1. DRESS [ドレス]トップ
  2. グルメ
  3. じゃこと九条ねぎの和風リュスティック【天然酵母のパンレシピ#1】

じゃこと九条ねぎの和風リュスティック【天然酵母のパンレシピ#1】

Share

自家製天然酵母パンとフランス菓子の教室「MINAMINA(ミナミナ)」を主宰する山田美奈さんによる、自宅で気軽に作れる天然酵母のパンレシピを紹介する連載がスタート。第1回目ではじゃこと九条ねぎをたっぷり使った、和風のリュスティックの作り方をご紹介します。

じゃこと九条ねぎの和風リュスティック【天然酵母のパンレシピ#1】

■天然酵母のパンレシピ#1「じゃこと九条ねぎの和風リュスティック」

話題のパン屋さんは、買うために並ぶのは当たり前。

パンを手作りなんて、とてもとても……と思っている方にこそ、おすすめしたいパンレシピをご紹介します。忙しい方にも楽に美味しく焼いていただくため、手軽に手に入る市販の天然酵母を使用します。

第1回目は、秋の夜長の家飲みにぴったりな、白ワインやスパークリングと合わせても美味しい大人のリュスティック(フランスパンの一種)をご紹介します。

■材料(8個分)

・準強力粉(手に入らなければ強力粉でも)   250g
・きび砂糖                   5g
・塩                       4g
・白神こだま酵母(顆粒状)           5g
・ぬるま湯(35℃)              150g
・混ぜ込み用ちりめんじゃこ             30g
・九条ねぎ                    2本

■作り方

1、ボウルに準強力粉、きび砂糖、塩、酵母を入れ真ん中にくぼみを作る。
  ぬるま湯をくぼみめがけて入れ、真ん中から壁を崩すようにヘラでまとめる。

2、粉っぽさがなくなったらまとめてこね台に出し、ボウルをかぶせて5分休ませる。
  さらに7~8分こね、生地がしっとりし、伸ばしてみて膜状になったらこね上がり。

3、サラダ油を少量塗った厚手のビニール袋に丸めた生地を入れ、冷蔵庫で一晩発酵させる。
  当日に仕上げる場合は、35℃のところで2倍くらいになるまで1次発酵させ、手順4へ。

4、生地は使用する40分前に冷蔵庫から取り出し、この間に具材を準備する。
  ねぎは1センチ幅の斜め切り、じゃこはフライパンでかりかりに炒って冷ます。

5、生地を分量外の打ち粉を振ったのし台に、10センチ×20センチくらいに手で優しく広げる。
  生地の3分の2に半量の具材をのせ、何ものせていない部分を折り重ね、3つ折りに。
  向きを変えてもう一度繰り返し具材を混ぜ込む。
  ビニールをかぶせて15分休ませる。

6、再度最初の大きさぐらいまで手で広げ、包丁で8個にカット。
  オーブンシートを敷いた天板へ置く。
  40℃くらいのところ(オーブンの発酵機能などを使う)で約30分、2次発酵させる。

7、表面に茶こしで準強力粉を振り、軽く霧を吹きかけて200℃に予熱したオーブンで20分焼いて
  できあがり。

<mina's tips>
オリーブオイルやクリームチーズなどを添えて、スープなどと一緒に。
冷めたパンはオーブントースターなどで温めてお召し上がりください。
保存する場合は、ジッパー付きのビニール袋に入れての冷凍がおすすめです。

Share

山田 美奈

パン・スイーツ研究家。 長く国際線CAとして乗務。世界中の美味しいものを体感すると同時に様々な教室に通う。退職後は焼き菓子塾講師を経て、ル・コルドンブルーにてパティスリーディプロム取得。横浜駅近くで「自家製天然酵母パンとフ...

関連記事

Latest Article