1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 恋愛/結婚/離婚
  3. 「対応が神」「とにかく顔が好き!」 パートナーの好きなところを発表し合う会に潜入したら、幸せすぎる空間が広がっていた

「対応が神」「とにかく顔が好き!」 パートナーの好きなところを発表し合う会に潜入したら、幸せすぎる空間が広がっていた

Share

最近、のろけてますか? 女友達と集まるとついパートナーの愚痴を言ってしまったり、「これを言ったら自慢と思われる?」と人目を気にしてしまったり。思いっきりのろけられる場所って、実はあまりないのかもしれません。今回「パートナーの好きなところTOP3を発表しあう会」なるものがあるという情報を聞きつけ、取材してきました。

「対応が神」「とにかく顔が好き!」 パートナーの好きなところを発表し合う会に潜入したら、幸せすぎる空間が広がっていた

たまにはパートナーのことを思いっきりのろけたい! と思うことはありませんか?
今回「パートナーの好きなところTOP3を発表しあう会」なるものがあるという情報を聞きつけ、取材してきました。

■会のルールは「とにかく思いっきりのろけましょう!」

「パートナーの好きなところTOP3を発表しあう会」を主催するのは、パートナーのことを大切にしたい人たちが集まるオンラインコミュニティ「スキ活サロン」。

2018年に都内のIT企業で働くあつたゆかさんが立ち上げ、2019年1月現在28名のメンバーがいます。

都内某所のマンションの一室に、メンバーが続々と集まります。

この日の参加者は7名。
普段はFacebookグループ上で活動しているため、このイベントで初めて顔を合わせる方も多いそうです。

自己紹介もほどほどに、乾杯をしたら早速メインイベントへ。あつたさんから会のルールが説明されます。

参加メンバーがひとりずつ、パートナーの好きなところをプレゼンしていくスタイルで会が進行するそうです。

一体どんなのろけが飛び出すのか……⁉️
ドキドキしてきました。

■20代学生「料理してるときに後ろからぎゅっと……に胸きゅん」

プレゼンのトップバッターは、大学生のあやかさん。
みなさん、きちんと発表資料を用意しているとのこと。気合いが伝わってきます。

スライドショーのトップは彼とのツーショットです。

全員「この写真、良い! めちゃめちゃかわいい!」

ふたりは同じゼミに所属していて、たまたまゼミの課題を一緒にやることになったのが、お付き合いのきっかけだそう。

あやか「最近胸きゅんした瞬間を発表しますね。この前私が家で料理してるときに、『もう少し時間かかるから座って待っててね』って言ったら、『じゃあこうしてる』って後ろからぎゅっと……

全員「わー、かわいい!!」

あやか「もう、超かわいくって!!」

全員「良い! 素敵!」

あやか「あとは、道を歩いてるときに手をちょんちょんと触ってきたり、腕にしがみついてきたり、手をさりげなく繋いでくれたり……そんなところにいつも胸きゅんしています」

夜遅くまで就活の面接練習に付き合ってくれたり、嫌なことがあったら1時間半かけて会いに来てくれたりと、とにかく彼からの愛情と思いやりを日々感じているというあやかさん。

彼の好きなところを笑顔で語り続けるあやかさんと、それを笑顔で聞いている他のメンバー。ものすごく癒される空間です。
そんな彼女にも、不安なことがあるそうで……。

あやか「結婚しても腕組んだり手繋いだりしてますか? 結婚したらそういうのなくなっちゃうのかなって不安で……」

全員「繋ぐよ!!」

あつた「私は社内婚なんですけど、家から会社に着くまでずっと手繋いでますよ」

さすがパートナーが大好きな人が集うコミュニティだけあり、結婚してもみんな仲良しです。

■20代既婚「かっこよくて仕事も料理もできて、優しくて……最高の夫です!!」

お次のプレゼンターは、主催者のあつたさん。

あつた「好きなところTOP3のはずでしたが、選びきれなかったので好きなところTOP10です!」

全員「10個!(笑)」

あつた「顔がとにかくタイプで、もうずっと見てられる。本当にかわいい。寝転んでてもかわいいんですよ……最高ですよね」

あつた「かわいいだけじゃないんです。めちゃめちゃ仕事ができて、毎年MVP表彰されているんです。このメガネ姿もかっこいい……」

あつた「エンジニアだけどテニスも上手で、実業団でテニスをやっています。なんか写真集みたいになっちゃってすみません……すべてがかっこいいです」

あつた「それだけではありません。料理好きなのでいつもおいしいごはんを作ってくれます。天才じゃないですか!?」

あつた「さらに、生理のときの対応が神なんです。早く退社して生理痛に効く料理を作ってくれたり、深夜に薬局に薬を買いに行ってくれたり……」

あつた「生理のときだけじゃなくて、全体的に対応が神です。『傘忘れちゃった』ってLINEしたら駅まで傘を持って迎えに来てくれたり、『仕事疲れたなー』って言うとこっそりシュークリームを買って冷蔵庫に入れておいてくれたり……めっちゃかっこよくないですか!? なんでもできるし優しいし、もう本当に最高の夫だなって思います!」

