Facebookあるある9選

Share

昔の同級生など以前交流のあった人とつながることができたり、通常なら知り得ない相手の日常を垣間見ることができたりと、いろいろ便利で楽しいFacebook。でも最近は、もはや「懐かしいサービス」となりつつある……? Facebookあるあるを集めました。

Facebookあるある9選

■「知り合いかも」通知が怖い

Facebook あるある

「知り合いかも」通知がくる度につながりたくない人かもしれないと怯える。

結果、知り合いではない場合がほとんどで、間違って友達リクエストしないよう慎重になってしまう。

■友達リクエストへの対応に困る

プロフィール写真がイラストや風景で顔を認識不能。

メッセージが付いてないのでどこで知り合った人かわからない。

友達の友達らしいが、会ったことがない人など。

友達リクエストの対応に困ることが多い。

■友達リクエストがなかなか承認されない

直接会ったことがある人に対して、きちんと丁寧なメッセージ付きで友達リクエストを送っても、なかなか返事がもらえないことがある。

その人がまだ見ていないだけかもしれないのに、「面倒くさい」とか「嫌われてるのかな」とか考えて凹む。

■気になるあの人は今?

片想いの人をこまめにチェックする。

共通の友達がいるせいなのか、たまに「知り合いかも」に表示されてビビる。

足跡機能って、Facebookにはないよね?

■気になる人ほど……

Facebook あるある

知り合った男の人のうち、気になる人ほどFacebookをやってない(涙)。

自分にとって関心のない人ほど情報発信が多くて、友達リクエストも盛んにくる現実が無念。

■SNSの谷間で

TwitterとInstagramの狭間で、影が薄くなっている印象。

最近はあまり見てもないし、アイコンは結婚式のときの写真のまま(笑)。

何年前のだ。

■同姓同名が多い

周囲にはちょっと見当たらない意外な名前でも、同姓同名の人が世間には案外多いことに驚かされる。

■どうでもいいお知らせ

「◯◯さんが〜さんへコメントしました」とか「◯◯さんが〜さんの写真にタグ付けされました」とか、とくに求めていない通知が多い。

■今の自分、輝けてないかも?

Facebook あるある

プロフィールに「人生が変わります」「キラキラした生活を」的なことを書いてる人が多い。

ネットワークビジネス系だな、胡散くさいな、と思いながらも、つい今の自分を顧みようとしてしまう。

Share

DRESS編集部

いろいろな顔を持つ女性たちへ。人の多面性を大切にするウェブメディア「DRESS」公式アカウントです。インタビューや対談を配信。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article