フィリピン発、本格ミステリーの翻訳出版を目指すクラウドファンデイングがスタート!

フィリピン発、本格ミステリーの翻訳出版を目指すクラウドファンデイングがスタート!

フィリピンを舞台にした小説は限られていて、日本で数点刊行されているものの、手に取ったことがない方が多いのではないでしょうか。そんな中、フィリピンで生まれた本格的なミステリー小説『Smaller and Smaller Circles』を日本で出版しようとする企画が立ち上がりました。


フィリピンと聞くと何を思い浮かべるでしょうか。セブ島のビーチ? 混沌としたマニラの市街?  
では、フィリピンの小説って読んだことありますか?

フィリピンを舞台にした小説は日本語や翻訳で何点かあるものの、手に取ったことがない方がほとんどではないでしょうか。そんな中、フィリピンで生まれたミステリー小説を日本で出版しようとする企画が立ち上がりました。作品タイトルは『Smaller and Smaller Circles』。

■『Smaller and Smaller Circles』あらすじ

1997年夏、フィリピン・マニラ。ゴミ山がいくつもそびえるパタヤス地区で顔の皮を剥がれ、内臓を抜き取られた少年の死体が次々に発見される。
フィリピン国家警察から捜査への協力を要請された法人類学者のサエンス神父は、残忍な連続殺人鬼を見つけ出すため、かつての教え子で友人でもある心理学者ルセロ神父とともに全力を尽くす。やがて2人は心に深い闇を抱える犯人を導きだすのだが――。

本書のオリジナル版は、フィリピン国内で異例の発行部数を記録し、フィリピン国民文学賞など数々の賞を受賞しました。それが世界の優れたクライムミステリーを出版するニューヨークの出版社、Soho Crimeの目に留まり、大幅に加筆されて2015年にアメリカで刊行されると、フィリピン初のクライムフィクションとして多数メディアでも紹介され、英ガーディアン紙が「古典的で良質なシリアル・キラー小説」と絶賛しました。
そして今年、本書を日本の読者に届けるために、日本語版の出版を目指すクラウドファンディングプロジェクトがはじまったのです。

ここではこの作品のおすすめポイントをご紹介していきます。

■本書の出版に関わる女性たちの活躍がすごい!

まず注目したいのは、本書の出版に関わる女性たちです。著者のF.H.バタカンはフィリピン大学大学院で修士号取得後、政府の情報機関であるフィリピン・インテリジェンス・コミュニティーで10年近く勤務したのち、放送ジャーナリストとなったという異色の経歴をもちます。
諜報員とジャーナリスト両方の目を通してフィリピンの社会に向き合ってきた著者が書いたからこそ、本書はリアリティあふれる作品となったのです。

『Smaller and Smaller Circles』の著者、F.H.バタカン

また、『Smaller and Smaller Circles』を発掘してアメリカに紹介したJacaranda Literary Agencyは南アジア初の文芸エージェンシーです。運営するのはインド、シンガポール、そしてフィリピンをそれぞれ拠点とする3名の女性。小説からノンフィクション、児童書に至るまで、アジアを中心とする優れた作品を欧米の出版社に紹介する橋渡し役として活躍し、世界中の出版社から注目されています。

南アジア初の文芸エージェンシー、Jacaranda Literary Agencyを運営するインド、シンガポール、フィリピンを拠点とする3名の女性、Andrea、Helen、Jayとトランネットのスタッフ。

■日本ではまだ数少ないアジア文学、そして引き込まれるストーリー!

