1. DRESS [ドレス]トップ
  2. カルチャー/エンタメ
  3. 米フィギュア界で起きた実話を描く『アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル』 古川ケイの「映画は、微笑む。」#48

米フィギュア界で起きた実話を描く『アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル』 古川ケイの「映画は、微笑む。」#48

Share

オリンピック出場権をめぐる、ライバル襲撃事件の真相を明らかにする話題作『アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル』をご紹介! 本作でアカデミー主演女優賞にノミネートされたマーゴット・ロビーが主人公トーニャを、同助演女優賞を受賞したアリソン・ジャネイがトーニャの母ラヴォナを演じます。

米フィギュア界で起きた実話を描く『アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル』 古川ケイの「映画は、微笑む。」#48

◼︎米フィギュア界で実際に起きた前代未聞の襲撃事件

DRESS読者のみなさん、こんにちは。

今回みなさんにご紹介したいのは、フィギュアスケート史上、最大のスキャンダルとなった「ナンシー・ケリガン襲撃事件」をテーマに描いた『アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル』


アメリカン人女性としては初、世界では伊藤みどり選手に続き、史上ふたり目のトリプルアクセル成功者であるトーニャ・ハーディング。彼女が1994年に、元夫らにライバル選手の襲撃を命じたと疑惑の目を向けられると、マスコミのネタとなり、世間を騒がせました。

本作では、トーニャの生い立ちから、いかにして事件が起きたのかまで、人生の絶頂からどん底へと突き落とされた彼女の半生を、悲しくも、ユーモラスに描き出します。

◼︎『アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル』のストーリー

1970年、米オレゴン州、ポートランド。

低所得で学もない母ラヴォナ(アリソン・ジャネイ)の四番目の夫との間に生まれたトーニャ・ハーディング(マーゴット・ロビー)は、幼い頃からスケートの才能を開花させる。しかし、気に入らないことがあるたびに娘を罵倒する母親から日常的に暴力を受けていた。

15歳になったトーニャは、ある日の練習中にリンクで出会ったジェフ・ギルーリー(セバスチャン・スタン)と恋に落ちるが、その数カ月後にはトーニャに対するジェフの暴力が日常化する。

しかし、幼い頃から母の暴力の中で育ったトーニャは、暴力が振るわれるのは自分のせいだと思い込み、謝罪されるとすぐにヨリを戻してしまうのだった……。

歪な人間関係に身を置く一方、トーニャはジェフと結婚した翌年(1991年)に、スケートの全米選手権でアメリカ人初のトリプルアクセルに成功、大会初優勝を飾るなどして大活躍。

続く世界選手権でも2位に輝き、トーニャは92年アルベールビル、94年リレハンメルと二度のオリンピック代表選手に選ばれる。

そんな中、ついにジェフとの離婚に踏み切ったトーニャだったが、彼の友人がトーニャのライバルであるナンシー・ケリガン選手を襲撃したことで、トーニャのスケート人生は一変する。

一度は栄光を掴み、アメリカ中から大きな期待を寄せられたトーニャだったが――。

◼︎「ナンシー・ケリガン襲撃事件」って?

本作でトーニャの人生を一変させる大きな出来事として描かれる「ナンシー・ケリガン襲撃事件」とは一体どんな事件だったのでしょうか?

1994年1月6日。
リレハンメルオリンピックの代表選考会となる全米選手権の会場で、優勝候補とされていたナンシー・ケリガンが、練習後に何者かに右ひざを殴打され怪我を負いました。ナンシーは欠場を余儀なくされ、トーニャが全米選手権の優勝を飾ります。

ところが、事件発生から2週間後、トーニャの元夫らが襲撃事件の犯人として逮捕され、トーニャの関与も疑われることに……。

全米スケート協会とアメリカオリンピック委員会はトーニャのオリンピック出場権をはく奪しようとしますが、トーニャは無実を主張し続けて、なんとかリレハンメルオリンピックに出場します。

しかし、トリプルアクセルの失敗や、靴紐の不具合などでトーニャは8位入賞に終わってしまうのでした。

◼︎主演女優 マーゴット・ロビーは、結婚式の前日もスケートリンクの上に立っていた。

トーニャ・ハーディングを演じるのは、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』で文字通りレオ様を足蹴にしていた美女・ナオミ役で大ブレイクし、『スーサイド・スクワッド』のハーレイ・クイン役でも話題を集めたマーゴット・ロビーです。

マーゴットは、本作のプロデューサーも務めたほか、本作で初のアカデミー主演女優賞にノミネートされる快挙も成し遂げました。

マーゴットは、本作のために4カ月に渡ってスケートを猛特訓。
トーニャが話すアメリカ北西部なまりの英語も完全にマスターしました。

なんと、自身の結婚式の前日もアイススケートのリンクに立っていたというマーゴット。
4カ月間、週に5回、1日4時間も練習していたというから驚きです。

徹底したトレーニングと、見事な演技力でトーニャ・ハーディングになり切ったマーゴットの演技は必見!

◼︎演技派、アリソン・ジャネイ演じる母親にも注目!

もうひとり注目したいのは、トーニャの母親ラヴォナ・ハーディング役を演じた演技派アリソン・ジャネイです。

娘のトーニャを貧困から脱するための道具としてしか扱わず「あの娘はどうせダメだって言わないと力を発揮しない」と決めつけ、言葉と体の暴力で娘をねじ伏せるその鬼母ぶりは、あまりに強烈です。

思わず身震いするほどのその怪演は、ぜひスクリーンでご確認ください!

トーニャ・ハーディングの悲劇を描きながらも、ユーモラスも忘れず、目が離せないほどの面白さを持つ本作『アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル』は、5月4日より全国公開しています。

アンチーヒーローを演じたらピカイチのマーゴット・ロビーをぜひスクリーンで楽しんでみてください!

◼︎『アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル』公開情報

『アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル』
5月4日(金)、TOHOシネマズ他、全国ロードショー
監督:クレイグ・ギレスビー
出演:マーゴット・ロビー セバスチャン・スタン アリソン・ジャネイ、マッケナ・グレイス
配給:ショウゲート
上映時間:120分
公式サイト:tonya-movie.jp
(C)2017 AI Film Entertainment LLC

Share

古川 ケイ

映画ライター。新作映画情報サイト「木曜日のシネマ」運営。 大学卒業後、インディペンデント系映画配給会社に入社し、映画業界誌の編集・ライター業務に従事したのち、宣伝部にて洋・邦映画作品の宣伝を手がける。その後テーマパーク運営...

関連記事

Latest Article