美しさの秘密に迫る『ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男』- 古川ケイの「映画は、微笑む。」#34

美しさの秘密に迫る『ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男』- 古川ケイの「映画は、微笑む。」#34

DRESS読者のみなさま、あけましておめでとうございます! 本年、みなさまにご紹介する1本目の映画は『ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男』です。現役ファッションデザイナーとして、唯一無二の輝きを放つドリス・ヴァン・ノッテン。そんな彼の 創作プロセスと、貴重な私生活に迫った必見のドキュメンタリーです。


■美しい洋服。ドリスのインスピレーションの源は――?

色鮮やかな生地や刺繍、異なる素材やテイストの組み合わせなどで、私たちを魅了し続けているラグジュアリーブランド「ドリス・ヴァン・ノッテン」。

これまでプライベートや自宅の公開を拒否してきた同ブランドのファッションデザイナーであるドリス・ヴァン・ノッテン本人が、ついにその秘密のベールを脱ぎます。


同ブランドと他ブランドの大きな違いは、デザイナーであるドリス自身がデザイン画を描かずに、生地作りから始まる、その製作過程にあります。また、「ドリス・ヴァン・ノッテン」は”広告は一切出さない”、”自己資金だけで活動する”、”手軽な小物やアクセサリーは作らない”など、洋服だけで世界と勝負しつづけてきました。

本ドキュメンタリーはここ25年間、一度も休むことなく春夏・秋冬のメンズとレディースのコレクションを発表しているドリスの創作プロセスや、インスピレーションの源に迫ります!

◼︎ドリス・ヴァン・ノッテンってどんな人?

プロフィール

・1958年 ベルギー・アントワープに生まれる

・1976年 18歳でアントワープ王立芸術学院のファッション・デザイン科に入学

・1986年 同期生6人と、ロンドン・ファッション・ウィークに参加し、メンズウェアのコレクションを発表/アントワープのギャラリーアーケードに初のブティックをオープン

・1989年 パリメンズコレクションに初参加

・1993年 パリレディースコレクションに初参加

・2014年 パリ装飾芸術美術館で自身のインスピレーションズ展を開催

・2017年 記念すべき100回目のファッションショーを開催

1958年、ベルギーのアントワープで生まれたドリス・ヴァン・ノッテンは、テーラーとブティックを経営する家で育ちました。

少年時代から父に連れられてミラノやパリなどのショーやコレクションを見学していたドリスは、アントワープ王立芸術学院のファッション・デザイン科に入学します。
卒業後は、フリーランスのコンサルタントデザイナーとしてファッション界に入ると、86年にメンズウェアのコレクションを発表し、そのキャリアをスタートさせました。

あのアイリス・アプフェルも絶賛!

ミシェル・オバマ前大統領夫人やニコール・キッドマンなど多数のセレブリティたちから愛されるドリス。
現在96歳にして多くの有名デザイナーたちからリスペクトされ、今なおNYのカルチャーシーンに影響を与え続けているアイリス・アプフェルもドリスを愛するひとりです。

アイリスは、ドリスを「彼のようなデザイナーはもうすでに絶滅している。だからこそ、彼は宝物なの」と語ります。

◼︎ドリスの創作プロセスとは?

ドリスの洋服作りは、生地作りから始まります。

世界中の織物メーカーに発注した生地サンプルをチェックし、メンズ・レディースのデザインチーフとともにアイディアを出しあうと、さまざまな布を重ねたり当てたりして、最終的な形になるまで検討を重ねます。

ドリスがもうひとつ大切にしているのが、職人の手による刺繍。

インドに刺繍工房を構え、駐在員を置くなど徹底した姿勢は、手仕事の美しさを熟知する彼ならではの取り組みです。ドリスは、シーズンごとに刺繍を取り入れることで、高い技術を持つ職人を保護したいと語っています。

ドリスの仕事は、洋服を作るところでは終わりません。

コレクションのショーの舞台裏では、モデルたちに自ら着付けを行うだけでなく、ポケットに手を入れるか、それとも入れないで歩くかなど細かく指示を出します。

ショーが終わっても「もっとこうすれば良かったというミスを100は思いつく」という、ドリスのストイックな姿勢がスクリーンに映し出されます。

◼︎公私にわたるパートナー・パトリックとの暮らしにも迫る

ドリスを語るうえでかかせないのは、公私ともに長年ドリスのパートナーをつとめているパトリック・ファンゲルーヴェの存在です。

ドリスとともにブランドのデザインやコレクションを担当しているパトリックは、アントワープの郊外の邸宅でドリスと共に暮らしています。カメラは3年に及ぶ取材交渉の末に、ついにその邸宅をも撮影することを許可されました。

