1. DRESS [ドレス]トップ
  2. トラベル
  3. ふらり週末女子旅に、三重県志摩市がおすすめな理由

ふらり週末女子旅に、三重県志摩市がおすすめな理由

Share

ふらっと国内旅行に行きたくなったら三重県にある志摩市がおすすめ。青緑の海、緑の島と入り組んだリアス式海岸は、ジブリの世界に出てくるような見たことのない景色。英虞湾を擁する三重県は伊勢海老や鮑に牡蠣などの魚介をはじめ、松阪牛等食材がとにかく豊富。1泊2日から気軽に出かけられる国内旅行で、日本の良さを再発見してみては。

ふらり週末女子旅に、三重県志摩市がおすすめな理由

■スタジオジブリの映画に出てきそうな世界

大型連休の熱も落ち着いた頃、伊勢志摩国立公園に行ってきました。こちらの国立公園は、三重県の伊勢市、鳥羽市、志摩市、南伊勢町にわたっておよそ6万haの広大な面積を占め、伊勢神宮やG7伊勢志摩サミット2016の開催地として知られる賢島などが含まれています。

とても自然豊かな場所で英虞湾や賢島、横山展望台などは、ミシュラングリーンガイドジャポンにも掲載されているエリア。今回は、宿泊した志摩市を中心にご紹介します。

志摩市でおすすめしたいのが、横山展望台です。深い青緑の海、入り組んだリアス式海岸と緑の島が連なる様子を上から眺めることができ、その眺望はスタジオジブリの世界に出てくるような独特の風景で、いつまでも眺めていたくなる、そんな場所でした。

この日はお天気も素晴らしく、吸い込まれてしまいそうな空と景色を贅沢に堪能。私たちは横山展望台までしか行きませんでしたが、実はさらに上には見晴展望台やパノラマ展望台というのもあって、より遠くまで見渡せるそうです。私の腕では、絶景さが写真には映りきらなかったので、気になる方はぜひ検索してみてください。

横山展望台には、コーヒーショップや屋根がついた休憩スペースがあり、陽射しが強い日でも心地よく楽しめます。

大型GW直後でほぼ貸切状態。連休中は大混雑していたそう

展望台の周りには、ハイキングコースや菖蒲園もあって、ちょうど今は菖蒲の季節(5月下旬〜6月中旬)です。約1万5000株の花が咲き誇り、展望台に菖蒲園、ハイキングと1日楽しめます。

賢島まで東京からは約4時間かかりますが、名古屋からは約2時間、大阪からは約2時間半ほどで行けます。自然に触れたくなったとき、気軽な週末旅として行くのもおすすめです。

■国立公園内にある都リゾート 志摩 ベイサイドテラスへ

今回のお宿は、伊勢志摩国立公園内の特別地域内(※)にある「都リゾート 志摩 ベイサイドテラス」。お部屋は英虞湾が見えるオーシャンウィング。

心地よい風が抜け、英虞湾に真珠筏が浮かぶ姿は、日本の古き良き美しさを感じました。日本の夕陽百選にも選ばれているという夕陽も楽しみにしていましたが、この日は残念ながら雲に阻まれ夕陽は見えませんでした。水面に映る太陽の光が印象的でした。

英虞湾に面するホテルでは、お部屋やロビーのテラスはもちろんフレンチレストラン「アッシュ・ドール」からも幻想的なマジックアワーを楽しむことができました。カジュアルに楽しめるこちらのホテルは、女友達と自然を楽しむ旅行や家族連れにおすすめです。

鮮やかな夕焼け

■星のソムリエによる星空観測・写真教室

毎週木曜は星のソムリエ、宮本 秀明氏による星空観測会と写真教室が行われているそうです(宿泊者は無料)。今回は週末旅だったので、参加できずに残念。

ホテルのスタッフさんによると、これからの季節は肉眼でも下の写真に写っているような天の川が観られるそうです。満天の星空というと石垣島やハワイといったイメージがありますが、数時間電車に揺られるだけでこんな素敵な星空を楽しめるなんてうれしい。しかも、星空観測だけでなく、写真教室もあるのがカメラ好きにはありがたいですよね。

こういったその土地ならではのアクティビティを楽しめるのが旅の醍醐味。

星空観測会
開催日:毎週木曜日
開催日:6月27日(木)
    7月4日(木)・ 11日(木)・ 18日(木)・ 25日(木)
    8月1日(木)・ 8日(木)・ 15日(木)・ 22日(木)・ 29日(木)
時 間:20:30~21:30
   (受付・予約は特に必要なく、時間内であれば参加可能とのことですが、詳しくはホテルへ) 
会 場:オーシャンウィング 3階 物見塔
費 用:参加無料

ホテルから海辺にも近いので、緑とプールと水辺を楽しみつつ散歩する楽しみも。プライベートクルーズやシーカヤック体験、サイクリングにテニスなどのアクティビティもホテルに用意されていて、存分に楽しめます。

■三重県ならではの食材が満載のディナー

旅といえば、その土地ならではの食事も楽しみのひとつ。ホテルの食事にも、三重県ならではの食材がたっぷり使われていました。

英虞湾でとれた黒あわびのリゾットは、添えられている滋味深い鰹節がきいています。松阪牛のサーロインステーキは、最近人気の低温調理が施されていて、力を入れなくても肉が切れ、口の中で溶けるような舌触りはちょっと驚き。

他にもコース料理には、伊勢海老や伊勢真鯛など志摩ならではの食材がふんだんに使われていました。

黒あわびのリゾットに乗っているのは、昔ながらの製法で作られる「かつおの天ぱく」さんのいぶしがつお「波切節」だそう。この鰹節がなんとも味わい深かったです(Brillanteコースのメニュー)

松阪牛のサーロインステーキはとろける舌触り

伊勢志摩国立公園の自然を満喫した女子旅。ホテルから伊勢神宮へのシャトルバスも出ているので、令和初参拝の際に足を伸ばして自然に触れてみてはいかがでしょうか。

都リゾート志摩 ベイサイドテラス

https://www.miyakohotels.ne.jp/bayside-terrace/index.html

〒517-0501 三重県志摩市阿児町鵜方3618-33 TEL: 0599-43-7211

※風景の重要性に応じて、農林漁業活動などの規制の厳しい第1種から比較的緩い第3種までの3段階に区分されているそうです。

Share

吉田 けえな

ファッションコーディネイター、クリエイティブアドバイザー。静岡出身。フリーランスとしてファッション、美容関連の様々なプロジェクトに従事。2年間のNY生活を経て、一時日本に帰国中。持ち前の好奇心の強さとフットワークの良さが高じ...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article