1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 性と愛
  3. 音楽と性は強い結びつきがある 女性の性を解放する6曲

音楽と性は強い結びつきがある 女性の性を解放する6曲

Share

私たちの生活にとって、もっとも身近な文化のひとつが音楽。今回は「性欲と情熱」特集にあわせて、性に関する楽曲を提供しているバンドやアーティストが好きな姫野桂さんに、“性を自由にしてくれる曲”を紹介していただきました。

音楽と性は強い結びつきがある 女性の性を解放する6曲

人間の三大欲求のひとつである性。「食べたい」「眠い」は気軽に言える風潮にありますが「セックスがしたい」という言葉は、人や場所を選びます。

性欲があることはおかしなことでも恥ずかしいことでもなく、むしろ正常です。しかし、扱いを一歩間違うとトラブルを招く可能性もあり、毒にも薬にもなる欲望。

そんな表裏一体の欲を表現した音楽が筆者は大好き。今回は完全に独断で、女性の性を解放してくれる楽曲を6曲ご紹介いたします。

■『Hのすゝめ』ミオヤマザキ

男にとっては耳が痛い歌詞を詰め込んでいる楽曲の多いミオヤマザキ。

「Hのすゝめ」は、ストレートに「とりあえずエッチをしよう」と歌いつつも「女の子を大切にしろ!」「黙ってコンドームをつけろ!」など、刺激的な歌詞が踊ります。

セックスはしたいけど後悔はしたくない、それでいて大事にされなきゃ嫌だ。そんな欲張りな女性の願い、聞いてくれますか? 果たしてこれは欲張りなのかも危ういところ。

安心感、一時限りであったとしても愛情、そして快楽。これがワンセットになったセックスが、多くの女性が求めるセックスと言えそうです。

■『愛のあるセックスがしたいんだよ』さめざめ

スポーツ感覚のセックスは、相手さえ見つかれば実行はわりと簡単です。

そうじゃない、愛のあるセックスを求める楽曲『愛のあるセックスをしたいんだよ』。

自分は彼のことが好きなのに、彼はそうじゃない、彼の気持ちがわからない。だからセックスにも不安が残る。終わった後も優しくしてほしい。「帰るまでが遠足です」なんて小学生の頃は言われましたが、それと同じよう、「後戯までがセックスです」。

そんな思いが痛いほど伝わってくる一曲です。

『愛のあるセックスがしたいんだよ』の歌詞はこちらから

■『コンドームをつけないこの勇気を愛してよ』さめざめ

さめざめからもう一曲。

衝撃的過ぎるタイトル『コンドームをつけないこの勇気を愛してよ』。

この曲はコンドームを付けないセックスを推奨しているわけではありません。「女の子はティッシュでもトイレでもない あたしはあたしなんです」と、女性の自我を歌っている曲です。

女性だって自発的に好きな人とセックスをしてもいい、そう背中を押してくれる曲だと感じられます。

『コンドームをつけないこの勇気を愛してよ』の歌詞はこちらから

■『恋をしに行く』アーバンギャルド

文豪・坂口安吾の短編小説『恋をしに行く』と同タイトルのアーバンギャルドの『恋をしに行く』。

坂口安吾の『恋をしに行く』は恋することへの葛藤を通じて、男女の恋愛観の差異を描いた作品です。恋に肉体は関係なく、精神のみを恋愛と考える主人公・谷村は「信子」に告白しようしますが、信子はヤリマンと噂される女性でなかなか思いを打ち明けられない――といった物語。

アーバンギャルドの『恋をしに行く』には、「恋をしに行く 行為をしにいく」という歌詞があり、「恋」と「行為」(セックス)をかけていることが聴き取れます。

坂口安吾の『恋をしに行く』をもとにこの曲が書かれていると仮定すると、この曲の主人公は信子でしょうか。歌詞の中の女性は、恋とセックスを重ねつつも、どこかで痛みを感じています。


坂口氏の作品内で主人公・谷村は「音楽は肉欲的だから好まない」と言っています。

坂口氏の『恋をしに行く』を読んだ上でアーバンギャルドの『恋をしに行く』を聴くと、男女における性愛の価値観の違いを感じ取れそうです。

『恋をしに行く』の歌詞はこちらから

■『軽薄ナヒト』umbrella

ヴィジュアル系バンド、umbrellaの楽曲『軽薄ナヒト』。

男性目線の歌詞ですが、とにかく一つひとつの言葉選びにエロスを感じます。

また、軽やかで聴きやすいメロディラインも耳に残り、何度聴いても飽きがきません。

歌詞に合わせ、ミュージックビデオでは、ひとりの男性を魅了するふたりの女性とその男性の葛藤がドラマ仕立てに描かれています。

男の気を引くためのセックスや、理由付けをしないといけないセックスを振り切って、本当に自分の欲望に忠実なセックスをできる人(いわゆる明るいヤリマン)は、実は一握りしかいないのではないかと、個人的に思うことがあります。

■『PLUTO』ギャロ

ラストにご紹介するのは、ヴィジュアル系バンド、ギャロの『PLUTO』。

歌詞の中には「絶頂(アクメ)の夜に悪魔が踊る」「性具の行進曲(おもちゃのマーチ)」などの当て字が多く、ヴィジュアル系ならではの表現がちりばめられています。

エロティックとサディスティックさが絶妙にマッチした、ねっとりとした妖艶な一曲。

歌詞を読みながら聴いていると、その淫靡な世界観に引き込まれるはず。

ギャロには他にも、怠惰・好色を司る悪魔とされる「ベルフェゴール」を連想させる『淫魔−BELPHEGOR−』という曲があり、こちらも最高のエロスを届けてくれます。

筆者の好みの曲だけを集めた、完全に偏った選曲になりましたが、気になった曲はありましたか? どのアーティストも現在活動中なので、今ならライブにだって行けます。

音楽は生き物。「いつかライブに行こう」と思っているうちに、突然活動休止や解散をして、リアルの音を聴けなくなってしまいます。チェックするなら今のうち!

性的なことに罪悪感を持っていたり、「普通とは何なのか」に悩んでいたりする女性も、これらの音楽に触れれば、今とは違った視点を持てるようになるかもしれません。

Text/姫野桂(@himeno_kei

11月特集「性欲と情熱」

Share

姫野 桂

フリーライター。1987年生まれ。宮崎市出身。日本女子大学文学部日本文学科卒。大学時代は出版社でアルバイトをし、編集業務を学ぶ。卒業後は一般企業に就職。25歳のときにライターに転身。現在は週刊誌やWebなどで執筆中。専門は性...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article