偏愛アイテムはあえて出す。“大好き”に囲まれた心地よい暮らし#2【輪湖もなみ】

偏愛アイテムはあえて出す。“大好き”に囲まれた心地よい暮らし#2【輪湖もなみ】

自らが「心地よい」と感じる住まいで暮らす方に、お部屋やインテリア、暮らし方を紹介していただくシリーズ。第2回目はDRESSコラムニストのひとり、輪湖もなみさんに登場いただきました。前後編のコラム、後編では自室のインテリアや好きなものをしまいこまないことで始まった、新たな仕事についても綴っていただきました。


我が家の家族にはそれぞれ自室がありますが、お互いの部屋の中は治外法権、どんなに散らかっていても関与しないルールです。

それもあって、私の部屋は偏愛度がさらに増し、ほとんど変態と言っていいくらいカオスです。スカーフにアクセサリー、靴、バッグ……こよなく愛するファッションアイテムに囲まれて眠るのが至福のとき。

■スカーフへの叶わぬ片想い

なかでもスカーフを集めるのが趣味です。海外に行くたび、ビンテージショップをうろつくたびに、珍しいスカーフを探しているうち、コレクションは100枚近くになってしまいました。

有名なエルメスのスカーフ「カレ」は、デザインから仕上がりまで約2年かかるそうです。スカーフの図柄の一つひとつには絵のように題名があって、自然科学、民俗学、歴史、宗教、壮大なテーマで描かれる図柄は、細部まで丁寧に描き込まれていて、見飽きることがありません。

ところが私はスカーフがちっとも似合いません。丸顔の私がしっとり分厚いシルクのスカーフを結ぶと、首がなくなりまるでドラえもんの首輪です。

いつかマダムと呼ばれるくらい成熟した大人になったらきっと似合うようになる、そう憧れ続けて四半世紀、老けはしてもいっこうに顔は痩せず、私のスカーフへの情熱はまるで福山雅治さんへの片想いのように、「叶わない、でも好き」を行きつ戻りつしていました。

■大好きなモノをしまいこむのをやめたら、人生が面白い方向に転がりだした

そんなとき、私の友人がやはり山のように持っているスカーフを持て余し、「使わないけど捨てられないのよね」と言ったのを耳にしました。

「ああそうだ。しまいこんでいても意味がない。何かにリメイクして使おう」と思い立ち、スカーフをリメイクしてバッグやアクセサリーや小物を作り始めました。

試しに私のファッションブログで、「よろしければあなたのタンスの肥やしのスカーフをリメイクします」と書いたところ、数百人もの方からご注文をいただきました。

「祖母から譲り受けた、私で三代目のスカーフです」
「私が初めて海外に行ったとき、今は亡き母へのお土産に買った思い出の品です」

そんなメッセージとともに、貴重なスカーフを預けてくださる方が大勢いたのには、本当に驚かされました。

スカーフへの偏愛が高じて、アラフィフにして私は「リメイクデザイナー」という、ふたつめの職業を持つことになったのです。

■研ぎ澄まされた偏愛と生きていきたい

大好きなものを目につかないようにしまいこんだままだったら、おそらくこんな面白い展開は起きなかったでしょう。

エルメスの広報担当者は「ラグジュアリーとは時間である」と言っていました。じっくり時間をかけて人の手がかかって作られたものは、とりわけ何か不思議なパワーがあるように私には思えてなりません。

今の世の中には、カンタンに作ってカンタンに捨てられるモノで溢れています。便利で安価で捨てても心が痛まない、そのようなものだけに囲まれた生活に、少し疲れた人も増えているのではないでしょうか。

優れたデザインや手作り、ビンテージや職人技は、そんな空虚な心を満たし、癒してくれると私は感じています。

自分らしく暮らす生活の芯を作るために、余分なものは削ぎ落としながら、自分にとって本当に意味のあるものだけを身近に置く。

おばあさんになっても、そんな研ぎ澄まされた偏愛で満たされた暮らしができたら幸せだなあと思います。私の部屋はこれからも、整然と片付くことはないでしょう(笑)。

偏愛アイテムはしまわない。“大好き”に囲まれた心地よい暮らし#1【輪湖もなみ】

https://p-dress.jp/articles/5179

自らが「心地よい」と感じる住まいで暮らす方に、お部屋やインテリア、暮らし方を紹介していただくシリーズ。第2回目はDRESSコラムニストのひとり、輪湖もなみさんに登場いただきました。10年以上家族と暮らしている自宅でつくる心地よい空間やインテリアのこだわりについて、前後編のコラムでご紹介いただきます。

この記事のライター

ファッションライター。 大手アパレルで16年間、ブランド管理や店頭指導などに携わる。 現在はフラワー装飾とファッション関連の仕事を兼務。 ブログ「ミランダかあちゃんのスタイルレシピ」は、 40代ファッション人気ランキ...

