1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 恋愛/結婚/離婚
  3. いい男の本命になるのは、ワガママな女と怒れる女

いい男の本命になるのは、ワガママな女と怒れる女

Share

いい男が本気になる女は大抵ワガママです。モテる男ほど、自分に合わせてくれる・自分の言うことを何でも聞いてくれる女性を好きにならない。それはなぜなのか。そして男が女を見直す、グッとくる怒り方とは?

いい男の本命になるのは、ワガママな女と怒れる女

いい男ほど本気になるのはワガママな女。

「荷物が重いから迎えにきて欲しいの。車で」「今日、お花のプレゼントしてくれてもいいよ?」「疲れたから今ここでおんぶして」etc.

彼女たちのかわいくもとんでもない要求に振り回されながら、彼らは嬉しそうにこたえ、深くハマっていくのです。

いい男はパートナーからよく叱られています。
彼らはまわりにはそれをグチり(のろけ)ながら、ニコニコと嬉しそうに彼女たちの言うことを聞いているのです。

彼らが喜んでいるのを知らず「奥さんったらひどい人……」と思い、デレデレに優しくするのが2番目の女。

いつの時代も、社会で主導権を握っている男性ほど、プライベートでは女性に主導権を握られ、振り回されています。

歴史上の人物で例を挙げると、天下統一を成し遂げた豊臣秀吉の妻「ねね」。

当時では珍しく、政略結婚ではなく、恋愛結婚をした秀吉とねね。ねねは気も強く、常に秀吉はねねに頭が上がらなかったそう。そして、秀吉からのラブレターが何枚も発見されているほど、深く愛されていました。

ワガママな女が愛される理由

ワガママな女とはいったい、どんな女性なのでしょうか。本来、ワガママは好かれる要素ではないはずです。

ではなぜワガママな女は嫌われるどころか、男性からたくさんの愛を受け取ることになるのでしょうか。

まず、ワガママな女はかわいがられます。ワガママが、

「あなたが頼れるからこんなお願いをしてるの」

「私がこんなワガママを言えるのはあなただけ」

「ワガママを言えるほどあなたとの関係にリラックスしてるの」

というメッセージに変わります。
このメッセージはどんな関係性の相手にも効果があります。

■ワガママの効果

例えば、はじめましての相手にも、「あの、ペットボトルの蓋を開けてもらえませんか? 硬くって(笑)」とお願いするだけでも距離は縮まります。

このときのワガママは、「あなたとの関係にリラックスしています」というメッセージに変わるからです。

敬語で話す距離だからこそ、ワガママが効くのです。カタい場が瞬時にブレイクタイムになることも。

逆に、長年連れ添ったカップルもあえてワガママを口にすることで、「私がこんなわがままを言えるのはあなたしかいない」というメッセージになります。

それを受けて男性は、「君のわがままを叶えてあげられる男は俺しかいない……!」と特別な気持ちを抱き続けるのです。

怒れる女が大事にされる理由

では、怒れる女はどうでしょうか。

女性の怒る姿にはその人の生き様が現れます。怒れる女の特徴は以下にあります。

・こだわりを持ち美学がある
・意思表示することを恐れない
・相手と対等であろうとする

つまり、「自立していて、自分の意思を表現できる、芯の強い女性」だということ。

素敵な男性たちは、自分の言うことを何でも聞いてくれる、意思を持たない女性を好みません(そういった女性を好む男性はモラハラ気質があり危険だと、私は考えています)。

社会では威風堂々と先陣を切って働いている男性にも、もちろん弱いところがあります。意思が揺らぐ瞬間もあります。失敗を恐れることもあります。

そんなときに、自分と同じ立場でものを話し、意思のある芯の強い女性に支えてもらえるのは、彼らとしても大変心強いのです。

■心をグッとつかむ怒り方とは

自分が「嫌!」と思うことをされたときや、相手の行動に強く疑問を感じたときなど、然るべきときに、正しく怒れるというのは大切なこと。

怒る適切なタイミングは2種類あります。

・怒りを感じたとき、その瞬間に言う(溜めない)
・相手がリラックスしている時間を見計らって言う

その場で言うことで、相手が忘れてしまうこと、怒りを言わずに自分の中に溜めて大きくなることを防ぎ、問題を解決しやすくなるからです。

リラックスしているときに言うことで、相手がイライラしにくく建設的に話せるようになり、その場しのぎにならず、真剣に向き合ってくれやすくなるからです。

怒ることは単なる感情の爆発ではなく、相手との関係を良くするものとも定義づけられます。そのためにもタイミングを見計らうのは、思いやりのある賢い行動といえます。

強い女が持つ魅力

怒ることは自分を守る意味でも大切です。

自分を守れる、ということを男性は意外と重要視しています。

力では弱い女性が自分を守るには、何よりも強い意思が大事だからです。
「この人は流されない人なんだ」と思われることは、それだけでも男性の本命になる要素でもあります。

そして、怒りというのは日常なかなか出てこない感情ですし、ましてやそれを表現することもなかなかないでしょう。

だからこそ、人の真剣さと情熱が伝わる瞬間でもあります。

怒りに限らず、人はその人に宿る真剣さや情熱を見ると、心惹かれるものです。
多くの人を魅了する芸術作品にはどちらの要素も含まれています。

怒りは良くも悪くも、その人の人格を真っ直ぐに表すものであり、同時に他人も惹きつけられる要素にもなるのです。

■男性は女性に「◯◯さ」を求めている

ワガママも怒りも根っこにあるのは「素直さ」です。

女性が男性に対して優しさを求めるのと同じくらい、男性は女性に素直さを求めていると感じます。

求められてるなら、応えてあげる。

ワガママはサービス。怒りは自分と相手との関係を守るもの。

私はいつもそう考えています。

画像/Shutterstock

Share

エマちゃん

小悪魔と呼ばれていた恋愛戦士も今や人妻。芸能芸術のお仕事をしています。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article