1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 占い
  3. うお座の性格や特徴「繊細な旅人」- 星座占い

うお座の性格や特徴「繊細な旅人」- 星座占い

Share

「うお座」の星座占い。2月21日から3月20日の間に生まれたのであれば「うお座」です。「繊細な旅人」というフレーズがぴったりな星座。そんなうお座の性格から相性、恋愛観や仕事観についてもみていきます。

うお座の性格や特徴「繊細な旅人」- 星座占い

■うお座の性格

自由そのものです。

うお座の人には「人間はこうあるべき」といったものはなく、何かを区別して考えることがないので、どこまでも優しくなれるし、どこまでも厳しくなり、愛にも怒りにも制限がありません。

常に相対するふたつの心を持っています。騙されやすいお人好しさもありますが、それは純粋さや美しさや善を重んじる性質からくるもの。

正義やルールには関心が薄く、犯罪者を単なる悪人と見ることもなく、犯罪者が抱える苦しみや悲しみなども考慮することもあるようです。

うお座は世の中にある、自分と他者、善と悪、男と女など、あらゆる境界線を飛び越えていくのです。ですから、音楽や芸術との相性は大変良いです。気の合う仲間との情報交換などもとても楽しい時間になります。

しかしながら、運命的に人間関係での気苦労が多いのもうお座です。習慣性が強いところがあるため、酒やタバコに走ると一生やめられなくなってしまうことも。できるだけ良い習慣を取り入れることを大切に。

■仕事観

社会的な地位や格好をつけたいとか、そういった考え方をしないので、自分の行きたいところへと自然と向かっていき、さまざまな分野にこだわりなく踏み込んでいきます。

自分の思うがままに自分にあった形で才能を発揮していきます。オープンマインドですから人から頼られることも多く、人を育てている意識はなくとも、周りの人が自然と成長していることがよくあるようです。

心理的なことや慈善に対して、素晴らしい感受性があるのですが、実際的な問題にぶつかると混乱してしまいがちで、躁鬱的になってしまうこともありますが、

親密な交流を大切にできるため、目上の人から可愛がられることが多く、困ると援助してもらえることも期待できます。

■恋愛観

憧れと恋の区別がつきにくく、相手は歌手だったりアイドルであったりします。

愛を求めていくのですが情で結ばれていく傾向があり、特に似た生い立ちや似た境遇の方には、その影響が強く出やすいです。また、相手の影響を受けやすいため、あらゆる恋愛の形が成り立ちます。
たとえ危険な恋愛でも心が動かされれば簡単に突き抜けていけます。

うお座の人が恋愛で大切にしていることは、気持ちが動かされたかどうかですから、うお座の人から発せられる行動や言葉は純粋そのものです。

また、人を信じやすいところがあるため、別れてはまた復縁といったことが多いのもうお座ですが、恋人には、いつまでも一緒にいたいといった可愛らしさを見せる純真さがあります。

■闇の面

ふわふわしている人に嫌悪感を持つようです。

うお座の人は、気が多すぎる傾向があり、確信ある行動がしにくく感じることがあるため、そうしたところを意識することが多いのです。

自己犠牲をいとわず、他人のために働く親切な気持ちもあるのですが、努力が混乱しやすく、精神的にも肉体的にも消耗してきた経験が、ゆるく生きることを我慢させてしまうのです。

■結婚観

パートナーや家族のために努力や愛情を注ぎます。

良い家庭にしようと精一杯がんばるのですが、自分の優しさをうまく表現できないと肉体的にも精神的にも疲れ果ててしまうことが多いです。

結婚後も恋愛中のような淡いものを求める傾向があるため、現状を意識しすぎると、何か物悲しい人生に感じてしまい憂鬱になりがちです。

なにかと結婚後の気苦労が多いのもうお座の特徴です。たとえ不幸に見舞われても他人のせいにしてはいけません。

自力で人生を切り開いて生きる力は充分にあり、ほとんどの困難を克服していけるでしょう。

■好きなもの嫌いなもの

好きなものは、純粋なもの。

スキンシップなども大好きです。感情が満たされること全般が大好きです。これはすべての星座に言えることですが、うお座の方にとっては特別です。

嫌いなものは偽善です。

人間のずるさや弱さ、卑劣さなどは結局のところ人間性であり、受け入れるべきことですが、それを受け入れることなく、「自分は悪くない」と目をつぶることを嫌います。

■相性

心の触れ合いを大切にできる方や、打たれ強い方、意志を貫ける方とは相性が良いでしょう。

現実的なところに囚われすぎている方や、あなたの人間性に抑圧的な方とは相性が悪いでしょう。星座でいうと、かに座、さそり座とは相性が良いでしょう。

ふたご座、いて座の方とは、なかなか心が通じ合えない状況になりやすいです。

■うお座の性格の背景

占星術において、うお座とは黄道12宮の第12宮です。
春の再生を待つ新しい生命が自然界に準備されていることを告げる時期です。

ギリシャ神話では、愛の神アフロディテと性愛の神エロスが嵐神ティフォンに追われて魚に変身し水中に逃れた時の姿とされております。

もう一つの説はバビロニアの宇宙的大女神アスタルテとその使者のツバメとするもので、アスタルテが天地万物の創造者として愛を司る女神であることから、万物が冬の眠りから目覚める春の先触れとしてツバメを配したものでしょう。

うお座は古来より詩人を世に送り出す星座とも言われ、海のように無限の可能性に満ちた星座なのです。

そんなうお座のキーワードは

「私は信じる(信仰)I believe」

古代キリスト教のシンボルが魚であったかのように、
うお座には「憐れみと贖罪」に性質が宿っており、そこには枯れることのない涙と同情の泉があるのです。

うお座の守護星は海王星です。

海王星は、夢想や理想を司る惑星とされ、慈善や奉仕、自己犠牲などにも関係してきます。
また、物質的な分野では力を持ってなく、純粋な精神的な分野で潤いや恵みを与えてくれます。

海王星のもとで起きる出来事は、理想的な結果になるか、幻滅に終わるかのどちらかで、

効果が漠然としているのが特徴とされており、良くも悪くも「美しい幻」のようなものなのですが、

手にとって見ることはできないものの、大きな価値あるものを教えてくれる惑星なのです。

Share

ホロスコ

幼少の頃から宇宙の魅力に惹かれ、本当の本当を追求していたら西洋占星術に出会う。現在星読みを生業に生きてます。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article