1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 占い
  3. 【星座占い】いて座と相性のいい星座は? 人間関係にどう影響するの?

【星座占い】いて座と相性のいい星座は? 人間関係にどう影響するの?

Share

いて(射手)座と相性の良い星座を紹介します。相性とは、あなたとあの人が一緒にいることで生まれる化学反応です。星座の組み合わせから、お互いの性質を知ることで、良い悪いだけでなく、人間関係における奥深さに触れられると思います。お互いにとって豊かな関係にするための秘訣を探っていきましょう。

【星座占い】いて座と相性のいい星座は? 人間関係にどう影響するの?

いて座の男性の特徴

とらえようのない魅力を持っていて、ユーモアに溢れた男性です。

冒険を好み、哲学や芸術、株式市場など、様々なテーマに広く興味を持ちます。頭の栄養がとても大切にするため、寝ることを忘れて何かに没頭することもよくあるでしょう。ゆえにあなたを退屈させることはまずないです。

しかし、あなたも自分の足で冒険をする力を身につけないと、一緒の時間を有意義なものにすることはできないでしょう。真正面から受け止めるだけでは、彼が何をおもしろがっているのか理解することは難しいです。

彼は世話を焼かれることをまったく望んでないのです。そんないて座の恋愛の最大の試練は、理想と現実とのギャップを理解することで、そして道標なるものは友情と信頼です。

いて座の女性の特徴

いて座の女性にとって、自由を妨げるものは許しがたく、制限や束縛をとことん嫌います。この世の仕組みを鋭い洞察と広い視野でとらえる能力に恵まれているため、人類の幸福と発展に深い関心を持つ方も多く、楽しいこと、おもしろいことを探し求め、ユーモアのセンスも冴えております。

とはいえ、繊細な気配りは苦手なところがあり、お世辞はあまりうまくないです。むしろ痛いところをズバズバ突いてくるでしょう。

しかし、決して意地悪でやっているわけではありません。偽りや矛盾はだいたい見抜かれます。そんな、いて座の女性は人生そのものに恋をします。人生は型にはめるものではなく、やりたいことをやるための舞台だと思ってます。

ですから、彼女を自分好みにしようとせず、自由を尊重し、彼女の話に耳を傾けることで、明るい光を照らしてくれます。

いて座とおひつじ座の相性

どちらもスケールの大きなドラマを好み、世界を思い通りに動かし、社会を変革できる可能性を秘めた相性です。ライバル意識が生まれることもありますが、おおらかな関係を保ちつつ、お互いのイマジネーションや才能を支え合うことができるでしょう。

おひつじ座の集中力は、器用貧乏になりがちないて座に目標を明確にし、全体像をとらえるのが得意ないて座は、自分の思い込みで突き進んでしまうおひつじ座に、他者への配慮や思いやりの大切さを教えます。

生活面が安定しにくい相性ですから、公平に雑事を分担する仕組みが大切です。相手に自分の後始末を期待しないように。

いて座とおうし座の相性

全く違う性質を持っているために惹かれ合う相性です。

おうし座は愛情深く、安心感や美しさや肉体的な快感を求めていきます。逆にいて座は、活発で知的好奇心旺盛で、変化を愛し、結果よりプロセスを楽しむところがあるのです。

焦点が定まりにくいところがあるいて座を、おうし座は落ち着かせることができ、いて座の広い視野は、新しいことを拒否しがちなおうし座に刺激を与えます。

しかし、お互いに歩み寄る姿勢が必要な相性です。お互いに、相手を変えようとせず、全く違う価値観を尊重し合えれば、とても有意義な関係になります。

いて座とふたご座の相性

情報に触れ、扱うこと自体を楽しむふたご座に対して、いて座は得た情報から直感的に全体を理解しようとします。

知性の働きは違うところがあるのですが、二人とも知的で好奇心が強く、柔軟性に富んだパートナーを求めますから、目的を共有できると充実した刺激的な時間を過ごせるでしょう。また、どちらも束縛されるのが苦手なので、お互いの自立を尊重できます。

しかし、どちらも日々の雑事を面倒に思うところがあり、相手に後始末を期待してます。一緒に冒険をしたいのなら、そうした甘えは禁物です。家事なども公平に分担できると良いでしょう。

いて座とかに座の相性

違いすぎる性質がために惹かれ合う相性です。

かに座は、いて座の世界を現実に根付かせ、具体的な成果に結びつける助けになり、いて座はかに座の視野を広げ、自信を与え、未来に対して楽観性を教えます。

しかし、かに座は想像力豊かで活発な反面、愛情と安心を求め、いて座は、一人の相手と愛を育むことはできるのですが、自立した自由がないと生きていけませんから、自由と束縛のせめぎ合いにならないように注意です。

かに座は独占欲を少し抑え、いて座は無神経にならないよう心がけましょう。お互いの生命力とエネルギーに満ちた一番良いところを引き出せる相性です。

いて座としし座の相性

どちらも人生に壮大なドラマと冒険を求めます。日常の家事や雑務を押し付けない限り、一緒に人生を謳歌することができる相性です。

しかし、お互いにのびのびと自由にできる環境が必要で、恋愛において自由と束縛は何かとテーマになるため、意識的な努力が必要な相性でもあります。

いて座はいちいち行動を詮索されたりするのは苦手で、信用してもらえないと別れることも視野に入れてきます。また、しし座は、プライドを傷つけられるのは耐えられません。少しでも相手に裏切られたと感じると、怒りを抑えることができなくなります。

