1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ファッション
  3. シースルーブラウスで上品・ヘルシーなコーデを作る3つのコツ

シースルーブラウスで上品・ヘルシーなコーデを作る3つのコツ

Share

シースルーブラウスはベーシックなブラウスと比べて、かなりハードルが高いと思っている方は少なくないのでは? でも、そんなに難しいアイテムではありません。ライダースジャケットや小物を添えたり、インナーを工夫したりすることで、シースルーブラウスは品良くヘルシーに仕上がります。具体的なコーデでご紹介します。

シースルーブラウスで上品・ヘルシーなコーデを作る3つのコツ

おしゃれの秋。

冬に向けておしゃれして出かけたいイベントが増えていませんか。そんな日におすすめなのがシースルーブラウスです。

ブラックで落ち着いた印象に見せながらも、上品な透け感が大人の艶っぽい雰囲気を作ってくれます。

でも、シースルーブラウスを着るなんて、肌の透け感が気になってしまう。しかも、少し狙っている感じも強すぎるのではないか? 肌が見えると、派手な人のイメージがついてしまうのではないか? 親しみやすさを損なってしまうのではないか?

など、シースルーブラウスはベーシックアイテムに比べて、少々ハードル高めなアイテムに思いがちです。

でも、プラスワンのアイテムを添えることで、「品の良い」「ヘルシー」そして「大人っぽい」スタイリングが叶います。

◼︎ライダースジャケットを添えて大人の雰囲気に

写真では少しわかりにくいのですが、シースルーブラウス選んだ日のコーディネートです。冬にたくさん穿きたいSONIA RYKIELのホワイトパンツと黒と白のコーディネートにしました。この季節は羽織が1枚あると嬉しいですよね。

例えばカーデイガン、ジャケットも良いですがお、しゃれを楽しみたい日はベーシックアイテムではもったいないです。

シースルーブラウスだからこそ、ライダースジャケットで品良く「大人っぽい」を完成させるスタイリングがおすすめ。

◼︎ブルー小物でヘルシーに仕上げる

URBAN RESEARCHのFORK&SPOONのハイウエストデニムとスタイリングしました。シースルーブラウスなどの艶っぽい雰囲気が出るアイテムは、デニムと合わせると「親しみやすい」雰囲気が作れます。

そして、一番のポイントは小物の色です。赤やピンクなどのカラーアイテムを添えると「フェミニン」な雰囲気が強くなりますし、黄色やグリーンを合わせると「活気のある」雰囲気になります。

今回わたしがコーディネートに選んだのが、昨年H&Mで購入したブルーのファーとGUの水色バッグです。青色は「清潔感」「落ち着いた」雰囲気を添えてくれるので、シースルーブラウスで「ヘルシー」な艶っぽさをしたい日はとてもおすすめです。

◼︎インナーの色にも気を使って

シースルーブラウスを着るときに大切なのはインナーの色です。基本、同色で合わせた方がインナーとブラウスの一体感が出て綺麗に決まります。

今回は黒色のインナーを選んでいます。肩紐が細くなるほどセクシーな艶っぽさが出せますし、太くなるほどヘルシーな艶っぽさに仕上がります。

10月から12月は厚着をしたくなる季節ですが、イベント時や少し贅沢な気分になりたいレストランで、厚手の服はあまり着たくないですよね。そんなときに着る1枚にシースルーアイテムはぴったり。

ノースリーブほど露出も多くなく、品の良いアイテムとして重宝するシースルーブラウス。お気に入りを見つけてみてはいかがでしょうか?

大人っぽく、ヘルシーに仕上げたい日はぜひ、アウターや小物の色を意識してくださいね。

Share

木村 えりな

パーソナルコーディネーター®。1978年生まれ。CHANELのファッションブティックにてファッションアドバイザーとして勤務。2児の母。現在はパーソナルコーディネーター®として起業家女性のスタイリングやおしゃれをもっと自由に楽...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article