1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 美容/健康
  3. 北欧風ネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

北欧風ネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

Share

北欧風ネイルの簡単なやり方をご紹介します。マニキュアがあればすぐにできます。1年を通して人気の北欧テキスタイル柄。ファブリックに取り入れている方も多いですよね。今回は簡単にできるネイルアートにしました。乗せて引くだけの簡単北欧柄なので失敗なし。やり方を豊富な画像を詳しくご紹介します。

北欧風ネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

マリメッコをはじめとした、温かみのある特徴的なデザインで、1年を通して人気なのが北欧テキスタイル柄です。ファブリックやディスプレイに取り入れている方も多いと思います。今回は北欧テキスタイル柄の簡単なやり方をご紹介します。

ネイルで北欧テキスタイル柄を作るのは難しそう……と思う方も多いかもしれませんが、今回は乗せて引くだけで簡単にできる北欧柄です。

手描きっぽさもポイントなので、模様はランダムでも大丈夫。気負わずできる簡単アート、ぜひ一度試してみてください。

■北欧風ネイルに必要な材料

画像は北欧風デザインに使用したネイルグッズです。

・トップコート
・リキュールネイル3(濡羽色)*キャン★ドゥ
・AT濃密グラマラスネイルエナメル21*セリア
・AT濃密グラマラスネイルエナメル22*セリア
・ネイルアートブラシ(細いもの。2本あると便利)

北欧風ネイルを施した爪以外で使用したカラーはこちらです。

・AT濃密グラマラスネイルエナメル26*セリア
・エスポルールNo.4*ダイソー

■マニキュアを使った、北欧風ネイルのやり方

まずはベースを塗ります。今回はキャン★ドゥのリキュールネイル3を使っています。画像は1度塗りですが、爪のスマイルライン(白い部分)を目立たせたくない方は2度塗りしてください。

乾くのを待っている間、カラーを垂らアルミホイルと細筆2本を準備しておきます。

細筆は2本あると便利です。というのも、北欧風ネイルでは黒と白ふたつのカラーを使っていて、模様を描く際のカラーチェンジ時間を短縮するためです。

ベースコートが乾き、細筆の準備ができたらトップコートを薄く塗ります。

刷毛で黒をしずく状に2カ所垂らします。ここは素早く。

2カ所に垂らしたら細筆に持ち替え、しずくの中央を通るように、手前にラインをスッと引きます。

サイドの白のラインも同様に、カラーを垂らして引く作業を繰り返します。ここはピッチを上げて、トップコートが緩いうちに描いていくのがコツです。

反対側も同様に模様を描きます。

北欧風テキスタイル模様はこれで完成。

ピンクの指はヌーディーピンクを2度塗り。乾いたら丸フレンチの要領で、ブラウンゴールドをアクセントに乗せましたが、こちらはお好みで大丈夫です。

すべての指にトップコートを塗ったら完成です。

■やり方を覚えて素敵な北欧風ネイルを!

北欧風のナチュラルなテイストを壊さないよう、ストーンなどのパーツは使用していません。代わりにブラウンゴールドをほんの少し利かせて大人感をプラス。

フラットな仕上がりの、シンプルながらも存在感のある北欧風デザイン、おすすめです!

■セルフネイルの基本のやり方
■「マニキュアでセルフネイル」連載一覧はこちら

Share

ryo

1978年生まれのネイリスト。イタリアのインターナショナルスクール/立教大学を卒業しアパレル業界に勤務。 出産後はネイリストとしてサロンに勤務するかたわら、自宅ネイルサロンでジェルネイルを施術。またマニキュアで大人女子ネイ...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article