アジアの文学作品が日本語に翻訳されることも近年は増えてきているものの、日本の翻訳文学市場のほとんどを占めるのは欧米の作品です。本プロジェクトには「西洋以外でも文学が書かれていること」をより多くの人に知ってもらいたい、そして「欧米の作品ばかり翻訳される流れを変えていきたい」という思いも込められています。

またエンターテイメント作品として面白いことはもちろん、フィリピンの社会問題を鋭く描いていることも本書の魅力です。ゴミ拾いをしてその日その日を生き抜く子供たち。腐敗に慣れきってしまっている警察組織。本書のオリジナル版が書かれたのは90年代ですが、フィリピンの状況が今も変わっていないことに著者は怒りをあらわにしています。

日々のニュースとは異なるレベルでフィリピンの実情を容赦なくつきつけてくる本書は、ミステリーや海外文学の愛読者に限らず、フィリピンをはじめとするアジア、国際情勢に関心がある人など、幅広い読者に受け入れられること間違いありません。

ぜひ、本プロジェクトのサポーターとして、翻訳出版を応援してください。

■クラウドファンディングならでは、の特典も!

フィリピン発の本格ミステリー小説『Smaller and Smaller Circles(仮:迫る包囲網)』を翻訳出版したい!

https://greenfunding.jp/thousandsofbooks/projects/2055

世界中の犯罪小説を出版する独立系出版社と、ユニークな作品を提案する作家エージェンシーが発掘したサスペンス小説!

プロジェクトを主催するのは、クラウド・ファンディングを活用して世界中の本の翻訳出版を、という新しい出版の仕組みを提唱するサウザンブックス。2016年の設立後、すでに6作品の翻訳出版プロジェクトを成立させています。

そして、今回は出版翻訳を専門とする翻訳会社トランネットとのコラボ企画で、翻訳者はトランネットが主催するオーディションによって選定されるため、文芸作品の翻訳家デビューを目指す人にとっても、貴重なチャンスです(オーディション参加費やトランネット入会費とセットになったプランもあります)。

支援の募集期間は2018年2月3日まで。「出版記念イベントご招待」や「ロンドンブックフェアご案内」等のお楽しみプラン(数に限りあり!)や、書籍が一般販売価格よりもお得に購入できるなプランも用意していますので、ぜひご支援をよろしくお願いいたします。

■映画『Smaller and Smaller Circles』が12月にフィリピンで公開!

先立って10月に開催された釜山国際映画祭でも上映された本作は、映画祭の創設者である故キム・ジソクを敬って新設されたキム・ジソク賞にもノミネートされました(受賞は吉田大八監督の『羊の木』)。残念ながら受賞は逃したものの、本作品が映画界でも高い評価を受けていることが窺えます。

この記事のライター

出版翻訳専門の翻訳会社。年間約150冊、累計1800冊以上を翻訳。日々、日本の読者に読んでもらいたい海外の書籍を探している。

関連するキーワード


ブックレビュー

関連する投稿


疲れたときにおすすめな、松浦弥太郎さんの本『孤独を生きる言葉』【積読を崩す夜 #17】

疲れたときにおすすめな、松浦弥太郎さんの本『孤独を生きる言葉』【積読を崩す夜 #17】

【積読を崩す夜】17回目は、『孤独を生きる言葉』をご紹介します。人気エッセイストの松浦弥太郎さんによる書き下ろし箴言集です。『DRESS』1月特集は「疲れない出会い」。新しい出会いや人づきあいに疲れて、心が折れそうになったとき、その言葉はそっと寄り添ってくれます。


『いとも優雅な意地悪の教本』で知る“品のいい意地悪”術

『いとも優雅な意地悪の教本』で知る“品のいい意地悪”術

『いとも優雅な意地悪の教本』という書籍をご存知ですか。SNSで見知らぬ誰かから投げかけられる、心ないコメントや意地の悪い反応――SNSを使っている人の中には、そんな負の感情をぶつけられたことがある方もいるのでは? 意地悪するのもやり返すのも、どうせなら優雅にやってみる、というのはいかがでしょうか。


食通なお相撲さんたちの“お気に”を集めた『相撲めし』が食べ歩きに使える!

食通なお相撲さんたちの“お気に”を集めた『相撲めし』が食べ歩きに使える!

