「香りをまとわない女性に未来はない」【三宅志穂】

「香りをまとわない女性に未来はない」【三宅志穂】

今、あなたが感じるのはどんな香りですか。自分の香り、それとも、空間に漂っている香りでしょうか。日頃から「香り」を意識して生活することで、ワンランク上の魅力的な女性を目指しましょう。


今、あなたが感じるのはどんな香りですか。自分の香り、それとも、その空間に漂う香りでしょうか。

はじめまして。三宅志穂です。香りを研究してきた化学者の視点で、皆様をワンランク上の魅力的な女性に導く、「香り」にまつわる連載を始めることになりました。どうぞよろしくお願いします。

ココ・シャネルの言葉が教えてくれたこと

第1回目の連載タイトル「香りをまとわない女性に未来はない。("Une femme sans parfum est une femme sans avenir.” )」というのは、ココ・シャネルの有名な言葉です。

「香水をつけないなんて、すっぴん以上に無防備で人前に出るのが恥ずかしい」「細かいところまで気を配ることが未来を切り開く鍵。香水をまとうこともそのひとつである」など、この言葉の真意についてはさまざまな解釈があります。

「ん、どういう意味?」という人も、「すごくよくわかる」という人も、何はともあれ、香りをまとって未来が少しでも良い方向に進むのなら、香りを活用しない手はありません。

香りがない=主張がない!?

これまで何人もの外国人の友人、知人から、同じ質問をされたことがあります。それは、「日本人はみんなニオイがなくてすごく不思議。みんな、主張はないのか?」というもの。

香りは、その人の印象や雰囲気を決定づける重要な役割を果たします。私たちは日頃、「この人はこういう人なんだろうな」と、その人の外見や立ち振る舞い、言葉、肩書などから判断します。

そこに実は、「香り」の要素も大きく関わっているんです。そこまで気を配らないと成功や幸せを掴むために必要な自己表現の強さに欠ける、と断言しているのが、あのシャネルの言葉なのだと思います。

この連載を通して、香りを使いこなす術をお伝えしていきますので、香りを自分の味方につけていただけたら嬉しいです。

香りひとつで、まるで別人

さらに具体的に想像してみましょう。

「自分はこうありたい」、「人にこんなことを伝えたい」というものも、適切な香りをもってすれば、より効果的に印象づけることができるんです。

バリバリ仕事をこなすカッコいい女性を想像してください。例えば、『プラダを着た悪魔』でメリル・ストリープ演じるミランダ。人を圧倒する強さを持った女性でカッコいいですよね。

彼女からふんわりした甘さたっぷりの香りがしたらどうでしょう。あるいは、メンズ香水のようなシャープで華やかな香りがしたら――。

シャープで華やかな香りをまとった彼女の方が、仕事への信頼感を持てますよね。香りをまとう本人自身も、香りの力を借りて自信たっぷりに行動できることでしょう。

私も、自分を奮い立たせて仕事に臨むときや「芯の強さ」を印象づけたいときには、メンズ香水を使うことがよくあります。

デートで選ぶ香りも考えてみましょう。先ほどと同じメンズ香水のようなシャープで華やかな香りは、黒のタイトドレスでクールビューティーを演出するにはぴったりです。

でも、パステル系や暖色系の女性らしいラインの服を着るときは、この香りだと、スタッズシューズを選ぶようなもの。

意図的にギャップを演出したいなら良いのですが、デート相手には「無意識」に違和感を与えてしまうかも。ここは、ふんわりした甘い香りを選んで、愛らしさを演出してみましょう。そして、自分自身の香りを感じて、かわいい自分に酔う時間も大切にしてみてください。

このように、相手に与えたい印象、感じたい気持ち、その場の雰囲気などに合わせて効果的に香りを使えると、自分の手でより明るい未来を切り拓けるようになります。

香りが効果的なワケ

記事を読みながら香りを意識してみて、どんな思いが生まれましたか。

情景が浮かんだり、感情が動かされたり......実際に香りを嗅いでいないのに、香りの効果について容易に想像がついたと思います。

香りを活用するのが効果的な理由は、人の五感、視覚・聴覚・触覚・味覚・嗅覚のうち、香りを感じる嗅覚だけが、感情や本能を司る大脳辺縁系に直接到達するから。感情や本能を支配する脳に作用して、記憶に深く刻みこんだり、強く「好き」と思ってもらったりすることができます。

この香りの効果を知らずにいるのは、もったいない!

次回は、香りが脳に働きかけるという特性を生かして、香りを選ぶことについてお話しします。

この記事のライター

株式会社フォルテ 代表取締役、化粧品研究者、香り専門家。 中学・高校をスペインで過ごし、帰国後、東京大学・大学院にて化学を専攻。修士課程修了後、花王株式会社の香料開発部門で研究者として基盤研究から100億円ブランドの立ち上...

