金融業界の大物たちの素顔に迫った『世界最強人脈の知られざる裏側 スーパーハブ』

金融業界の大物たちの素顔に迫った『世界最強人脈の知られざる裏側 スーパーハブ』

弁護士であり、金融業界のコンサルタントでもあるサンドラ・ナビティが知りえた世界の金融業界のトップたち。女性ならではの細やかな視線で、世界経済を動かす彼ら=スーパーハブの実像に迫った書籍を紹介します。


■スーパーハブと呼ばれる世界の金融業界を牛耳る大物たち


著者のサンドラ・ナビディは弁護士というエキスパートでありながら、時には金融業界のコンサルタントであり、インサイダーとして、あるいはオブザーバーとして世界の金融界のリーダーと接してきました。彼女はそうした金融業界の大物たちをスーパーハブとして定義し、財産とネットワークこそが彼らの強みだとしています。

1992年のポンド危機でイングランド銀行を負かしたヘッジファンドのジョージ・ソロス、JPモルガンのCEOジェイミー・ダイモン、元FRB議長ベン・バーナンキ、元米国財務長官ロバート・ルービンなど、世界経済を牛耳る大物たちのネットワーク=スーパーハブの世界にアクセスした筆者がその現実を描いています。

ジョージ・ソロスに代表されるような大富豪たちが「スーパーハブ」として機能し、ネットワーク全体とつながっている。それはたとえば、ダボス会議というスイスの山奥で開催される会議に出席できる一握りのスーパーエリートたちで、スーパーハブは、自らの位置によって他のスーパーハブへアクセスできるという「資産」を持っているといいます。スーパーハブによって、金融危機が救われた場合もある一方、金融緩和によって、圧倒的に貧富の格差が拡大したことも指摘しています。

■女性が頂点を目指すには高い壁も

9章では女性金融界のトップに少ない理由を探ります。それなりの位置を得ている筆者ですら、アシスタントか通訳に間違われることもしばしばあり、この世界では女性は誰かの付属品として見られると言います。
職業を弁護士と言えば、「弁護士っぽくないですね」とどっちつかずのお世辞を言われ、会社を経営していると「マーケティングかPRですか」と聞かれてしまう世界。昔からマーケティングとPRは女性の定番職業と思われているからです。

筆者によると世界の大手金融会社150社のうち、経営者が女性なのはわずかに6社。アメリカでは、フィデリティ・インベストメンツのCEOアビゲイル・ジョンソンだけ。
アメリカで女性が運用する投資信託の資産は全体の2%、女性のヘッジファンドマネジャーは男性の80分の1しかいない。
アメリカでも女性が金融業界のトップへ上ることが難しい状況を指摘しています。そんな現状でも、IMFの理事の女性として活躍するフランス人女性ラガルドについて、高度な社会的知性とレジリエンス(たくましさ)を併せ持っていると評価しています。
世界の最強人脈の裏側を筆者のサンドラとのぞいてみませんか。

■『スーパーハブ 世界最強人脈の知られざる裏側』

著 者:サンドラ・ナビディ
翻訳:石原薫
発 行:TAC出版
価 格:2160円(税込)
発売日:2017年9月13日
四六判/392ページ

■サンドラ・ナビティ プロフィール

ドイツ生まれ。弁護士・金融コンサルタント。
戦略的ポジショニングに関するアドバイスを行うコンサルティング会社、ビヨンドグローバルの創業者で最高経営責任者(CEO)、弁護士、キャスター。
ドイツのケルン大学で法学を学び、アメリカのフォーダム大学ロースクールで銀行・会社・金融法の修士号を取得。ドイツとニューヨーク州の弁護士免許を持つ。
国際金融コンサルタントとして、各国のテレビ、新聞、雑誌などで積極的に意見を発信している。

■目次

1) 世界経済を支配するビリオネアの正体ー金融ネットワークの中心にいるのは誰?
2) スーパーハブになる力学ーステータス、アクセス、ソーシャルキャピタルの「超活用法」
3) スーパーハブをつなぐリンクー金、人脈、特権的情報へのアクセス
4) マトリックスースーパーハブのDNAを解読する
5) 同質化する金融エリートたちー似た者同士のつながり
6) ネットワークで世界を動かす!-人脈を作ることの本当の意義
7) スーパーハブのプラットフォームー金融エリートたちの会議、イベント、パーティーの内幕に迫る!
8) 世界を動かすスーパーハブー官民を行き来して独占的ネットワークを形成する!
9) スーパーハブであるが故の苦悩ー華やかな世界の裏側にあるトップたちの果てなき犠牲
10) ジェンダーギャップー途切れた女性へのリンク
11) リンクは切れるのか?ネットワークからの完全追放はあり得るのか
12) スーパークラッシュ 金融危機の犯人はスーパーハブかシステムか

