1. DRESS [ドレス]トップ
  2. カルチャー/エンタメ
  3. 『シンクロ ニシティ ‐宮津大輔コレクション×笠間日動美術館 響き合う近・現代美術 ‐』展のオープニングイベント開催

『シンクロ ニシティ ‐宮津大輔コレクション×笠間日動美術館 響き合う近・現代美術 ‐』展のオープニングイベント開催

Share

DRESS協賛の『シンクロ ニシティ ‐宮津大輔コレクション×笠間日動美術館 響き合う近・現代美術 ‐』展のオープニング・イベントが3月23日に開かれました。

『シンクロ ニシティ ‐宮津大輔コレクション×笠間日動美術館 響き合う近・現代美術 ‐』展のオープニングイベント開催

イベントでは、コレクターの宮津さんと笠間日動美術館の副館長・長谷川智恵子さんの案内で一部の作品についてツアーしながら解説、さらには館長の長谷川徳七さんも登場して、今回展示作品の魅力を語ってくださいました。

コレクター・宮津大輔さんが「難しく考えずに美術に対する先入観や既成概念を捨てて素直に見てほしい」と挨拶。

本展は、宮津さんが25年間かけて、蒐集した現代アート作品から選りすぐった35点を、笠間日動美術館所蔵の近代名画とペアにして展示するという新たな試みとなっています。

イベントでは、コレクターの宮津さんと笠間日動美術館の副館長・長谷川智恵子さんの案内で一部の作品についてツアーしながら解説、さらには館長の長谷川徳七さんも登場して、今回展示作品の魅力を語ってくれました。

長谷川館長が自ら愛するスーラのデッサンの魅力を熱く解説。

宮津さんの案内と解説で、アルベルト・ジャコメッティ『ディエゴの胸像』とジョンペット・クスウィダナント『ロングマーチ・ジャワ』、マルク・シャガール『村の通り』とカンボジアの作家リム・ソクチャンリナ『国道5号線』、アンリ・マティス『窓辺に座る女』とオラファー・エリアソンのインスタレーション『大輔のためのウインドウ・プロジェクション』、エドガー・ドゥガ『美しき女』とタワン・ワトゥヤ『Beautiful creatures』、ウォーホルの2作品、セレブリティポートレート(副館長の肖像画)とブリロのデッサン、マックス・エルンスト『夢創りの達人』とMiND X『コンフォートゾーン』、ジョルジュ・スーラ『踊る道化』とエリザベス・ペイトン『ジョン・ライドン、ラファイエット』、岸田劉生『村娘之図』と奈良美智『無題』、アーティストの分身の青りんごを描いたルネ・マグリット『ビュー・ニューヨーク』と草間彌生の『南瓜』と10組のペアリングをご紹介頂きました。

宮津さんの解説にとどまらず、副館長がシャガールに会った話、ウォーホルのモデルになった話や館長が最愛のスーラのデッサンを断れずにワシントン・ナショナルギャラリーに貸し出したところ買いたいと言われて慌てた話、さらには、現場にいた作家のタワン・ワトゥヤさんやMiNDXのプロデューサーにコメントを求めたりと、アクティブなオープニング・イベントとなりました。

長谷川副館長がアンディ・ウォーホルのモデルになった裏話を披露。

今回のペアリングは、ルネ・マグリッドの青りんごと草間彌生の南瓜のように視覚的な共通点に着目した組み合わせであったり、アンリ・マティスとオラファー/エリアソンの作品のように、異世界への扉を象徴する「窓」に着目した組み合わせがあったりと、ペアリングのあやを楽しみながら鑑賞すると新たな発見があるにちがいありません。

根っからのコレクターである宮津さんが選んだ珠玉のペアリングを「美術に関する先入観や既成概念を捨てて」笠間日動美術館へ行って堪能してみませんか。

DRESS会員にはチケットプレゼントもございます。

■展覧会概要

■展覧会名 シンクロニシティ‐宮津大輔コレクション×笠間日動美術館 響き合う近・現代美術‐

■会 期 2019年3月23 日(土)- 5月19日(日)

■会 場 笠間日動美術館 企画展示館 茨城県笠間市笠間978-4

■開館時間 午前9時30 分より午後5時(入館受付は午後4時30分まで) 休館日 毎週月曜日 (但し4月29 日、5月6日は開館、5月7日は休館)

■入 館 料 大人 1000 円、65歳以上 800円、大学・高校生 700円、中・小生 500円

■主催 公益財団法人 日動美術財団 笠間日動美術館

■特別協賛 野村ホールディングス株式会社 株式会社DRESS

■お問合せ先:TEL:0296-72-2160
※会期中に作品保存などの理由より、展示替えする場合があります。また、メディア・アートにつきましては、機材や記録媒体などの都合より鑑賞いただけない場合があります。

日本初公開となるMiNDXのインスタレーション『コンフォートゾーン』

■交通案内

【J R 利 用】
・常磐線友部駅北口(9:55/10:50/11:50発)より「かさま観光周遊バス」(100円)、または市内循環バスで約15分。
「日動美術館入口」下車徒歩1分

・水戸線笠間駅より徒歩約25分(日動美術館・春風萬里荘共、但し方向は逆)、「かさま観光周遊バス」またはレンタサイクルの利用が便利です。

【自動車利用]】
・常磐道友部JCT経由、北関東道友部ICより国道355号線経由約6キロ

・東北道栃木都賀JCT経由、北関東道笠間西ICより国道50号線経由約8キロ

■宮津大輔さんプロフィール

1963年東京都出身。アートコレクター、横浜美術大学教授、京都造形芸術大学客員教授。1994年以来、企業に勤めながら収集したコレクションや、アーティストと共同で建設した自宅が国内外で広く紹介される。文化庁「現代美術の海外発信に関する検討会」委員、「Asian Art Award 2017」審査員等を歴任。著書に『現代アート経済学』(光文社新書)、『現代アートを買おう!』(集英社新書/中国・金城出版/台湾・Uni Books/韓国・Art Books)、『アート×テクノロジーの時代』(光文社新書)などがある。

Share

DRESS編集部

いろいろな顔を持つ女性たちへ。人の多面性を大切にするウェブメディア「DRESS」公式アカウントです。インタビューや対談を配信。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article