1. DRESS [ドレス]トップ
  2. セックス
  3. 「セフレ」から始まった女性を恋愛対象として見るきっかけって?

「セフレ」から始まった女性を恋愛対象として見るきっかけって?

Share

カラダだけのつながりで始まった女性に、いつしか恋愛感情を覚えてしまう。そもそも、セフレだからといって、決して別の関係に進めないわけではないですよね。その境目は自覚できないくらい曖昧で、意識した瞬間から男性の言動には変化が現れます。セフレを本当に好きになるきっかけには、何があるのでしょうか。

「セフレ」から始まった女性を恋愛対象として見るきっかけって?

■「セフレ」とは本当にカラダだけが目当てで会うのか

セフレとは「セックスフレンド」、つまりセックスありきの関係です。

セックスは、本来お互いに愛情を持つ人間同士がすることですよね。一般的に「セフレ」に良いイメージがないのは、「好きでもない人と寝るなんておかしい」という道徳観念を刺激されるのが理由です。

確かに、恋愛感情がない人間とセックスができるなんて、よほど性欲が強いのかと思うかもしれません。

ですが、「やりたい」という直球の性欲は、誰もが持っています。口にしないだけで。

恋愛なんて重たい関係は煩わしい、でも快感を共有できる相手は欲しい。そう思う人も大勢います。

特に男性は、子孫を残したい本能を強く持っています。好きかどうかをいちいち確認して抱き合うステップは、「それが普通とわかっていても面倒くさい」のが本音。

だから、自分の性欲を優先して会えるセフレが欲しいと思いますが、本当に快感を得ることだけが目的なら、風俗に通えば済みますよね。お金を払えばそれで片付くつながりなら、後腐れなく続けられるはずです。

そうではなく、あえて自分が住む世界の中に相手を探そうとするのは、「性欲以外のもの」も共有する可能性があることを受け入れているから。

たとえば、何度でも会えば女性の人となりがわかってきます。どんなスマホを使っていて、どんな服が好みで、セックスが終わった後に飲むドリンクは何をよく手にするかなど、細かい情報はどうしても入ってくるもの。

それらは、決して恋愛感情を持っていない相手だとしても、男性の中に存在感を残します。合わない相手ならすぐにつながりも終わるだろうけど、何度でも会える、つまり会いたいと思えるような女性なら、その時点で人としての好意を持っている証拠です。

セフレとの付き合いに悩んでいる女性の多くが、

「本当にカラダしか求められていないようで悲しい」

と口にしますが、男性は性欲と好意を切り分けて考えられるほど器用ではありません。

また抱きたくなるのは、居心地が良いから。風俗などと違い体以外の接触があるセフレの関係は、どうであれその人が「好き」でないと続きません。

「体の相性が良いから」と言うとき、そこには肉体だけでなく心のつながりも含まれます。

男性は性欲も好意も一緒くたに「良い」と感じてしまうので、女性には快感が先行しているように見えますが、本当は何度でも抱ける時点で好きなのですね。いちいち言われないから女性側が悩むことになります。

そして、そんな男性が立ち止まるとき。自分ではこの女性はセフレだと思っていたけど、どうも違和感がある。「セックス以外の価値」を女性の中に見つけてしまった瞬間が、恋心を自覚するきっかけになります。