この記事のライター

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

関連するキーワード


ブックレビュー

関連する投稿


個性を輝かせるおしゃれ。美しく生きる人は自分の色を知っている。

個性を輝かせるおしゃれ。美しく生きる人は自分の色を知っている。

佇まいがおしゃれな人は、特別なアイテムを使いこなしているというより、自分のカラーをうまく着こなしているような気がします。自分に似合う色をどうやって見つければよいのでしょう? ファッションの秋。自分を素敵に見せるカラーを知って、ワンランク上のおしゃれを楽しみたいものです。


人気スタイリスト小山田早織さんが教える美人な着こなし【積読を崩す夜 #9】

人気スタイリスト小山田早織さんが教える美人な着こなし【積読を崩す夜 #9】

連載【積読を崩す夜】9回目は、『身の丈に合った服で美人になる』(著:小山田早織)をご紹介します。テレビ「ヒルナンデス!」や各ファッション誌で、日本中のおしゃれに悩む女性をスタイリングで救ってきたスタイリスト・小山田早織さん初のスタイルブックです。


79歳・日本のパリジェンヌがボン・シックなおしゃれを語る【積読を崩す夜 #8】

79歳・日本のパリジェンヌがボン・シックなおしゃれを語る【積読を崩す夜 #8】

連載【積読を崩す夜】8回目は、『パリが教えてくれたボン・シックな毎日』(著:弓・シャロー)をご紹介します。在仏51年、79歳のパリジェンヌが、センスある毎日の過ごし方を教えてくれます。


直観力を活かして人生を好転させる

直観力を活かして人生を好転させる

『直観力』はメンタリストとして多方面で活躍しているDaiGoさんの著書。なんとなくあやふやな「直観」も、メンタリストDaiGoさんの解説を読むと信頼できる判断材料のひとつなんだとわかります。今回は本のご紹介をしつつ、直観の活用法をご提案します。


夏の終わりは想像力の海へ――大人の目で読む絵本『なみにきをつけて、シャーリー』

夏の終わりは想像力の海へ――大人の目で読む絵本『なみにきをつけて、シャーリー』

最後に海辺で遊んだのはいつですか? 時間を忘れて遊びまわったのは、もう何年前のことでしょう。そんな「あの日」のことを思い出す絵本、『なみにきをつけて、シャーリー』(“Come away from the water, Shirley”)を読みながら、子供のときとは違う絵本のおもしろさを見つけてみませんか。


最新の投稿


川崎貴子さん×夫 マサヒロさん対談・後編「私は夫の家族、妻、親友。私がいなくなって、夫からすべてを奪うのは切なすぎる」

川崎貴子さん×夫 マサヒロさん対談・後編「私は夫の家族、妻、親友。私がいなくなって、夫からすべてを奪うのは切なすぎる」

川崎貴子さん(プロフィールは文章末尾に掲載)と夫・マサヒロさんの対談後編。前編「もし妻が乳がんになったら。夫が備えておくべきこと」に続き、ふたりのコミュニケーション法について迫る。


17年秋冬の囲み目メイクは自然なのに目力しっかり。方法、アイテム、詳しく解説します

17年秋冬の囲み目メイクは自然なのに目力しっかり。方法、アイテム、詳しく解説します

囲み目メイク、久しぶりにきてます。「目元がぼんやりしている」と感じている方はとくに嬉しい流れかも!? でも、イマドキの囲み目メイクは、昔の囲み目メイクとはちょっと違うみたい。今どきの囲み目メイクの方法、選ぶべきアイテムなど、詳しくまとめてみました。


射手座の運気を上げてくれるファッション【2018年上半期 恋愛・仕事・マネー運】

射手座の運気を上げてくれるファッション【2018年上半期 恋愛・仕事・マネー運】

2017年下半期の星回りは、幸運の星・木星が天秤座に位置していたため、対人関係のコミュニケーションに重きが。しかし、2018年上半期は蠍座の木星効果が色濃く出てきます。そのため、射手座にとっては自分を解放することがテーマに。これまで上手くいかなかったこともすんなりクリアできるシーズンになりそうです。


山羊座の運気を上げてくれるファッション【2018年上半期 恋愛・仕事・マネー運】

山羊座の運気を上げてくれるファッション【2018年上半期 恋愛・仕事・マネー運】

2017年下半期の星回りは、幸運の星・木星が天秤座に位置していたため、対人関係のコミュニケーションに重きが。しかし、2018年上半期は蠍座の木星効果が色濃く出てきます。そのため、山羊座にとってはが自分の世界を広げていくことがテーマに。思いきりが重要なシーズンになりそうです。


ホテルニューオータニで秋メニューを楽しめる「サンドウィッチ&スイーツビュッフェ」

ホテルニューオータニで秋メニューを楽しめる「サンドウィッチ&スイーツビュッフェ」

サンドウィッチとスイーツが35種も! 行列必至のビュッフェ、食欲の秋にいかがですか? ホテルニューオータニでは、ティー&カクテル「ガーデンラウンジ」で、窓一面に広がる日本庭園の紅葉を眺めながら優雅に楽しんで。


おっぱい

MENU

DRESS部活