1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ワークスタイル
  3. 元大手航空会社CAがパラレルキャリアを実現するまで【猫川舐子】

元大手航空会社CAがパラレルキャリアを実現するまで【猫川舐子】

Share

最近耳にする「パラレルキャリア」という言葉。本業を持ちながら別の仕事を持つ、あるいはボランティアやNPOに参加し広義の社外活動を行うなど、新しい働き方として注目されています。今回は、日系航空会社を退職後、パラレルキャリアを実践することになった神原李奈さんに、現在のキャリアを築くに至った経緯について伺いました。

元大手航空会社CAがパラレルキャリアを実現するまで【猫川舐子】

キャリアについて考えること。それはいつ何時、どのような事情で訪れるかは人それぞれですが、誰もが必ず向き合うテーマではないでしょうか。

神原さんは元大手航空会社のCA(客室乗務員)。現在は個人事業主としてパン教室を運営する傍ら、11月からは再び外資航空会社でCAとして乗務を再開。パラレルキャリアを実現することになります。

新しい働き方として注目されているとはいえ、ひとつの企業に属し、その中で職務を全うするのが一般的であると考えられている中で、なぜパラレルキャリアを選択したのか。方針転換の背景や、心の移り変わりについて教えていただきました。

■キャリアを見直すきっかけは、本当に些細な出来事だった

――CAとしての活躍を知っていたので、個人事業主へとキャリア転換したことを知り驚きました。方向転換に至るきっかけは何だったのですか。

今思い返せば、国際線勤務がスタートしたことが転機だったように思います。国内線と国際線では生活環境がまるで違って、例えば、時差の関係で30時間通してフライトをこなす日々が続きます。無意識に仕事のことで頭がいっぱいになり、他のことを考える余裕がない毎日でした。

もともとCAになることを目指して就職活動をしていたので、内定後は迷わず入社しました。憧れの職業につけた喜びは自分を奮い立たせましたし、CAとしてさらに上を目指すため、10年は続ける! というポジティブな気持ちで日々業務をこなしていたので、不満はなかったのですが。

――転機ということは、当時、パン教室の運営に至る出来事があったのですか?

パン作り自体は、もともと好きなことでした。社会人1年目の冬に初めて体験して、出来たてのパンの美味しさに衝撃を受けたことはもちろん、パンを人の手で作れるということが感動的で。その日のうちに料理教室に入会し、パン作りを始めました。

仕事が忙しくてなかなか教室に通えず、一時期はパン作りから遠のいたものの、激務をこなすためにはリフレッシュが必要! と久しぶりに教室でパンを作ったのですが、なぜかその日に、初めてパン作りを体験したときに抱いた気持ちが一気に蘇ってきたのです。それ以来、なんだか日常が明るくなって……。

言葉にすると、ごく日常的なシーンですよね。でも、私がキャリアを見直すきっかけは、こんな些細なことだったのです。

■「キャリア」と「好きなこと」のどちらを取るか。理想と現実の間で揺れ動いた

――先ほど仰っていた、「初めてのパン作りで抱いた気持ち」とは、具体的にどのようなものだったのでしょうか。

パン作りって、奥が深いんですよ。生地を形にして、パンとして完成させるまでの過程は、努力を積み重ねてチャレンジを成功させたり、願いを叶えていくこととよく似ていると思います。

つまり、言い換えれば「何でも自分次第」ということなのですが、これが私がパン作りを通して得られた気持ちというか、初心のようなものです。今でもずっと私の思考の軸となって、ポジティブに働きかけてくれる。

激務と戦っているうちは、この気持ちを忘れかけていましたが、久しぶりのパン作りで再確認することができた。それ以来、国際線勤務で多忙でも、合間を縫っては教室に通い詰め、ライセンスまで取得するほど夢中になり、もはや趣味の域を超えていましたね。

■人生設計は自由。好きなことなら、全て手にすればいい

――「何でも自分次第」。行動の原動力になる気持ちって、突き詰めていくとシンプルなものだったりしますよね。

まさに、そういうことです。好きなことだと心から楽しめるので、無意識に探求してしまうものですよね。私にとってはそれがパン作りとCAの仕事だったのですが、日に日に増幅するパン作りへの情熱と、CAとしてのプライドと誇りを、自分の中で両立させることが難しくなってきて。

本当は、どちらもやりかった。しかし当時はパラレルキャリアという概念がなく、また当時の私のスケジュールを考えると、キャリアの両立は現実的ではありませんでした。何かを手にするためには何かを手放さなければならない……そんな気持ちを抱え、方向性について悩み始めたのです。

結局、新卒で入社した航空会社を辞める選択をしたのですが、この決断に至るまでには、やはり葛藤がありました。

■キャリア設計は自由。全てが欲しいなら、全てを手に入れればいい

――念願かなって手にしたキャリアを手放すのは、相当な覚悟が必要だったのではないかと思います。葛藤するのもうなずける。

退職を決断するのは、本当に勇気がいることでした。

CAであること、大手航空会社に所属していること。たったそれだけで信頼されることが多かった。正直、肩書きに寄りかかるのはとても楽ですし、何より自分が願って手にしたキャリアなので、それを手放し、個人事業主としてやっていくのは少し怖かった。

