1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 美容/健康
  3. ちょっぴりビターなバレンタインネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

ちょっぴりビターなバレンタインネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

Share

バレンタインネイルをマニキュアで仕上げる、簡単なやり方をご紹介します。大人向けのビターなバレンタインネイルは、カラーはチョコカラー2本、ポイントにゴールドを加えた粋なデザイン。イベント感を楽しめる簡単時短アートです。豊富な画像で解説しています。

ちょっぴりビターなバレンタインネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

バレンタインネイルはスイートな見た目になりがちですが、カラーとデザインを工夫すれば、大人でも甘すぎないバレンタインネイルを楽しめます。

今回のバレンタインネイルは、カラーはチョコカラー2本のみにし、ポイントにゴールドを加えてビターな大人バレンタインネイルに仕上げてみました。

手描きの爪はダブルハートでかわいらしさを投入して、ゴールドスタッズで統一感を出しています。それ以外はワンカラーとシールを使っているので、簡単かつスピーディーに仕上がるネイルです。

ダブルハートは手書き風がポイントなので、きれいに描けなくても大丈夫。100均の筆でささっと描くだけでOKです。この時期にぜひお試しください。

■ビターなバレンタインネイルに必要な材料

今回使用したネイルグッズはこちらです。

・エスポルールNo.22(カフェオレ)
・エスポルールNo.23(チョコレート)
・エスポルールNo.1(ホワイト)*すべてダイソー

・ダイソーのネイルアートブラシ(先端を細くカットしたもの)
・アルミホイル
・ゴールドスタッズ
・ゴールドのロゴシール

■マニキュアを使った、ビターなバレンタインネイルのやり方

ベースカラーを2度塗りして乾かします。今回はカフェオレ3本、チョコレート2本で、ハートを描く指はカフェオレです。

ベースのカフェオレが乾いたら、ダブルハートを描いていきます。あらかじめアルミホイルにチョコレートを垂らしておきます。

先端を細くしたダイソーブラシにカラーをとって、小さめのハートを描きます。筆の向きを変えながらハートを描いていきますが、きれいなハートではなく、「なんとなくハート」であればOKです。

ハートをきれいに描くのは難しいです。今回のポイントは"手描き風"。

画像のようにラインがガタガタしていても問題ありません。使うカラーが乾いてくると、ドロッとして描きにくくなるため、ささっと描いてしまうのがポイントです。

一度ブラシを除光液できれいにするか、新しいブラシを使って、ホワイトのハートを描いていきます。

先ほどと同様に、筆でささっとハートを描きます。チョコレートのハートの真上ではなく、少し横にずらして描いていきます。

ハートは全部を同じ形にするのではなく、いびつなものも混じっていた方が、"手描き感"が出てかわいく仕上がります。

ハートを書き終えたら、お好みでゴールドスタッズを散らします。トップコートを塗ったら、ダブルハートの完成です。

チョコレートの爪はベースカラーが乾いた後にシールを貼るだけ。シールはお好みでOKですが、今回はバレンタインを意識した、ハートにLOVEの文字が入ったシールを使いました。

もう1本は「チョコレートのパッケージ」をイメージして、ロゴシールを斜めに貼っています。

すべての指にアートをした後、トップコートを塗って完成です。

■やり方を覚えて素敵なバレンタインネイルを!

イベント感を出すのも、セルフネイルの楽しみのひとつです。

今年のバレンタインはネイルアートで楽しんでみてはいかがでしょうか。

今回のビターバレンタインネイルは簡単時短アートなのでぜひお試しください!

■セルフネイルの基本のやり方
■「マニキュアでセルフネイル」連載一覧はこちら

Share

ryo

1978年生まれのネイリスト。イタリアのインターナショナルスクール/立教大学を卒業しアパレル業界に勤務。 出産後はネイリストとしてサロンに勤務するかたわら、自宅ネイルサロンでジェルネイルを施術。またマニキュアで大人女子ネイ...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article