1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ファッション
  3. 着るだけで背筋が伸びる。ツイードジャケットが1枚あるといい

着るだけで背筋が伸びる。ツイードジャケットが1枚あるといい

Share

ツイードジャケットを着ると、背筋がピンと伸びる――そんな感覚はありませんか。1枚持っておくと、春という新生活を素敵に始められるような気がします。今回はツイードジャケットの着こなしアイデアをふたつご紹介。

着るだけで背筋が伸びる。ツイードジャケットが1枚あるといい

春の足音が近づいてきましたね。入園、卒園、入学の時期。仕事場でも新年度を迎えることで、環境の変化があるのではないでしょうか。

人と一番多く出会う、春。別れもある、春。

もしかすると、前向きな気持ちだけに包まれない春かもしれませんが、そんなときこそ「ファッション」で背筋を伸ばすと、気持ちもすっきりするかもしれません。

わたし自身、春はワクワクする季節でもあると同時に、すこしナイーブな気持ちにもなる季節でもあります。

春の思い出を辿ってみると、名古屋のCHANELブティックで働き始めた季節。名古屋から離れて東京のブティックで働き始めた季節……。

春には出会いと別れが書き出せないほど、たくさん詰まっています。桃や桜の香りでふと、そんな思い出が一気に溢れ出てくることもあります。

だからこそ、春はファッションのリセット時期。1年に一度、新たな気持ちを迎えるために背筋を伸ばしませんか?

今回は背筋を伸ばすのにおすすめな、ジャケットの着まわしについてご紹介します。

◼︎ツィードジャケットで気持ちも新しく

ネイビーのワントーンコーデで背筋を伸ばす日

LOULOUのブラウスにUNIQLOのアンクルパンツをコーディネートしました。

ネイビーのワントーンコーデは、「清潔感」「知的」な印象を作ることができます。きちんと感を出したい日におすすめです。

黒色のワントーンコーデだと、もう少しフォーマル感が強くなります。春の行事で、親近感を大事にしたい場合は、黒より「ネイビー」の方が良いかなと思います。

白のワントーンコーデにするのも素敵です。白だととても華やかで目立つコーディネートになるので、ご自身が「主役」になる場にはぴったり。

逆にご自身が主役にならない場合は避けた方が良いです。

グラデーションコーデで背筋を伸ばす日

ベージュのジャケットに、ブラウンのパンツを合わせ、グラデーションカラーのコーディネートを作りました。

ジャケットにコサージュをプラスして、パールのブレスレットを着けました。アクセサリーをプラスするだけで、フォーマルな雰囲気に。

我が家は息子が卒園することもあり、「謝恩会」のようなセレモニーに取り入れたいコーディネートです。

グラデーションコーディネートは、華やかでありながら上品に仕上がるので、華美にならずとてもおすすめです。

ベージュ&ブラウン
ネイビー&水色
グレー&薄紫

などグラデーション配色がおすすめです。

デニムに合わせて背筋を伸ばす日

最後にツイードジャケットにデニムを合わせたコーディネートの紹介です。ツイードジャケットが「柔らかい」「女性らしい」印象の甘口アイテムだとしたら、デニムは「カジュアル」「メンズライク」な辛口アイテムです。

だからこそ、甘辛ミックスのデニムとツイードジャケットのコーディネートは、「女性らしさ」と「カジュアル感」がミックスされ、「品良く」「女性らしい」取り入れやすいコーディネートに仕上がります。

ヴィンテージデニムだとこなれ感が作れて、生デニムだとキレイめな雰囲気に仕上がります。

◼︎新生活、背筋を伸ばしてスタートしよう

もしかすると、新生活といっても自分には環境の変化もなく、新たな出会いも特にないかな、という方もいらっしゃるかもしれませんね。

大学で心理学を専攻していたこともあり、環境における「ストレス」の関わりを、ここで少し書かせてください。

ストレスはマイナスの環境でのみ感じるものではなく、プラスになる環境においても感じるもの。さらには、自分自身は直接関わらないことに対しても、ストレスは無意識に感じてしまうものだそう。

だからこそ、環境の変化や特別だと感じることが自分になくても、「春だからこそ、一度背筋を伸ばす」ことで、「新年度だから」とリセットしてみると良いのではないでしょうか。

今回着回したジャケットはANAYIのもの。新たに購入したものではなく、約15年前、春に備えて購入したものです。トレンドに左右されないアイテムなので長く着続けられました。

春は、やはり背筋を伸ばしたくなる季節のようです。

2018年春、はじめましての気持ちで、ジャケットを羽織ってみてはいかがでしょうか?

Share

木村 えりな

パーソナルコーディネーター®。1978年生まれ。CHANELのファッションブティックにてファッションアドバイザーとして勤務。2児の母。現在はパーソナルコーディネーター®として起業家女性のスタイリングやおしゃれをもっと自由に楽...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article