では、具体的にどんな変化が男性の中に起こるのでしょうか。


セフレと恋人になる人の分かれ道って? “交際前セックス問題”を考える

■女性のプライベートが気になる

今までは、自分と会っている時間以外のセフレのことは、あまり気にならなかった。その気楽さが気に入っていた。

でも、たとえば「俺と別れた後はいつもどうしているんだろう」「何か趣味とか持ってるのかな」など、個人的な時間に意識が向き始めると、セフレを見る目が変わります。

セックスしか共有していないけれど、ほかの部分も知りたい。それは、性欲とはまったく別の関心。本当に体にしか興味がないなら、こんな気持ちは起こりません。

「これからどうするの?」と服を着終わった後で尋ねたくなるのは、ベッド以外の過ごし方を知ることで女性により近づきたいという心の現れです。

■「好きな人」がいるか気になる

もっと言えば、セフレに好きな人がいるかどうかが男性は気になります。

俺と抱き合うけど、本当は片思いの相手がいるんじゃないだろうか。それを不安に思うのは、「この関係が終わる」ことを恐れるから。

「セックスは好きな人とするもの」という意識をこのとき男性は思い出します。

もし「好きな人ができたから、もう会えない」と言われたらどうしよう。今までは全然考えていなかった可能性を思うとき、「手放したくない」と強く感じます。

かといって、直球で訊くのも恥ずかしいし、「いるよ」と答えられたらどうすれば良いかわからなくなる。

だからあえて質問したりはしないけど、それとなくほかの異性の存在を確認したくなるのは、不安と焦りの裏返しでもあります。

■セックス以外の時間を共有したくなる

セフレにセックス以外の関心を持ったとき。自然と湧いてくるのが「もっと一緒に過ごしてみたい」という感情。

ご飯を食べに行ってみたい、ドライブをしてみたい。どんな会話ができるだろうか、どんな顔をするのだろうか。

誘いたいとは思うけれど、今までベッドの上で過ごす約束ばかりしてきたので、それ以外の提案をすることは男性にとって気恥ずかしいと思うもの。

「この後予定がなかったら、ご飯でもどう?」と簡単に声をかけられないのは、もし断られてしまったら、一緒にいたいと思うのは自分だけだと知らされるのを恐れる気持ちもあります。

女性の様子を伺いながら、さり気なくセックス以外の誘いをかける機会を男性は待ちます。

■プレゼントを贈りたくなる

ホテル代以外でセフレにお金を使うことなど、これまでは考えられなかったかもしれません。

でも、相手を「セックスフレンド」ではなく「ひとりの女性」として意識したとき、気に入るものを贈りたいと思うのは、女性にもまた自分のことをセフレ以外の目で見てほしいからです。

何とも思わない相手のために、わざわざお金を出してプレゼントを用意する男性はいません。

いきなり食事に誘うのはハードルが高いと感じても、プレゼントなら会ったときにさり気なく渡せます。そのときの女性の様子を見て、誘ったときに応えてもらえそうかどうかを判断する男性もいます。

「これ、好きじゃなかったっけ?」と贈り物を渡されたときは、セフレ以上の気持ちが男性の中にある可能性を考えてみてください。

■友人などに紹介したくなる

セフレがいるなんてことを、おおっぴらに話す人は少ないと思います。

特に男性は、セフレを作ったことで「女性を大事にしない人」「まともな恋愛もできないのか」などネガティブなイメージを持たれることを嫌がります。

また、付き合いを隠さずにいることで、セフレが「自分は彼女なんだ」と勘違いすることを避けたいという人も。セフレとの関係を秘密にしたがる男性は多いでしょう。

だからこそ、自分の友人や周囲の人たちに存在を隠す気がなくなったとき、女性に対して「セックスするだけの相手」という意識はもうありません。

「どんな関係なの?」と人に訊かれるのが、セフレを持つ男性が苦手とすることです。

紹介できるということは、関係をツッコまれたときに答えを用意できる証拠。「友達だよ」「ちょっとした知り合い」など言い方はさまざまだと思いますが、女性とのつながりをポジティブに捉えている現れです。

セフレという関係には、どこか世間に対して後ろめたさがつきまといます。

女性を自分の人間関係にしっかり組み込むとき、男性の中にはセックス以上の価値が大きく生まれていると思いましょう。

■カラダの関係から始まる恋もある

繰り返し抱きたいと思うことが、すでに好意のある証拠。ですが、恋愛関係を面倒くさいと思う男性は気づきません。

そんな男性ほど、恋愛感情に気づいたときは慌てます。今まで通りに接することが難しくなるのは、セフレを女性として意識すると同時に、自分もまた、ひとりの男として見られたい気持ちが高まるからです。

恋心を持つと独占欲が生まれます。これまでは何とも思わなかったセフレのいろいろな部分が気になり、「自分だけ」が欲しくなるのですね。

恋の始まりが、カラダのつながりから生まれてもおかしくありません。

セフレとして付き合っている男性に今までと違う面が見えだしたら、それがあなたを喜ばせようとするものなら、彼の中にある恋心に気づいてあげてくださいね。

彼氏はいるけどセフレとのセックスがやめられない本当の理由

https://p-dress.jp/articles/6855

大好きな彼氏。大事にしてくれるし良い交際ができているのに、カラダのつながりしかないセフレとのセックスを求めてしまう。それって、本当に彼氏を好きと言えるのでしょうか。セフレを作ることに悩むけど、本当の問題はどこにあるのか、ある独身女性のお話です。

Share

ひろた かおり

37歳で出産、夫と子どもの三人暮らし。何歳になっても恋愛ネタ大好物。恋愛相談家としてこれまで多くの男女から話を聞いてきた経験を活かし、復縁についてのアドバイスや不倫などさまざまな「愛のカタチ」について書いていきます。 人生...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article