みなさん本当に幸せそうに話すので、聞いているほうも嬉しくなります

ここからもプレゼンは続きます。
人ののろけを聞くのって、こんなに楽しいんですね……!

■「いい匂いがする」「笑い方が好き」「人に期待しない」どんどんのろけが飛び出します

2017年に結婚式を挙げたという新婚のさくらさん。

さくら「夫の呼び方は色々あって、『ひろし』『ひろくん』『ぴろし』『ぴっぴ』とか」

全員「ぴっぴ!(笑)」

さくら「これがご尊顔なんですけど……」

全員「ご尊顔!(笑)」

さくら「好きなところはお互いを尊重するマインドを持っていることと、絶対悪口を言わないことと、あといい匂いがするんですよね……」

全員「いい匂い、わかる!」

さくら「帰ってきたら充電するみたいに、首のあたりの匂いを嗅いでます」

ツッコミも入りつつ、終始温かく和やかです。

この会の前週に結婚式を挙げたばかりのゆいさん。

ゆい「夫の好きなところは、とにかく気持ちを素直に表現してくれるところです。付き合った当初から、真顔で『かわいすぎてどうしよう』とか(笑)」

全員「素敵ー‼️」

ゆい「彼と出会ってから、私も『こういうところが好きだよ』と気持ちを素直に伝えられるようになりましたね。それまではなかなか素直になれないタイプだったので、すごく感謝しています」

パートナーもご自身も理系だというみずほさん。
お互い、「生産性」「コスパ」には並々ならぬこだわりがあるそうです。

手書きのプレゼン資料。愛が詰まっています!

みずほ「夫は、人に期待しないところがいいんですよね。他人に期待しないからこその寛容さがあって、『なんでこれやってないの?』とか言われないのがすごくいいです」

あつた「素敵……!」

今お付き合いしている人が初めての彼だという、さきこさん。

さきこ「彼の笑い方がすっごく好きなんですよね。電車で一緒に出かけるときとか、意味なくずーっと見ちゃいます。別に話さなくていいんです、見るだけで良くて」

全員「わかる!」

さきこ「あとは、会話している途中に『どうしてそう思ったの?』『本当は○○が嫌だったんじゃない?』と私でも気づいていない深層心理をうまく引き出してくれるので、仕事から帰ったあとに一緒に話すのがすごく楽しみです」

あつた「話してて楽しいって、すごくいいですよね」

同じ会社に勤める先輩と結婚した、さらさん。

さら「遊びに行った帰りは、いつも駅まで迎えに来てくれるんです。あとは、一緒に旅行したときに私の写真ばかり撮っていたりと、一つひとつの行動にすごく愛を感じます」

20時からスタートした会も、あっという間に22時。
お開きの時間が近づいてきました。

とにかく幸せな空気溢れる空間で、「話し足りない」「もっと聞きたい!」という声が多数上がるほどの盛り上がりを見せたこの会。

好きな人について思いっきり自慢できるこんな場所がたくさんあれば、パートナーをもっと大切にできる人も増えそうです。

パートナーのことを人に話すとき、つい「全然かっこよくなくて……」などと謙遜してしまいがちですが、たまには「すごく素敵な人なんです!」と言ってみてもいいのかもしれません。

なお、スキ活サロンは2019年1月から第2期メンバーを募集しているとのこと!


「パートナーのことが大好きな人たちが集う」というありそうでなかったこのコミュニティですが、一体どんなきっかけで始まったのでしょうか。そして、これからの展望は?

後編では、代表のあつたさんの思いを取材します。

▶︎後編 “パートナーを大切にするスキル”はもっと世の中から評価されていい スキ活サロン主催・あつたゆかさんインタビュー

Text/べっくやちひろ

Share

DRESS編集部

いろいろな顔を持つ女性たちへ。人の多面性を大切にするウェブメディア「DRESS」公式アカウントです。インタビューや対談を配信。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article