1. DRESS [ドレス]トップ
  2. カルチャー/エンタメ
  3. ハマるのは映画の中だけに! 『凪待ち』ほか、ダメ男が魅力的すぎる邦画3選

ハマるのは映画の中だけに! 『凪待ち』ほか、ダメ男が魅力的すぎる邦画3選

Share

2019年6月28日(金)より、映画『凪待ち』が公開されます。主演の香取慎吾が演じるのは、ギャンブル依存症のダメ男・郁男。自らを「ろくでなし」と言う郁男ですが、心の奥底に秘めた温かさがあり、目が離せない魅力にあふれています。そんな『凪待ち』ほか、ダメなのについ惹かれてしまう男たちが登場する邦画3作をご紹介します。

ハマるのは映画の中だけに! 『凪待ち』ほか、ダメ男が魅力的すぎる邦画3選

わかっていてもつい惹かれてしまう。魅力的なダメ男たち

DRESS読者のみなさん、こんにちは!

突然ですが、皆さんの周囲にはいけないとわかっていつつも、ついつい惹かれてしまう……そんな抗えない危険な魅力に溢れた男性はいませんか?

本日はそんな魅力的なダメ男たちが登場する邦画3作をご紹介したます

まず1本目は、『凶悪』『孤狼の血』の白石和彌監督が、香取慎吾を主演に迎えた話題作。2019年6月28日(金)より全国公開となる『凪待ち』です。

魅力的すぎるダメ男1:『凪待ち』の木野本郁男(香取慎吾)

本作で香取慎吾が演じる郁男は、極度のギャンブル依存症の男

新しい暮らしが始まり、ギャンブルから足を洗おうと印刷会社で働き始めたのもつかの間、会社の同僚に誘われて競輪のレースに再び賭けるようになってしまいます。

そんなある日、口論の末に突き放した恋人の亜弓が殺害されてしまい、「自分のせいで亜弓は死んだ」という思いがくすぶり続ける郁男は、自暴自棄となり、転がるようにギャンブルにのめり込んでいってしまいます。

ですが、そんな彼の心の奥底にあるのは、秘めた優しさ。末期ガンである父を心配して故郷に戻った恋人の亜弓と一緒に石巻に戻り働き始めたり、亜弓の娘・美波を心配し理解しようとしたりする姿に、亜弓の父・勝美(吉澤健)もつい手を貸してしまうのでした。

ギャンブルに依存してしまう自分自身から抜け出そうともがき、苦しむ、郁男の切ない葛藤を見事に体現した、香取慎吾の新たな魅力は必見です!

『凪待ち』のストーリー

毎日をふらふらと過ごしていたギャンブル依存症の木野本郁男(香取慎吾)は、バツイチで子持ちの恋人・亜弓(西田尚美)とその娘・美波(垣松祐里)とともに、亜弓の故郷・石巻に戻る決意をする。

新しい暮らしが始まったある日、車内で亜弓と激しい口論になり、亜弓だけを車から降ろして立ち去った郁男は、その後、亜弓が何者かに殺害されてしまったことを知り……。

魅力的すぎるダメ男2:『彼女がその名を知らない鳥たち』の水島真(松坂桃李)

『彼女がその名を知らない鳥たち』のストーリー

15歳年上の同居人・陣治(阿部サダヲ)に養ってもらいながら、自分はまったく働かず、だらだらと日々を過ごしていた十和子(蒼井優)。

そんなある日、古い腕時計の修理を断られたデパートに苦情を入れた十和子の家に、代わりに新しい商品を持参した、デパートの売り場主任・水島(松坂桃李)が訪れる。

水島に、8年前に別れたかつての恋人・黒崎(竹野内豊)の面影を感じた十和子は、彼の虜となり不倫関係をスタートさせてしまい……。

子持ちの既婚者でありながら、十和子との不倫関係をスタートさせてしまうゲスな男・水島を演じたのは松坂桃李。

水島の前で思わず泣いてしまった十和子に、「すみません、なぜかこうするよりないような気がいたしまして」と、急にキスをしてくるあたり……ズルい! ズルすぎる!

