5つのマインド

Share

本命視される女性と「好き」「大好き」で止まる女性の違いはどこにあるのでしょうか。両者の違いを5つのマインドから考えます。

男性が本気になる「本命女性」に共通する5つのマインド

「恋愛のハードルは低くなったのに結婚のハードルは高い」「好きというより悪くないかもと感じる人はすぐに見つかっても、この人だけでいいと思える人には巡り合えない」

女性も男性もそんな悩みを抱えている人が多くなりました。

「嫌いじゃない」と「好き」、そして「大好き」と「愛してる」のふたつは、似ている言葉なのに大きな違いがありますね。決してモテないわけではないのに、なぜか「大好き止まり」になってしまう女性、「愛してると本命視される」女性の違いはそのマインドにあります。

本命になる女性のマインドを5つご紹介します。

1.子どものような純真さと素直さがある

例えば、純真無垢な子どもや自分を頼ってくれるペットのような素直な愛情表現に対して、悪意や欺瞞をもって接することができる人は相当な歪みや、生まれもってのサイコパス、克服しがたいトラウマを抱える人を除き、ほとんどいません。

人間には自分より弱い存在を守り、そして誰かの役に立ちたいという庇護欲があります。この庇護欲は女性よりも男性に強く備わっている傾向が強いのです。

自分に対して子どものような無邪気さと悪意のない素直さをもって接してくる人に対し、人は誠意で応えたくなるもの。傷付けてはいけない、大切にしたいと思われる女性はそんなマインドが備わっているからこそ、オンリーワンとして愛されるのです。

本命視される女性は好きな人だけでなく、誰に対しても子どものような純真さと素直さを持っている女性です。

2.時間を味方につけられる

恋愛は短距離走ではなく中長距離走のようなもの。大好きな時期と何となく気持ちが落ち着く時期の間を行ったり来たりする心の揺らぎは恋愛にはつきもの。

恋愛は寄せる波と引く波の繰り返しです。相手の気持ちが寄せる波のように押し寄せたりすることもあれば、さあっと引く波のように離れていくこともあります。引き波のときに追いかけると、見苦しい姿や怖さを相手に見せつけてしまい、相手の「好き」な気持ちに水をかけてしまいます。

本命視される女性はそんな恋愛のゆらぎの期間があることを本能的に知り、時間を味方に付けてゆったりとあるがままの状況を受け入れる姿を見せ、余裕と強さで男性の心をしっかりと繋ぎ止めるのです。

3.自分の好きなモノ・コトを持っている

誰にも訪れる恋愛のゆらぎ期間。この期間を余裕と強さで乗り越えられるのは、本命視される女性が自分の好きなモノ・コトを持っているから。相手に依存してしまうのは、自分の好きなモノ・コトがないからこそ、相手の影響を大きく受けて揺らいでしまうからだといえます。

自分の好きなモノ・コトは、恋愛のゆらぎのようなハードな時期でも、それらに耽溺して幸せな時間を過ごせる避難所となります。

恋愛で絶対にやってはいけないことは、相手の望まない醜態をさらしてしまうこと。

一度や二度の醜態ならと受け入れられることはあるかもしれませんが、逆に1回の醜態で相手の気持ちを急速冷凍することもあり得ます。心の避難所となる自分の好きなモノ・コトを持っていない人は、怒りや不満の気持ちを相手に悟られてしまい、猜疑心や不安感をぶつけてしまいがちなのです。

4.去るものは追わない

「あのときは本当に別れようと思った」「もうダメだと覚悟を決めた」

何十年も長く結婚生活を続けているご夫婦や、数年以上長く恋愛関係でいるカップルにお話を伺うと大抵1〜2回以上の危機的な時期を乗り越えた経験をされています。

そんな危機的な状況を乗り越えたカップルもいれば、「別れて再度付き合った」「再々婚した」ということも少なくありません。

大抵の関係に共通するのは、危機的な状況を乗り越えてから、とてもいい関係になったという互いの実感です。

恋人や夫婦という関係も同じです。危機的な状況、例えば男性の気持ちが冷めて、別れたい・別れるという状況になったときに、追わない女性はそれを乗り越えて彼が戻ってくる復活愛の可能性が残ります。

一方、去ろうとするものを追った時点で修羅場と化し、復活愛の可能性は1000%なくなります。

本命視される女性は時間を味方にするだけでなく、去ってほしくないと思っても笑顔で別れを受け入れるようなしたたかさを持っています。

5.きっぱり断る勇気を持っている

「それは好きじゃない」「それは嫌」

好きではない人には難なく断れるのに、好きになってしまうと彼の言いなり、彼の顔色を伺う女性へと変貌。

男性が夢中になる小悪魔的な女性は、好きと嫌いをアメとムチのように使い分けます。100%の同意と共感にはうさん臭さが漂い、「本当にそうなの?」と男性の猜疑心と不安感を煽ってしまうのです。

本命視される女性はどんなに彼のことが好きでも、きっぱりと断ることができる勇気を持っている女性です。男性としては、自分には絶対に攻略ができない部分を持つ女性だからこそ大切にしたいし、誠意をもって接したいと緊張感がゆるまないのです。

■「本気を継続させるマインド」は磨いておきたい恋愛スキル

恋愛は本能と理性の両面からの情報によってスイッチが入り、そのスイッチは同じく本能と理性の両面から切られてしまいます。

自分を曲げてまで恋愛をする必要はありませんが、一生のうち本当に好きになって「失いたくない」と思える人は多くて数人程度しか知り合えないものです。

恋愛へのハードルが低くなった今、ライバルは意外なところからやすやすと表れ、一定の魅力を持った人は多くの人を惹きつけます。

だからこそ、ふたりが惹かれ合ったのなら、互いの本気を継続させるためのマインドは、恋愛の大事なスキルとして意識してほしいと思うのです。

男性が本気になる「本命彼女」と「二番手彼女」の5つの違い

Share

西澤 史子

コミュニケーションコンサルティング株式会社ループ 代表取締役社長 婚活業種の事業立案・ブランディング・PR・アライアンス・社員およびスタッフ育成等のトータルサポート・コンサルティング、コミュニケーション教育、女性向けサ...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article