1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ファッション
  3. 秋の装いが叶う。トレンドの「ベイクドカラー」コーデ3選

秋の装いが叶う。トレンドの「ベイクドカラー」コーデ3選

Share

まだまだ残暑が厳しい今の時期、秋を先取りしたコーディネートをしたいけれど暑い日が続き、なかなか秋物に手が伸びません。でも、秋らしいカラーのアイテムを1点投入するだけで、涼しさを損なうことなく季節感あるおしゃれが楽しめます。この秋人気のカラーを取り入れたコーデを3つご紹介します。

秋の装いが叶う。トレンドの「ベイクドカラー」コーデ3選

■秋冬のトレンド「ベイクドカラー」

今年の秋冬注目を浴びている「ベイクドカラー」。

ベイクド=「焼く」という意味の、少し焦がしたようなテイストのカラーのことです。「くすんだ」「スモーキーな」色合いを意味しています。

秋を代表するブラウンやこっくりとしたグリーンやボルドーなどの原色も、少しくすませスモーキーなニュアンスを出すと、ベイクドカラーに。

■女性らしいボルドーカラー

秋の代表的カラーのひとつ、ボルドー。

こっくりとした深い色合いで、とても女性らしいカラーですが、少しくすんだニュアンスのベイクドカラーのボルドーを選ぶとフェミニンさが軽減され、今年らしいこなれた雰囲気で着こなすことができます。

トップスは上質なSOLOTEX生地を使用した、くすんだボルドーのカットソー。SOLOTEXとはソフトな風合いで形態回復機能に優れた着心地抜群のポリエステル繊維のことです。

暑い日も快適な着心地ながら、くすんだボルドーカラーが秋らしさを演出してくれるトップスです。

この日ボトムに選んだのはスミ黒のフレアースカート。黒とグレーの中間のような色で、コルセットがついた少々ミリタリー調のデザインの辛口スカートです。

きれいめな印象のボルドーには、あえて辛口のボトムスを合わせて、甘×辛ミックスのテイストを楽しみます。

■最旬カラーのダークグリーン

深みのあるダークグリーンはこの秋注目のカラー。クラシカルでノスタルジックな雰囲気もあり、秋冬にぴったりなカラーです。

この日着ているトップスも、少しくすんだベイクドカラーのグリーンです。

胸元のカットワークレースが上品な印象のブラウスも、スモーキーなダークグリーンをチョイスすれば、秋らしい落ち着いた雰囲気に。

ボトムも黒のテーパードパンツでシックな装いにしました。

■優雅で気品ある印象のパープル

季節を問わず人気のパープル。コーディネートに取り入れるだけで何となくおしゃれに見えるのは、パープルの持つ神秘的なイメージのおかげかもしれません。

夏はビビッドなパープルが主流でしたが、これからの季節に取り入れるなら、ビビッド+スモーキーなテイストのパープルが秋らしくておすすめです。

この日選んだのは、パープルのノースリーブのニット。

しなやかで通気性の良いリブ編みのニットなので、暑さの残る晩夏でも快適な着心地です。

ボトムスにはブラウンのハイウエストのワイドパンツを合わせました。

こちらのパンツもベイクドカラーのブラウン。テラコッタ寄りの少々焦がしたニュアンスのブラウンです。

ベイクドカラー同士の組み合わせは、より秋らしい雰囲気を醸し出せます。レオパード柄のベルトやパンプスも、秋の装いに一役買ってくれています。

■ベイクドカラーで快適さと季節感を両方手に入れて

そろそろ秋服にシフトし始める時期。

暑い日は1枚で着て涼しくシンプルスタイルで、少し肌寒くなってきたらカーディガンやジャケットを羽織ってインナーとして、幅広く長いスパンで着回せるトップスをご紹介しました。

夏物のファイナルセールで秋らしいベイクドカラーのアイテムを購入しておくと、今から秋口まで着られますよ。

涼しい素材やデザインのアイテムも秋らしいカラーのものを選んで、秋のおしゃれを快適に先取りしてみましょう。

Share

R*ジャスミン

1968年生まれ。ファッションブロガー。商社にてシルク繊維・製品の輸入に携わり、結婚、出産を経て2014年からブログを開始。同年に賃貸業・管理業の自企業を設立・経営する。ライフスタイルから自身の日々のスタイリングを綴った等身...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article