十和子と不倫関係になってからは、誰かに見られるとまずいと言い訳しながらも、暗がりに導き「してくれる?」とズボンのチャックを下ろしたり……。その見事なまでのゲスっぷりは必見です

さらに、ベッドシーンでは「”あー”と言って」と十和子に声を出させたりと、その爽やかな変態ぶりも見逃せません。

監督が「(松坂桃李は)本当に誠実にこの薄っぺらい役に取り組んでくれました」と語るほどのその完璧なズルさゆえのセクシーさから、目が離せません。

魅力的すぎるダメ男3:『オーバー・フェンス』の白岩義男(オダギリジョー)

『オーバー・フェンス』のストーリー

妻(優香)との夫婦生活が破綻し、故郷の函館に戻ってきたバツイチの白岩(オダギリジョー)。

実家には寄り付かず、職業訓練校に通う彼は、ある日、聡(さとし)という名前のホステス(蒼井優)と出会う。

「名前で苦労したけど親のこと悪く言わないで、頭悪いだけだから」という聡の自由奔放だが危うい魅力に、白岩は急速に惹かれていくが……。

一見優しく見えるが、実はあまり他人と深く関わる気がなく、別れた妻からも「私のこといらないと思っていたでしょ」と言われてしまうような主人公・白岩役は、魅力的なダメ男を演じたら右に出るものはいないオダギリジョーが演じます。

離婚の原因も「え、この奥さんがそんなことに……?」と思わずにはいられない内容で、白岩という男が、女性を狂わせてしまう男性だということがよくわかります。

本作のヒロイン・聡からも「そんな目で見ないで」と言われるシーンがありますが、オダギリジョー本人も、女性から同じことをよく言われていたそう

白岩からは、女心を狂わせる男性特有の、どうしようもないほどに魅力的な色気が溢れています。

映画の中で、魅力的に輝くダメ男たち……。

行動が伴わないのに、恋人を幸せにしようという気持ちだけは感じさせてくれたり、妻子がいるのに甘い言葉を囁いてきたり、深く関わるつもりはないくせに表面的には優しかったり……。

矛盾だらけの行動が、逆に物語にスパイスを与えてくれる。そんな彼らですが、くれぐれも夢中になるのは映画の中だけに!
実際に周囲にいたら大変なダメ男の魅力は、映画の中だけでこっそりとご堪能ください。

作品情報

『凪待ち』【PG12】
6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開
監督:白石和彌『凶悪』『孤狼の血』
出演: 香取慎吾、西田尚美、リリー・フランキー
配給:キノフィルムズ
上映時間:124分
公式サイト: http://nagimachi.com/
©2018「凪待ち」フィルムパートナーズ

『彼女がその名を知らない鳥たち』【R15】
Blu-ray&DVD好評発売中
監督:白石和彌『凶悪』『日本で一番悪い奴ら』
原作:沼田まほかる「彼女がその名を知らない鳥たち」(幻冬舎文庫)
出演: 蒼井優、阿部サダヲ、松坂桃李、竹野内豊
配給:クロックワークス
上映時間:123分
公式サイト: http://kanotori.com/
©2017映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会

『オーバー・フェンス』
Blu-ray&DVD好評発売中
監督:山下敦弘『リンダ リンダ リンダ』『天然コケッコー』
原作:佐藤泰志『海炭市叙景』『そこのみにて光輝く』
出演:オダギリジョー、蒼井優、松田翔太、北村有起哉、満島真之介、優香
上映時間:112分
公式サイト:http://overfence-movie.jp
©2016「オーバー・フェンス」製作委員会

Share

古川 ケイ

映画ライター。新作映画情報サイト「木曜日のシネマ」運営。 大学卒業後、インディペンデント系映画配給会社に入社し、映画業界誌の編集・ライター業務に従事したのち、宣伝部にて洋・邦映画作品の宣伝を手がける。その後テーマパーク運営...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article