1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ファッション
  3. 個性派ベルトでコーデをアップデート! 一押しはアニマル柄細ベルト

個性派ベルトでコーデをアップデート! 一押しはアニマル柄細ベルト

Share

ふんわりトップスや、ゆるいシルエットのワンピースの流行が続くと、忘れられがちになるファッションアイテムが「ベルト」。シンプルコーデを「普通で終わらない」印象に格上げしてくれるベルト使いのコツをご紹介します。

個性派ベルトでコーデをアップデート! 一押しはアニマル柄細ベルト

■ベルトは細く色柄がピリッと個性的なものが好き

私のベルトコレクションは、細いものが多い。ベーシックな黒・茶のほかに、シルバーとゴールドも便利。そして何といってもアニマル柄が使いやすい。パンサー柄(いわゆるヒョウ柄)、パイソン柄、ゼブラ柄と、一通り動物園のごとく揃っている。かなりパンチが効いているので、コーデの最後にピリッと引き締めるのにお役立ち。

■ネイビー×グレー・モノトーン系のコーデに抜け感を作るのはゼブラ柄のベルト

モノトーンや、グレー×ネイビーのコーデにアクセサリー替わりに投入するゼブラ柄のベルト。平坦になりがちなのを「普通で終わらない」コーデに様変わりさせてくれる。

アクセサリーはシルバー系の相性がいいけれど、パールで甘さをミックスするのも面白い。

■ベージュ系のコーデを引き締めるのはヒョウ柄のベルト

優しいベージュ、モカ色のグラデーションで作るコーデはとても好きなのだが、どうしてもボヤけた感じになるのが悩みの種。そんなとき、ヒョウ柄の細いベルトは効果抜群。ピリッと引き締まる。ヒョウ柄の服、ヒョウ柄のバッグほど毒々しくならないのも細いベルトの使いやすさ。ちらっとニットカーディガンの合間から見えるくらいの分量が丁度いい。

ヒョウ柄は面積が大きくなると、どうしても「イタい」感じがしてしまう取り扱い注意な柄。その点、ベルトであれば、細くて威圧感は最小限。遠くから見ると「ベージュとこげ茶の模様」でしかない。それを利用してコーデを引き締めつつ、「普通で終わらない」コーデを楽しもう。

■ベルトは流行があらわれるアイテム

チェーンベルト、チャンピオンのような太いベルト、etc……。

持っている古いベルトで歳がばれてしまうくらい(笑)、流行を如実に表してしまうのもベルトだ。クローゼットにかかっているベルトを「懐かしい」と感じたら、速攻で「おつかれさま」と声を掛けて処分しよう。

その点、細身の革とアニマル柄のベルトは、流行り廃りに関係なく長く使えるのがうれしい。


完全にアクセサリーとして使っている私のベルトたち。傷みが徐々に出てくるので、小まめに新しいものに買い変えるようにしている。

ほら、擦り切れたベルトをしている男性を見るとがっかりするでしょう?
女もしかり。いつも新品同様のベルトでいい女でいよう!

Share

霧香

都内在住の50代主婦。 「50代になっても洋服好き主婦のファッションブログ」を運営。 仕事着&プライベート服の着回し。毎日のコーディネートに真剣に楽しく頭を悩ませる日々。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article