このときの気持ちを掘り下げると、CAというわかりやすい肩書きやキャリアを手放してまで、別の好きなことを仕事にして生きていくことに、自信を持てなかったのだと思います。私自身が「CAとしての私」に傾倒していたのかもしれません。

――そこまで自分のことを見つめられるのはすごい……。それほど自信が持てなかった状態から、パン作りを仕事にする決意を固めるまでの心境の変化が気になります。

それについては、周りの人たちの助けが大きいです。本当に感謝しています。

キャリアプランのことは、周囲にも相談していました。みんな、CAとしての私が好きなのかな……と思うこともあったのですが、そんなことはなかった。私が思っている以上に、内面を見てくれていることがわかりました。

そしてその事実は、本来の自分のあり方を見出すきっかけになった。全てを取り払ったときに残るものが、自分の本当の価値だと気づけたのです。

そのような経緯があって、4年間勤めた会社を退職し、個人事業主としてパン教室を開校しました。自分の幸せや楽しさに忠実になってみると、気持ちの自由度が上がった。とても清々しい気持ちになったことを覚えています。

でも実はご縁があって、11月から再びCAとして働くことになりました。もちろん、パン教室も継続して運営します。

――個人事業主とCAの両立というキャリアは珍しいような気がします。一度は手放してしまったにも関わらず、なぜCAとしてのキャリアを再開することになったのですか?

当時はパラレルキャリアという概念がなく、どちらかを選択しなければならなかった背景が前提にあるのですが、ここ最近は、複数の職を並行させられる、自由なキャリア設計が許容されつつある時代になったことが大きいです。

やりたいことは絞れないし、選べないですよね。だったら、全部やってしまえばいい! と思いましたし、パラレルキャリアを選択することは、現在の風潮にも合致している。キャリアを両立する方向に舵を取りやすくなりました。

しかし、自由設計を許される時代だからこそ、プロフェッショナルになることは難しい。私のようなキャリアだと、それぞれの業務にかける時間が分散してしまいますから。一社に所属してキャリアを積み、スキルを積み上げていく人、貫き通す姿勢を尊敬します。

ただ、「どちらがより優れているか」ではなく「自分はどのようなスタンスを取りたいか」に尽きるのではないでしょうか。私の場合は、どちらも好きなことなので、両立させられるようにキャリアプランを設計し、実現に向けて動きました。

■キャリアについて悩んでいる方へ

――最後に、キャリアに悩んでいる方へ向けて、神原さんから伝えたいことはありますか。

もしこの記事を読んでくださっている方が、ご自身のキャリアに悩んでいるのだとしたら、一度立ち止まって、本当にやりたいこと、ひいては「自分自身を知る」ことに時間を割いてみてください。

忙しいと周囲の環境に振り回されがちですが、やみくもに働いても、自分の思惑と、自分を取り巻く環境に差が生まれて空回ってしまうだけ。人生を切り拓いていくためには、確固たる意志と、自分自身の生き方に納得できる心の余裕を持つことが大切です。

人生の舵取りをするために経た思考のプロセスや決断は、必ず自らの糧になり自分を大きく成長させてくれるはず。その経験はキャリアにおいて、またその後の人生の様々な側面において、大いに力を発揮することと思います。

皆さんが、素晴らしいキャリアを切り拓いていかれますように。

神原李奈さん プロフィール

■神原りなさんのプロフィール

東京都出身。青山学院大学を卒業後、大手航空会社の客室乗務員として4年間勤務。ヨーロッパ、アメリカを中心に乗務する。その傍ら、偶然始めたパン作りに魅了され、働きながらスクールに通い勉強。これまでに作ったパンは100種類以上。

職業柄、海外などでの外食が多かったことから食生活を整えることの重要性を実感。大好きなパン作りを通して食の安全性や大切さを伝えたいと思い、退職後パン教室『りなぱん〜手ぶらでおうちパン教室〜』を開く。2017年11月からは、外資航空会社で客室乗務員としてのキャリアを再開、パラレルキャリアを実践する。

りなぱん〜手ぶらでおうちパン教室〜

https://reserva.be/rinapan2015

田町駅より徒歩5分!女性限定・少人数制パン教室です♡パンを食べるのが好き!パンを作ってみたい!お友だちと一緒に気楽に習い事がしたい!得意料理ならぬ得意パンを身に付けたい!色んな想いをもった方がいらっしゃると思います♡そんな方にぜひ参加して貰いたいレッスンです。からだにやさしい食材で美味しいパンを作ってみませんか?おうちにある設備で、 ...

Share

猫川 舐子

都内で働く会社員。好きなブランドはYOKO CHAN。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article