1. DRESS [ドレス]トップ
  2. カルチャー/エンタメ
  3. 映画『アメリカン・アサシン』感想。壮大なスケールで描くスパイ・アクション! バディームービー!

映画『アメリカン・アサシン』感想。壮大なスケールで描くスパイ・アクション! バディームービー!

Share

【シネマの時間】第33回は、歴代大統領さえも魅了した全米ベストセラースパイ小説の映画化。『アメリカン・アサシン』をお送りします。壮大なスケールで描くスパイアクション、スリル満点のバディムービー! TOHOシネマズ六本木ヒルズほか大ヒット上映中です!

映画『アメリカン・アサシン』感想。壮大なスケールで描くスパイ・アクション! バディームービー!

こんにちは。アートディレクターの諸戸佑美です。

あっという間に7月に入り、本格的な夏が始まりましたね!

【シネマの時間】第33回は、『メイズ・ランナー』シリーズのディラン・オブライエンと『スパイダーマン ホームカミング』のマイケル・キートンの豪華共演で贈る壮大なスパイアクション・ バディムービー! 映画『アメリカン・アサシン』をご紹介します。

本作は、ヴィンス・フリンの全米ベストセラー小説『ミッチ・ラップ』シリーズ初の実写映画化で、監督には、TVシリーズ『HOMELAND』の演出を手がけたマイケル・クエスタ。

旅行中に遭遇した無差別テロで、恋人を失った青年ミッチ・ラップ(オブライエン)が主人公です。

テロリストへの復讐に人生を捧げることを決意し、その滞在能力を高く評価した世界最大の諜報機関CIAの対テロ極秘チームにスカウトされ、冷徹な鬼教官ハーリー(キートン)とともに、凶悪な核兵器テロに挑む姿を描くサスペンスアクション大作。

命がけの緊迫感とハードなアクションたっぷりに、銃撃、格闘、カーチェイスが数多く登場し、アクション好きにはたまらないでしょう。

また、拷問・尋問シーンも、バイオレンスと共にリアルに描写され、私などは思わず目を覆うばかりでしたが、一方で、最愛の女性との幸福な未来を打ち砕かれたごく普通の青年が、核テロ最前線の非情なスパイの世界に身を投じていく姿が、躍動感たっぷりに魅力的に描かれ、惹きつけられます。

さらにイスタンブールやローマなどのヨーロッパ各国の大都市を舞台に、複雑な国際情勢や諜報活動の内幕をリアルに見せる映像世界や壮大なスケールのストーリー展開は、圧倒的なスリルを呼び起こし迫力満点!

ぜひ、映画館でご堪能ください!

■映画『アメリカン・アサシン』あらすじー復讐に燃えCIAにスカウトされた男。世界の命運は、危険な若者に託された!

スペインのイビサ島でバカンス旅行中に無差別テロ事件に遭い、永遠の愛を誓ったばかりの恋人を目前で殺されたアメリカ人青年ミッチ・ラップ(ディラン・オブライエン)。

深い哀しみと怒りに駆られた彼は、テロリストへの復讐に人生を捧げることを決意します。

テロ対策担当の女性幹部ケネディ(サナ・レイサン)は、CIAの情報網でも捕捉できなかったマンスールの居場所を突き止めたミッチに類い希なスパイの資質を見出し、彼を極秘ミッション遂行チーム“オライオン”にスカウトします。

テロリストへの復讐のためにオファーを受け入れたミッチは、バージニア州の人里離れた山奥の施設へ。

そこでは元ネイビー・シールズの鬼教官スタン・ハーリー(マイケル・キートン)の指導のもと、CIA工作員の養成プログラムが行われていました。

過酷なトレーニング・キャンプに身を投じたミッチは、さまざまなシチュエーションを想定した特訓を積み、優れた潜在力を開花させテロの最前線で活躍するまでに成長していきます。

折しも、ロシアの核施設から大量のプルトニウムが盗まれる大事件が発生。

核兵器製造を目論むテロリストの陰謀を阻むためケネディは、ハーリーのチームに出動を要請します。

ミッチを同行させるよう命じられたハーリーは、彼のスパイとしての力量を認めつつも、経験が浅い上に不安定な精神面を問題視し、「何があろうと個人的な感情は捨てろ」と厳しく言い聞かせます。

ハリーは、経験豊富なチームリーダーで、私情こそが任務の妨げになるという鉄のようなポリシーの持ち主。

何もかも対照的なふたりのキャラクターが、生きるか死ぬかの命がけのミッションの中で助け合い、いつしか師弟の絆で結ばれていくのです。

トルコのイスタンブールで現地協力員の若い女性アニカ(シヴァ・ネガー)と合流したチームは、プルトニウムを入手した謎の白人テロリスト“ゴースト”(テイラー・キッチュ)と、核の起爆装置を売りさばこうとする武器商人の取引を阻止しようとするものの、それを鋭く察知したゴーストを取り逃がしてします。

続いてローマに飛んだチームはゴーストに雇われた物理学者を尾行しますが、見破られてしまい、ミッチは危ういところをハーリーに救われます。

実は神出鬼没のゴーストの正体はハーリーの元教え子で、かつて自分を見捨てたハーリーとアメリカ政府に対して尋常ならざる怨念を抱いていたのでした。

やがてハーリーがゴーストに拉致される非常事態が勃発。

ケネディから帰国するよう言い渡されていたミッチでしたが、その命令を無視して猛然とハーリーの救出に向かいます。

しかしその頃、ついに核兵器を完成させたゴーストは、恐るべきテロ計画を実行しようとしていました。

核テロのタイムリミットが迫ります! 

世界の命運は、一体どうなってしまうのか……!?

■映画『アメリカン・アサシン』作品紹介

映画『アメリカン・アサシン』2018年6月29日(金)より TOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国ロードショー!
公式HP:http://american-assassin.jp

監督:マイケル・クエスタ
原作:ヴィンス・フリン「American Assassin」
脚本:スティーブン・シフ、マイケル・フィンチ、エドワード・ズウィック、マーシャル・ハースコビッツ
製作総指揮:ダニエル・M・スティルマン
製作:ロレンツォ・ディ・ボナベンチュラ
撮影:エンリケ・シャディアック
美術:アンドリュー・ロウズ
衣装:アンナ・B・シェパード
編集:コンラッド・バフ
音楽:スティーブン・プライス
⽇本語字幕:松崎広幸
製作年:2017年
製作国:アメリカ
上映時間:112分/カラー
映倫区分:R15+
配給:キノフィルムズ/木下グループ
© 2018 Lions Gate Films Inc. All Rights Reserved.

■映画『アメリカン・アサシン』キャスト

ディラン・オブライエン=ミッチ・ラップ
マイケル・キートン=スタン・ハーリー
テイラー・キッチュ=ゴースト
サナ・レイサン=アイリーン・ケネディ
デビッド・スーシェ=スタンスフィールド
シーバ・ネガー
ナビド・ネガーバン
スコット・アドキンス

【シネマの時間】
アートディレクション・編集・絵・文=諸戸佑美
©︎YUMIMOROTO

Share

諸戸 佑美

本や広告のアートディレクション/デザイン/編集/取材執筆/イラストレーションなど多方面に活躍。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article