パトリックとドリスは「私たちの家や庭や暮らしぶりのすべてを撮影に含んでもよいものか?」と考えた末、最後には「そうした方がいいだろう」という結論に達したそうです。

そのほどまでに、家や庭、そこでの私生活が、ドリスを構成する大切な要素であることが、映画の中では時間をかけて明かされていきます。

デビュー以来、多種多様な花のモチーフを使ってきたドリス。

パトリックと暮らす邸宅の広大な庭に咲き誇る季節ごとの花々や、家庭菜園で採れるカラフルな野菜たちが、彼のコレクションに大きな影響を及ぼしていることは、想像に難くありません。

ふたりの審美眼をクリアした芸術品が所狭しと飾られ、庭園から持ち込まれた花が、インテリアにマッチする形で生けるけられていく様はため息が出るほど美しく、ドリスがプライベートにも全力で取り組んでいることが伝わってきます。


「ドリスは自宅や旅先でも細かいやることや行くところのリストと時間割を作り、のんびりできない性分なの」と明かすパトリックと、それを苦笑しながら聞くドリスの表情からは、28年連れ添ったふたりが、互いを想う気持ちがじんわりと伝わってくるようです。

本作のカメラが密着するのは、2014年9月にパリのグラン・パレで開催された「2015春夏レディース・コレクション」から、15年越しのラブコールが叶い、やっと会場の使用許可が下りた2016年1月のパリ・オペラ座での「2016/17秋冬メンズ・コレクション」の本番直後まで。

「ファッションという言葉は好きではない。なぜならそれは半年間で消費されるもののように聞こえるから」

「時代を超えたタイムレスな服を目指している」

「じっくりと何度も味わえる服を作りたい」

そう語るドリスの服作りの裏側を知ったあとは、きっと誰もが彼の服を手にとってみたくなるでしょう。

以前よりもっと彼の服が好きになる――『ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男』は、そんな必見のドキュメンタリーです。

◼︎『ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男』公開情報

『ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男』
2018年1月13日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野ほか全国順次公開
監督・脚本・撮影・製作:ライナー・ホルツェマー
出演:ドリス・ヴァン・ノッテン、パトリック・ファンヘルーヴェ、アイリス・アプフェル
配給:アルバトロス・フィルム
上映時間:93分
公式サイト:http://dries-movie.com
© 2016 Reiner Holzemer Film – RTBF – Aminata bvba – BR – ARTE

この記事のライター

映画ライター。新作映画情報サイト「木曜日のシネマ」運営。 大学卒業後、インディペンデント系映画配給会社に入社し、映画業界誌の編集・ライター業務に従事したのち、宣伝部にて洋・邦映画作品の宣伝を手がける。その後テーマパーク運営...

関連する投稿


【チケプレあり】映画『ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男』劇場鑑賞券をプレゼント

【チケプレあり】映画『ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男』劇場鑑賞券をプレゼント

孤高のファッションデザイナー、ドリス・ヴァン・ノッテンに密着したドキュメンタリー映画『ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男』が1月13日(土)からヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館他全国順次ロードショー。こちらの劇場鑑賞券を2組4名様にプレゼントします。


世界中のセレブを魅了する靴の秘密。『マノロ・ブラニク トカゲに靴を作った少年』- 古川ケイの「映画は、微笑む。」#33

世界中のセレブを魅了する靴の秘密。『マノロ・ブラニク トカゲに靴を作った少年』- 古川ケイの「映画は、微笑む。」#33

”世界で唯一走れるピンヒール”といわれる「マノロ・ブラニク」。「セックス・アンド・ザ・シティ」の主人公キャリーの愛用シューズとして人気に火がつき、世界中の女性たちを熱狂させてきました。そんな”魔法の靴”を作り続けてきた、マノロ・ブラニク本人に迫るドキュメンタリー。クリスマスに美しいシューズ作りの裏側を覗いてみませんか?