関連するキーワード


香水

関連する投稿


グッチから香りの新作「グッチ ブルーム オードパルファム」

グッチから香りの新作「グッチ ブルーム オードパルファム」

グッチから新しい香り「グッチ ブルーム オードパルファム」が8月9日より新登場。グッチのクリエイティブ・ディレクター、アレッサンドロ・ミケーレが初めて全監修したフレグランスです。


初夏にぴったりなローズの香水「インフュージョン ドゥ プラダ ローズ」

初夏にぴったりなローズの香水「インフュージョン ドゥ プラダ ローズ」

インフュージョン ドゥ プラダ シリーズに初夏の風に漂うローズの香り「インフュージョン ドゥ プラダ ローズ」が加わりました。スパイシーで、蜂蜜のようであり、軽やかでシンプルな活き活きとしたフレッシュな香りが特徴です。


叶恭子さんプロデュース。ファビュラスな香りの練り香水

叶恭子さんプロデュース。ファビュラスな香りの練り香水

叶恭子さんプロデュースのファビュラスな練り香水が新登場。美のプロフェッショナルである叶恭子さんが、自らの香りをついに商品化した、唯一無二のアイテムです。ブルガリア産の上質なダマスクローズから抽出した天然のバラ花油を配合し、上品に漂う香りが魅力的な香水に仕上がっています。


パリの香水博物館で、あなたの香りに出会う【母だってひとり旅#1】

パリの香水博物館で、あなたの香りに出会う【母だってひとり旅#1】

お母さんのひとり旅を応援する「母だってひとり旅」。ここでは、大のひとり旅好きの著者が、女性のひとり旅におすすめの場所をご紹介していきます。今回紹介するのは、パリに昨年できたばかりの香水博物館。フランス人の香水に対する意識を肌で感じ取ることができる体験型ミュージアムです。


情熱的で官能的なフレグランス「レクスタス ローズ オーデトワレ」

情熱的で官能的なフレグランス「レクスタス ローズ オーデトワレ」

ニナ リッチから、鮮やかなローズが開花したような新作フレグランス「レクスタス ローズ オーデトワレ」が発売に。


最新の投稿


美人度を上げる、ブラウンアイシャドウパレットの選び方

美人度を上げる、ブラウンアイシャドウパレットの選び方

ブラウンアイシャドウパレットはメイクの定番品。使いやすく、メイクもキマるように思えるけれど、顔色がくすんで見えたり、お疲れ顔に見えたり、単なる地味な人になってしまったり……。「私ってブラウンメイクが似合わない」と思うことはありませんか? 話題の「瞳の色診断」で、自分にベストなブラウンを見つましょう。


【MBA的恋愛学#6】「男を見る目」は必要ない~「現在価値」で見極める結婚相手

【MBA的恋愛学#6】「男を見る目」は必要ない~「現在価値」で見極める結婚相手

「MBA的恋愛講座」では、知っておくとちょっとモテる、経営学仕込みの恋愛テクニックを披露します。今回ご紹介するvol.6はファイナンスの「現在価値」という考え方を使用した、長くお付き合いしているのに結婚してくれなそうな彼の見極め方についてです。


フェードアウトしていった男性と復縁したいなら"プライド"を利用する

フェードアウトしていった男性と復縁したいなら"プライド"を利用する

付き合っていると思っていたのに、いつの間にか距離を置かれてしまった……。理由もわからず離れていかれるのは悲しいことですが、そこには男性のずるい下心があります。復縁したいなら、そんな男性のプライドを上手に刺激して、ふたたび手に入れたいと思わせるのがポイントです。


【おしゃれびとスナップ #16】素材と柄を変えるだけで、たちまち秋コーデに

【おしゃれびとスナップ #16】素材と柄を変えるだけで、たちまち秋コーデに

夏をまだひきずった天気でも、素材や柄を工夫すれば、秋らしい装いに。連載「おしゃれびとスナップ」2017年9月第3週は「夏から秋のスライドコーデ」をテーマにお届けします。


手帳は究極の“引き寄せ”ツール。自分が心からやりたいこと・なりたいものを見つけよう

手帳は究極の“引き寄せ”ツール。自分が心からやりたいこと・なりたいものを見つけよう

ヨガスタジオを経営する傍ら、手帳で夢を叶える“CITTA式メソッド”を考案し、手帳ライフコーディネーターとしても活動する青木千草さん。理想のものがなかなか見つからなかったため、自身で開発したという青木さんの手帳は、口コミが口コミを呼んでベストセラーに。このヨガマインドを活かした“夢を叶える”手帳術を教えてもらいました。


おっぱい

DRESS部活