お相撲さんの食事情、興味ありませんか? 普段何をどれくらい食べるの? お気に入りの店は? 地方でおすすめの店は? そんな“相撲グルメ”を楽しめる書籍『相撲めし-おすもうさんは食道楽-』をご紹介します。


髪が変わると顔まで変わる? 髪は女の運命を左右する【積読を崩す夜 #16】

髪が変わると顔まで変わる? 髪は女の運命を左右する【積読を崩す夜 #16】

【積読を崩す夜】16回目は、『なぜか美人に見える人は髪が違う』をご紹介します。誰しも自分の髪に不満や悩みを持っているもの。自分の髪を知って、自分に合うホームケアを行い、サロン帰りでなくても素敵な髪を保ちませんか。人気美容院のトップスタイリストである著者が、そのコツを教えてくれます。


「世界一性格の悪い男」を知っていますか? プロレスラーの生き様を知る書

「世界一性格の悪い男」を知っていますか? プロレスラーの生き様を知る書

DRESS編集長/DRESSプロレス部 部長補佐の池田園子が、プロレスの見方がもっと面白くなる書籍をご紹介します。今回取り上げるのは、『俺達が愛するプロレスラー劇場 Vol.1』。現在活躍するレスラーからレジェンドまで、10人のレスラーの生き様を伝えた書です。


最新の投稿


未練がましい男性ほど、次の行動を元カノに取らせたがる

未練がましい男性ほど、次の行動を元カノに取らせたがる

別れた元カレから突然謝罪の連絡が来るけど、それっきり。「どうすれば良いの?」と悩む女性もいるでしょう。未練がましい男性ほど、本音を隠して次の行動を元カノに取らせようとします。素直に復縁したいと言えない男心と、どんな対応をすれば良いかについてお話しします。


産む? 産まない? 子を持たない女性たちの声にふれたら、考えが揺れました

産む? 産まない? 子を持たない女性たちの声にふれたら、考えが揺れました

多くの女性が対峙する、子どもを産む・産まない問題。産んだ人の体験談はたくさん聞くけれど、産まなかった人の話って意外と聞かないような……? とふと思いました。子どもを持たない人生を送る女性たちのリアルな声を聞ける本『誰も教えてくれなかった 子どものいない人生の歩き方』と出会い、考えたこと、感じたこと――。


幸せを呼ぶ京都・開運旅へ! 新春におすすめの1泊2日モデルプラン

幸せを呼ぶ京都・開運旅へ! 新春におすすめの1泊2日モデルプラン

日本国内だけでなく、外国人観光客からも多くの支持を集める京都。そんな京都には悠久の時を超え、今も残る寺社や、晴れやかな気持ちになる雅な美食まで、パワーをもらえるスポットがたくさん。今回は新春におすすめな、開運京都旅のモデルプランをご紹介いたします。


”衝撃の40分”から目が離せない! 『デトロイト』が描く歴史に埋もれた戦慄の一夜 古川ケイの「映画は、微笑む。」#35

”衝撃の40分”から目が離せない! 『デトロイト』が描く歴史に埋もれた戦慄の一夜 古川ケイの「映画は、微笑む。」#35

イラクを舞台に米軍爆発物処理班の兵士たちを描いた『ハート・ロッカー』、オサマ・ビンラディンの捜索に執念を燃やすCIA女性分析官を描いた『ゼロ・ダーク・サーティ』など、センセーショナルな題材選びに定評のあるキャスリン・ビグロー監督。新作『デトロイト』は、米国デトロイト暴動で起きた戦慄の一夜を映画化した、必見の衝撃作です。


フランス女性は風邪予防&対策に「ハーブと野菜」を取り入れてる

フランス女性は風邪予防&対策に「ハーブと野菜」を取り入れてる

冷えや寒さから体調を崩しがちな冬、ちょっと調子が悪いなと感じたとき、どのようなケアを取り入れていますか? 早めに薬を飲むという手段もあるけれど、できればそれ以外で回復させたいもの。今回はフランス女性による風邪予防と対策法をご紹介します。


おっぱい