1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ファッション
  3. 小物使いが大人っぽい。ファーアイテムの粋な取り入れ方

小物使いが大人っぽい。ファーアイテムの粋な取り入れ方

Share

冬になるとファーの手触りが恋しくなる。そのふわふわの手触りと暖かさは女性にとって特別な意味を持つ。大げさにならず、気軽に取り入れるために、小物として使うのが私のやり方。

小物使いが大人っぽい。ファーアイテムの粋な取り入れ方

■ファーは小物で取り入れる

ファーという素材は、女にとって魅惑的なもの。

でも、取り扱いを間違うと、あっという間に清潔感を失う危険性をもはらんでいる。

私にとってファーとは、「取り扱い注意な危険物」という認識だ。

日々の通勤や仕事、家事、女友達や家族との食事など、いろいろなシーンがごちゃ混ぜの私の毎日。

そんなシーンに合わせて、着る服に合わせて、手軽にコーデに組み入れることができるように……と、ファーは極力小物で揃えるようにしている。

1.ファー付きのショートブーツはかなり糖度高めのアイテム。フレアスカートと合わせたり、とことん女らしいコーデを作りこむときに便利。

2.最も手軽なところではファーのマフラー。革のジャケットにもウールのコートにも合う。ベージュが優しげな雰囲気になるのでお気に入り。

3.緑のぬいぐるみのようなファーバッグは、持っているだけで癒される一品。膝の上に置いておくだけで暖かく、防寒グッズになる。ビビッドで綺麗な色のものの方が、逆に威圧感が出ないため、使いやすい。

4.あまり頻繁にはめることはないが(笑)、持っているだけで女性らしさが瞬時にアップするファー付きの手袋も長年愛用。グローブホルダーをバッグにつけておくと、不思議となくさない。

5.写真の手袋の間にあるのは、ファーのピアス。キャッチがパールになっている。少しこっ恥ずかしいくらい、「カワイイ」アイテムだが、レストランで食事するときなど、手っ取り早く顔周りが女らしくなるので愛用している。

6.家族から「くまもん」とあだ名が付けられた、黒のファー素材がびっしりついた黒いバッグも便利。平坦になりがちな冬の黒いコーデの際に柔らかさを出せる。

■ファーの小物を使ったコーデ

このチョコレート色の革のジャケットはファーの襟が取り外し可能。
ファーを外せば秋口から春先まで着られる。

ファーを付けると途端にゴージャスさがアップするジャケットだが、
ヒョウ柄のジャガード織のスカートと合わせてとことんマダム気分の日のコーデ。

ここで注意。

足元に透けるストッキングやハイヒールを合わせない。

わざとゴツメのエンジニアブーツとタイツを合わせてバランスを取る。
こうして、ファーを使った日、どこか1カ所はカジュアルダウンの部分を作るようにしている。

それは、女度がこってりと高くなるのを防ぐためだ。

このバランス調整が、ファーを身に着ける際に一番気をつけているポイント。

デニムにざっくりニット、というカジュアルコーデの日のファーの取り入れ方。

バッグと革の手袋に同じ黒のファーがついたものでリンクさせる。

カジュアルすぎてやや子どもっぽいコーデかな? と思う日も、ちょっと小物にファーが入るだけで、あっという間に女らしくクラス感がプラスできる。

そういった足し算引き算が簡単なので、ファーの小物はとても便利だ。

■ファーのアイテムは慎重に選ぼう

ファーのアイテムに関しては、今まで数々の失敗を経験してきた。

真っ白いファーのコート(今振り返ると、怪しげだった)や、取り外せないファーが袖にも首周りにもてんこ盛りについているニット(プードルと呼ばれた)など。

今思うと、顔から火が出るほど恥ずかしい――そんな出で立ちだったと思う。
数々の失敗を経て、「ファーは小物で取り入れる」という方法が定着した。

ファーの面積は、コーデの「こってり濃い女度」をコントロールする。

自分の持つ女度、その場の雰囲気に合わせて自由に添加もしくは除去可能なファー小物こそ失敗なく、ファーを最も楽しめる方法だと思っている。

ファーをどこかに身に着けた瞬間、やっぱり女の気持ちは不思議と高揚するもの。
その劇薬のような高い効果を上手く利用して、暖かく気分の上がるおしゃれをこの冬も楽しもう!

Share

霧香

都内在住の50代主婦。 「50代になっても洋服好き主婦のファッションブログ」を運営。 仕事着&プライベート服の着回し。毎日のコーディネートに真剣に楽しく頭を悩ませる日々。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article