お互いに、知らず知らずのうちに、無神経になってしまいがちなところがあるので、お互いの気持ちを考えることが大切です。

いて座とおとめ座の相性

どちらもコミュニケーションに長けていて、なんでも器用にできます。いろんな分野で、卓越した技術を身につけることができます。新しい概念や世界観を探求することができる相性なのですが、ぶつかる可能性が高いです。

おとめ座は繊細に気を配れる個人主義ですが、いて座は人生の大きな意味を追い求めることに夢中で外交的なため、感情的な摩擦が起きやすく、話し合いだけでは解決しにくいです。時には話さないことも大切です。

おとめ座はいて座の本能的な情熱を受け入れ、いて座は現実の世界で自分の義務を果たすことを学びましょう。コミュニケーション能力が高い二人ですから、自然と歩み寄ることができます。

いて座とてんびん座の相性

高い理想を追い求める相性です。

いて座は楽観的なので自己評価が低くなりがちなてんびん座にとって自信を持たせることができるでしょう。逆に、クールで論理的なてんびん座は、暴走しがちないて座を落ち着かせることができます。

しかしながら、いて座の無神経さは、公平な関係を大切にするてんびん座にとってはイライラすることもあります。また、完璧主義で時に厳しい判断をするてんびん座に、いて座はプライドが傷つくこともあります。

いて座の直感とてんびん座の論理がぶつかると摩擦が起きやすいですが、それは些細な行き違いでしかありません。考え方やコミュニケーションの違いを尊重できれば、刺激し合える楽しい関係になるでしょう。

いて座とさそり座の相性

お互いにドラマチックなことが大好きで、人生を徹底的に味わいたい性質があり、たとえ貯金がなくとも、光り輝く未来を夢見ることができるため、お互いに退屈するようなことはまずないでしょう。

しかし、さそり座の秘密主義なところや、相手を心理的に操ろうとするところが、いて座の単純な性質とぶつかりやすく、逆に、理念や概念ばかりを大切にするいて座に、さそり座は自分を軽く扱われているように感じ、激しい口論に発展することもあるでしょう。

時々お互いが自分自身を振り返ることを大切にできれば、この相性が本来持っている素晴らしい能力を引き出し合えるでしょう。

いて座といて座の相性

どちらも直感的で行動的で、自立しています。

お互いに壮大なビジョンを持っていますから、それを共有できれば大変エキサイティングな関係になるでしょう。一緒に旅をしたり、共通の関心を掘り下げていくのにも大変相性が良いです。

しかし、お互いの情熱を維持させるためには、適度な息継ぎのスペースが必要になりそうです。また、どちらも家事や雑事が苦手ですから、公平に分担することも必要になるでしょう。

お互いを束縛せず、自由に行動できれば、情熱が失われることはありません。それぞれが自分の可能性を追い求めていくことで、共に喜べる新たな発見を見出せるでしょう。

いて座とやぎ座の相性

絶えず冒険の対象を求めるいて座にとって、やぎ座の几帳面な性質は自制心や集中力、安心を与えてくれます。また、現実的な目標に向かって地道な努力を積み重ねることができるやぎ座にとって、いて座の自由な生き方は、世界観を広げてくれ、刺激的で気持ちを明るくしてくれます。

しかし、やぎ座の現実主義は、いて座の夢を壊してしまうこともあり、逆に、やぎ座にとっては、いて座は自分に甘く無責任に感じることもあり、責任について、分かっているくせに無視をしているように感じやすいです。

自分の価値観に固執しすぎてしまうと、そうしたところから摩擦が生まれてきます。いて座のビジョンと、やぎ座の現実主義を合わせることができれば、お互いの能力がダイナミックに開放されます。

いて座とみずがめ座の相性

どちらも活動的で自立し、自由の大切さを共有できるため、同じ理想を目指し、知的な関心を広げていくことができるでしょう。

いて座は直感的に真実を見極めますが、みずがめ座は論理的に結論をあぶり出していきますから、時には激しい口論になることがあっても、お互いに個人の違いを尊重できる心の広さを持っているので、二人の関係はいつまでも新鮮味があります。

また、いて座は自分に注目してほしいところがあるのに対して、みずがめ座は、相手の心の動きに無頓着なところがありますが、お互いを理解し受け入れることができるでしょう。感情に浸ることも少ないですし、二人だけの問題にこだわることなく、広い世界に目を向けていける相性です。

いて座とうお座の相性

どちらも人生の真髄を追い求める性質があり、高いポテンシャルを秘めた相性です。お互いに柔軟で心が広く、自分と違う意見にも耳を傾け、理解しようとします。

しかし、コミュニケーションには大きな違いがあり、うお座は遠回しにメッセージを伝えるところがあり、論理的な説明より、雰囲気を大切にします。逆にいて座は、思ったことを率直に伝えますから、相手が傷つくことであってもズバズバ言ってしまうこともあります。

また、自立と依存に対しても意識が必要です。どちらも束縛することはないのですが、うお座は感情的にいつも寄り添っていたいところがあり、いて座は寄りかかれると息苦しく感じます。お互いに求めているものを尊重し、歩み寄ることを大切にしましょう。

Share

ホロスコ

幼少の頃から宇宙の魅力に惹かれ、本当の本当を追求していたら西洋占星術に出会う。現在星読みを生業に生きてます。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article