不器用なヒロインに共感! 脳内片思いVS.リアル恋愛を描く『勝手にふるえてろ』- 古川ケイの「映画は、微笑む。」#32

不器用なヒロインに共感! 脳内片思いVS.リアル恋愛を描く『勝手にふるえてろ』- 古川ケイの「映画は、微笑む。」#32

中学の同級生「イチ」に約10年間片思い中の24歳のOLヨシカ。そんなヨシカの前に、暑苦しい会社の同期「ニ」が現れ、告白されて……。芥川賞作家・綿谷りさの同名小説を元に、"脳内片思い”と”リアル恋愛”の間で揺れる恋に臆病なヒロインを実力派若手女優・松岡茉優が熱演! ラブコメ史上最もキラキラしていない主人公の登場です。


【チケプレあり】映画『デヴィッド・リンチ:アートライフ』一般試写会にご招待

【チケプレあり】映画『デヴィッド・リンチ:アートライフ』一般試写会にご招待

リンチが紡ぐ「悪夢」はどこから生まれるのか? デヴィッド・リンチ監督のドキュメンタリー『デヴィッド・リンチ:アートライフ』が2018年1月27日(土)より、新宿シネマカリテ、アップリンク渋谷ほかにて全国順次公開。こちらの試写会に、5組10名様をご招待。


12歳のピュアで可愛い恋にほっこり! 『はじまりの*ボーイミーツガール』- 古川ケイの「映画は、微笑む。」#31

12歳のピュアで可愛い恋にほっこり! 『はじまりの*ボーイミーツガール』- 古川ケイの「映画は、微笑む。」#31

フランスでベストセラーを記録したパスカル・ルテールの原作小説を、『赤ちゃんに乾杯!』などで俳優としても活躍するミシェル・ブジュナー監督が映画化した『はじまりの*ボーイミーツガール』。12歳の少年ヴィクトールが想いを寄せる優等生マリーには誰にも言えない秘密があって…。ふたりの小さな恋の行方に、心が温まる作品です。


最新の投稿


友人知人に「友だちって何?」とメッセージしてみたら

友人知人に「友だちって何?」とメッセージしてみたら

『DRESS』1月特集は「トモダチってナニ?」。ときどき「大人になると友だちができない」という声を聞きます。友だちがほしいのにできない――そんな方は本特集にヒントがあります。友だち論や新しい友だちを増やせそうなスポットの紹介、友だちと一緒に過ごさないひとり時間など、友だちにまつわるあれこれを取り上げます。


キャリアと経験を掛け合わせてレアな人材になる――未経験からのチャレンジで活躍する方法

キャリアと経験を掛け合わせてレアな人材になる――未経験からのチャレンジで活躍する方法

異職種への転職や未経験からのチャレンジ。やってみたいけど、活躍できるかどうか、不安で一歩踏み出せない人も多いはず。今回は株式会社メルカリの広報、中澤理香さんのキャリアインタビューから、未経験からの転職で活躍する方法を紐解きます。


僕が携帯電話を持たない理由【林伸次】

僕が携帯電話を持たない理由【林伸次】

大人になると友達を作るのが難しい……。そんな悩みを抱える人は少なくないようです。そもそも友達とは何なのか? 友達を作りたいとき、どう作るのか? 「DRESS」では1月、「友達」特集(仮)をお届けします。渋谷でbar bossaを経営する林伸次さんに「友達と孤独」をテーマに寄稿いただきました。


1月特集「トモダチってナニ?」

1月特集「トモダチってナニ?」

『DRESS』1月特集は「トモダチってナニ?」。今の友だちに満足している人も、友だちを増やしたいと思っている人も、今あらためて、友だちについて考えてみませんか。友だち論や新しい友だちを増やせそうなスポット、ひとりの時間など、友だちを再考するきっかけを提供します。自分が理想とする友だち関係をつくっていこう!


彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用ドレスシューズの常識

彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用ドレスシューズの常識

ビジネスシーンに最もふさわしいドレスシューズ(革靴)。一般的には、「黒の内羽根式のストレートチップ」のドレスシューズが最もクラシカルでフォーマル度が高いといわれます。ドレスシューズの正しい知識を押さえて、ビジネスシーンにふさわしい革靴選び、ケアをパートナーとふたりでしてみてはいかがですか。


おっぱい