1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ライフスタイル
  3. 世間や他人に流されない自分になるための5つのワーク

世間や他人に流されない自分になるための5つのワーク

Share

自著『自分の人生が愛おしくてたまらなくなる100の質問ノート』が大人気の長谷川朋美さん。自分との対話を重ねることで、自分のことがどんどんわかるようになり、生きやすくなって、人生がさらに楽しくなると語ります。そんな長谷川さんに周りに流されない自分になるためのワークを5つ紹介いただきました。

世間や他人に流されない自分になるための5つのワーク

こんにちは、美LIFEクリエイター長谷川朋美です。

「自分の軸を持って、世間の枠や他人の意見に流されない自分になりたい。そんな自分になれたらどれだけストレスフリーか……」

そう思っている方は多いはず。

現代はモノや情報が溢れ、取捨選択することがとても難しくなっています。

そんな時代を生きる中で、選択力と決断力をつけ、周りに流されない自分になるために大切なことについてお伝えします。

書く項目にワークがございますので、ぜひノートを用意して自分の答えを書きながら読み進めていってください。

1.自分の価値観を知る

まずは、自分のことをどれだけ知っているか? ここから始まります。特に価値観の部分。

あなたは、どんなことに情熱があり、どんなことにワクワクしますか? どんなときに幸せを感じるか、どんなときに心地よさを感じるでしょうか?

いくら他人から勧められたり、世間がそうだと言っていたりしても、あなたの価値観に反するものは選択肢から排除していきましょう。

自分の価値観に沿った選択をすることは、自分自身への信頼を高めていきます。これを繰り返していくと、自分のことが好きになり、生きる自信にもつながります。

Work→あなたがワクワクする瞬間は何ですか? 3つ書き出してみましょう。さらに、そこにはどんな価値観があるかも書き出してみましょう。

2.未来のなりたい自分に選択させる

今の自分は過去の記憶や経験からできています。でも、本当になりたい自分は、過去からの延長にない自分かもしれません。

だったら、今の自分ではなく、未来のなりたい自分になりきって目の前の選択をしてみましょう。

今の自分では到底無理と思っていたことも、未来のなりたい自分なら、そんなこと軽くクリアしているかも。

視点を常に高く保ちましょう。すると目の前の、小さな迷いや悩みは消えます。

Work→あなたが今悩んでいることや、迷っていること、モヤモヤしていることを書き出してみましょう。その後、なりたい自分をイメージし、その自分になりきり、今の自分に対してのアドバイスを書き出してみましょう。

※もしなりたい自分をイメージしてアドバイスするのが難しい場合、憧れの人をイメージして、その方だったらどんなアドバイスをするか書き出してみましょう。

3.情報を遮断する

日常に流れてくる情報を、無意味に見ていませんか? 例えばSNSのタイムラインやつけっ放しにしているテレビなど。

無防備にただ流れてくる情報を自分の中に入れていると、いつか飽和して何を選択していいかわからなくなってしまいます。

これは女子会での噂話なども同じです。あなたはあなたの価値観で、どんな情報や知識を得たいのか?

情報は基本、自分で取りに行くものとしましょう。また、情報を遮断する日や時間帯を作るのも効果的です。

時間ができたらスマホをつい見てしまう……そんなクセがある方は、フライトモードにするか、スマホを別の部屋に置くなどして、見るまでに物理的に手間がかかるようにするのもいいでしょう。

Work→今あなたが最も手放すべことをひとつ挙げるなら何ですか? それを今すぐ手放しましょう。

4.正解を選ぶのではなく、選んだものを正解にする

正解を選ぼう、失敗しないようにしようと思っているから、なかなか選択や決断ができずに時間だけが流れていき、結局行動を起こせないまま、なんてことはありませんか?

情報がありすぎると、どれがいいか悪いかわからなくなりますが、どれが良いか悪いかなんて、やってみないとわかりません。

そして、良いか悪いというのは自分でジャッジしているだけで、一見良く見えても次の瞬間に悪くなることもありますし、最初は悪いと思っていても後になって良かったと思えることもあります。

まずは、何でもいいので選択や決断をしてみること。そしてそれを、自分にとっての正解に自分で変えていけばいいのです。そう思うと選択や決断が楽にできるようになりますよ。

Work→あなたが今迷っていることは何ですか? そこに対して今すぐ決断し、行動に移すためのアクションを今すぐひとつ行いましょう。

5.受け入れて流す

他人の意見や世間の常識は、断固として入れない! というわけでなく、何でも一度、受け入れてみたらいいのです。

受け入れないようにしようとしていると、それはそれでストレスになります。軽く受け入れて、必要のないものは、横に流せる自分になりましょう。

他人の意見やお節介も笑顔で受け入れて、NOも笑顔で言うと、相手はあまり嫌な気がしません。ですが、厳しい表情や困った顔でNOを言うと、相手はもっと自分の意見を通したくなってしまうものです。

何でも柔軟に対応できるとストレスフリーになります。

Work→あなたが今受け入れられないと思っていることは何ですか? それを書き出し、違った視点を3つ書き出してみましょう。

最後に

自分の価値観を大切にしながら、他人や世間ともうまく付き合えるようになると、自分の器が大きくなって、受け入れられるものが増えていき、どんどん成長できる自分になりますよ。

ここに記したワークのような質問を、日々自分にしてみてください。すると自分のことがどんどんわかるようになり、生きるのが楽になりますし、もっと楽しくなります。

こうしたワークをもっとやってみたい! 自分のことをもっと知りたい! という方は、私の書籍『自分の人生が愛おしくてたまらなくなる100の質問ノート』がおすすめです。

ワークブック形式で、100項目の質問と、その解説や答えることの効果・例などが記してある本書。時間をかけて自分と向き合ってみてくださいね。

Share

長谷川 朋美

長谷川朋美 美LIFEクリエイター 株式会社LUMIERE代表取締役 22歳で起業し、8年間述べ6店舗のトータルビューティーサロンを経営を経て、現在は葉山を拠点に、全国で講演や、執筆をしながら世界中を旅している。...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article