1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ファッション
  3. 大人をきれいに見せるロングジレ。羽織るだけでおしゃれな人に

大人をきれいに見せるロングジレ。羽織るだけでおしゃれな人に

Share

羽織り物を選ぶのが難しい今の季節。コートやジャケットではまだ暑いし、カーディガンではおしゃれ感に少し欠ける。そんなときはロング丈のジレがおすすめ。いつものコーディネートにプラスするだけで着痩せ効果が狙え、大人らしい余裕感も出せる優秀アイテムです。

大人をきれいに見せるロングジレ。羽織るだけでおしゃれな人に

■ブラックのジレでシックな装いに

マニッシュな雰囲気を演出する黒のジレ。

そのままさらっと羽織ったり、ベルトを締めたりすればワンピースのようにもなり、2wayで着こなせる便利なアイテムです。

ロング丈を選ぶことでIラインのシルエットになりますし、いつものスタイリングにプラスすればスマートな印象に。

こちらはブラックのジレと白Tシャツをレイヤードして、コントラストを効かせたコーディネート。

ボトムスは白×黒のストライプのワイドパンツ。バッグやサンダルを黒で統一し、全体をモノトーンでまとめ、シックな装いを演出しました。

着丈の長いジレにはロングスカートや広がりを抑えたワイドパンツなどを合わせるのがおすすめ。縦のラインを強調すれば、ロング&リーンの旬なシルエットが完成します。

こちらは同じジレにデニムを合わせた休日らしいコーディネートです。

グレーのリブニットにデニムとラフな装いですが、ブラックのジレをオンして締まりのある印象をキープするよう心がけました。

小物もモノトーンにすることでモードさもプラス。

同じジレでもベルトを締めて着ればきれいめに、前を開けて羽織ればカジュアルにと、印象を変えてオンオフ着回せます。

■オフホワイトのジレで柔和な印象に

カラーや素材の特徴から、女性らしく優しい印象を与えるのがオフホワイトのロングジレ。

全身を同じトーンで揃えるとぼやけて見えやすいため、インナーに旬のミリタリーカラーを取り入れ、高感度な装いを目指します。

こちらは織のある柄が特徴的なジレ。立体感のあるネップ素材がこなれ感を出してくれます。

ジレの下に着ているのはリブTシャツとリネンのワイドパンツ。カーキのトップスとベージュのパンツにオフホワイトのジレをプラスし、ペールトーンのカラーでさり気なくグラデーションを表現しました。

リブTとリネンのワイドパンツの合わせはわたしの夏の定番コーデですが、そこにジレを羽織ることで、秋らしく見せるのと同時に普段着をブラッシュアップできます。

■シンプルコーデが物足りないとき、ジレはいかが?

難易度が高めな印象のロングジレですが、袖がないぶん腕回りをすっきりと見せてくれる上、腰回りや太腿などの気になる部分を隠せるため、大人体型に嬉しいアイテムでもあります。

春夏はTシャツやタンクトップに重ねて、秋はニットやカットソーとのレイヤードスタイルでと、ロングシーズン着回せるのも魅力です。

シンプルなスタイリングに羽織るだけでマニッシュな魅力がプラスされ、スタイルアップも叶うロングジレ。

いつものコーディネートに物足りなさを感じたら、ジレで旬度の高いスタイルに格上げしてみましょう。

Share

R*ジャスミン

1968年生まれ。ファッションブロガー。商社にてシルク繊維・製品の輸入に携わり、結婚、出産を経て2014年からブログを開始。同年に賃貸業・管理業の自企業を設立・経営する。ライフスタイルから自身の日々のスタイリングを綴った等身...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article