1. DRESS [ドレス]トップ
  2. カルチャー/エンタメ
  3. 『フリンジマン』第11話あらすじ - 愛人作りのプロたちが始めた“奪い合い”

『フリンジマン』第11話あらすじ - 愛人作りのプロたちが始めた“奪い合い”

Share

『フリンジマン』第11話のあらすじや感想(ネタバレあり)をお届けします。キャストは板尾創路、大東駿介、淵上泰史、森田甘路など。危険人物・江戸川の登場に驚く井伏たち。気になる11話の展開は――。

『フリンジマン』第11話あらすじ - 愛人作りのプロたちが始めた“奪い合い”

『フリンジマン』第10話のレビュー・あらすじ

■『フリンジマン』第11話のあらすじ(ネタバレあり)

田斉(大東駿介)は料理教室で知り合った江戸川(東幹久)のおかげで、目当ての女性とキスすることに成功した。

江戸川の実力と考え方を目の当たりにした田斉は、今まで愛人作りのレクチャーをしてくれた井伏(板尾創路)と決別。

田斉が井伏と別れたあと、江戸川は「毒蜂料理人・バズコック」と呼ばれる、甘い言葉で近づき何もかも壊してしまう人物だということが判明した。

井伏から江戸川の正体を教えてもらった満島(淵上泰史)と安吾(森田甘路)は、田斉に真相を話そうとするが連絡は無視されてしまう。

直接話そうとふたりは田斉のマンションへと向かうが、途中、田斉の妻と江戸川が密会しているところを目撃する。

そのことも含めてふたりは帰宅途中の田斉に話すものの、田斉は不安になりつつふたりを振り切って帰宅した。

井伏は江戸川の目的を探るために、助っ人として愛人手術のスペシャリスト・森尾(村上淳)に連絡をとって呼び寄せる。

森尾を料理教室に送り込み、女性たちを誘惑してもらえば、江戸川は自分の場を乱されたと焦り、きっと何か動きを見せるはずだと井伏は考えていた。

満島、安吾とともに料理教室に入った森尾は、愛人作りのテクニックを活用して女性の心を掴んでいくが、江戸川も負けておらず、森尾が狙った女性を奪い返していく。

しかし、森尾のほうが一歩先をいく様子に焦った江戸川は、あることを今夜決行することに決めた。

一方、田斉は料理教室をサボり、目当ての女性と過ごしていたが……。

■『フリンジマン』第11話の感想

愛人作りのプロ同士のバトル、とても見応えがありました!

奪っては奪い返し、奪っては奪い返し……次々とテクニックを繰り出すふたりに、尊敬の念(?)を抱いてしまいそうになります。

井伏によると、料理教室に通う女性たちは江戸川の愛人だと思われるとのこと。

すでに誰かの愛人になっている女性をときめかせるなんて、これは森尾のほうが上手ですね。

開業医というステータス、さらに女性のハートをつかむ心理テクニック。

私も江戸川か森尾か選べと言われたら、森尾にクラっときてしまいそうです。

特に、自分でも気づいていない長所を褒められるのはたまりません。もしも褒めてもらえたら、「この男性、私のことをよく見てくれている!」と胸キュンします。

とはいえ、「脈が若い」という褒め言葉(?)は、いまいちピンとこず噴き出してしまいました。体年齢や肌年齢が若い、という感覚と同じなのでしょうかね。

さて森尾が乱入したことにより、江戸川はかなり焦ってしまいました。江戸川は協力者の女性に電話を入れて怒鳴り、何かを決行するように指示。

この時点では何をするつもりなのかわかりませんでしたが、物語の最後に井伏の諜報室が荒らされているシーンを見て、ピンときた視聴者は多いはず。

恐らく江戸川が女性に指示したのは、諜報室を突き止めて、井伏の愛人のデータを盗むこと。

江戸川が井伏の愛人のデータを欲しがるのは、愛人作りのライバルとして目障りだから? それともほかに個人的な恨みがあるのか? とても気になるところです。

江戸川は諜報室のみならず、田斉の妻にも接触しています。どのような思惑で近づいているのか、こちらも気になって仕方がありません。

愛人作りのプロなのですから、田斉の妻を愛人にしようとしているのかも。ただ、そもそもなぜ田斉の妻を狙うのかがわからない。

田斉も妻の浮気疑惑があるからこそ、不倫に意欲的になってしまっています。

このままだと、田斉夫婦はダブル不倫をして夫婦仲は最悪なことに……?

まだ田斉の妻が浮気していると決まったわけではありませんが、不穏な空気が漂いすぎていて不安です。なんせ、江戸川が絡んでいるのですから!

ちなみに田斉は愛人の原石と裸でベッドにいましたが、本当に体を重ねてしまったのかは疑問が残るところ。田斉は記憶がないのですから、ただ寝ていただけの可能性もあります。

毎週楽しみにしていた『フリンジマン』も、来週でいよいよ最終回。田斉夫妻、さらに井伏と江戸川の対決がどうなるのか必見です。

最後まで見届けようと思います!

■『フリンジマン』作品概要

「愛人がほしい!」その願望を抱く田斉、満島、安吾の3人は、今まで数々の愛人を作ってきた井伏に愛人の作り方を教えてほしいと申し出る。

井伏は愛人教授(ラマン・プロフェッサー)として愛人を作る方法を教える代わりに、「愛人同盟」として4つの掟と厳しい指導、ミッションを与えていく――。

なぜ男が不倫をするのか? 危険な愛人作りの先にあるのは天国か、それとも地獄か……? 笑いあり、エロありの不謹慎不倫コメディードラマ。

第11話 12月16日(土)深夜0時20分〜放送分

■『フリンジマン』キャスト

板尾創路
大東駿介
淵上泰史
森田甘路
東幹久
村松利史
筧美和子
佐津川愛美
岸明日香
小倉優香
MEGUMI
板野友美
ほか

『フリンジマン』最終話あらすじ - 不倫で愛を捨てるのは相手を不幸にしないため

https://p-dress.jp/articles/5836

『フリンジマン』最終話のあらすじや感想(ネタバレあり)をお届けします。キャストは板尾創路、大東駿介、淵上泰史、森田甘路など。江戸川の脅威が迫ってくるなか、愛人同盟はどう対処するのか? 気になる最終話の展開は――。

Share

神之 れい

関西在住のフリーライター。1984年11月5日生まれ。ライターとは無関係の短大へ進学、一般企業で5年ほど勤めた後にライターへ転身。女性向けウェブメディアを中心に執筆。もやもやを抱える女性のヒントになるような記事執筆を目標に活...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article