関連するキーワード


インテリア

関連する投稿


磨く、潤す……新年を心地よく迎えるためにしたい5つのこと

磨く、潤す……新年を心地よく迎えるためにしたい5つのこと

もうすぐ新しい年。すっきりした気持ちで2018年を迎えるために、捨てる、磨く、潤すなど、年内に5つのことを済ませておきませんか。


簡単、すぐできる。アロマディフューザーの作り方

簡単、すぐできる。アロマディフューザーの作り方

部屋を良い香りで満たしてくれるアロマディフューザー。最近は、インテリアアイテムとしても使える、お洒落なスティックタイプのリードディフューザーも定番になってきています。自分好みの香りでできる、簡単なアロマリードディフューザーの作り方をアロマコーディネーターがご紹介します。


「好き」を集める。心安らぐ部屋の作り方

「好き」を集める。心安らぐ部屋の作り方

心安らぐ自分の部屋、リラックスして自分を弛めることができる場所は、現代を生きる私たちにとってとても大切です。空間デザインのプロフェッショナルから、気軽にできる自分の空間づくりについて、アドバイスをいただいてきました。


偏愛アイテムはしまわない。“大好き”に囲まれた心地よい暮らし#1【輪湖もなみ】

偏愛アイテムはしまわない。“大好き”に囲まれた心地よい暮らし#1【輪湖もなみ】

自らが「心地よい」と感じる住まいで暮らす方に、お部屋やインテリア、暮らし方を紹介していただくシリーズ。第2回目はDRESSコラムニストのひとり、輪湖もなみさんに登場いただきました。10年以上家族と暮らしている自宅でつくる心地よい空間やインテリアのこだわりについて、前後編のコラムでご紹介いただきます。


足し算は卒業。引き算で手にした心地よい暮らし#2【兎村彩野】

足し算は卒業。引き算で手にした心地よい暮らし#2【兎村彩野】

自らが「心地よい」と感じる住まいで暮らす方に、お部屋やインテリア、暮らし方を紹介していただくシリーズ。初回はDRESSコラムニストのひとり、兎村彩野さんに登場いただきました。今夏引っ越した新しい住まいで、パートナーとふたりでつくる心地よい空間を紹介するコラム、後編です。


最新の投稿


甘酒処方のスキンケアでもっちり、うっとりな美人肌に

甘酒処方のスキンケアでもっちり、うっとりな美人肌に

巷で大人気の甘酒がスキンケアアイテムに。メイクアップが、「甘美透酒オールインワン化粧水&オールインワン乳液」を新発売。オリジナルの甘酒処方でスキンケアを完了できる便利なアイテムです。化粧水・乳液の2種を展開しています。


7種のプチシュータワーにあたたかチョコソースをかけた“ひやあつ”スイーツ

7種のプチシュータワーにあたたかチョコソースをかけた“ひやあつ”スイーツ

温かいチョコレートソースをかけて。撮ってもシェアしても楽しい、新作“ひやあつ”デザートが銀座コージーコーナーに登場! 1月19日より、限定店舗で、創業70周年記念デザート「苺のプチシュータワー~7色のアイス~」を期間限定販売します。


2000円の恋、そして結婚【疲れない出会い】

2000円の恋、そして結婚【疲れない出会い】

『DRESS』1月特集は「疲れない出会い」。恋愛への入口となる「出会い」で、背伸びしたり、無理したり、取り繕ったり。自分を追い込んでつらいと感じているなら、がんばりすぎないで。背伸びせず、自然に過ごすなかで出会って、恋愛を経て結婚したふたりの事例をお届けします。今回は共通の知人を介して出会ったふたりをご紹介します。


あなたを美しく魅せる「色」を見つける――流行にとらわれない大人のコスメ術

あなたを美しく魅せる「色」を見つける――流行にとらわれない大人のコスメ術

今回ご紹介するのは、”その人に似合う色”を診断する「パーソナルカラー診断」と、おすすめのコスメアイテムたち。流行の色を追いかけるのも良いけれど、自分に合う色を知ることで、さらに気分を上げることができるはず。


友人知人に「友だちって何?」とメッセージしてみたら

友人知人に「友だちって何?」とメッセージしてみたら

『DRESS』1月特集は「トモダチってナニ?」。ときどき「大人になると友だちができない」という声を聞きます。友だちがほしいのにできない――そんな方は本特集にヒントがあります。友だち論や新しい友だちを増やせそうなスポットの紹介、友だちと一緒に過ごさないひとり時間など、友だちにまつわるあれこれを取り上げます。


おっぱい