クルージングで楽しむ華やかな旅【高田賢三】

クルージングで楽しむ華やかな旅【高田賢三】

パリ在住の世界的ファッションデザイナー、高田賢三さんによる連載。「華やか×◯◯」をテーマに毎月1本コラムをお届けします。第10回は「華やか×旅」でその思いを綴っていただきました。高田賢三さんが考える、華やかな旅とは――。


■‘73年、カリブ海で初クルージング

僕の初めてクルージングはカリブ海。

カリブ海は、皆さんもご存知のように、7000をも超える郡島や岩礁が点在し、それらがまるで宝石のように散りばめられている。そして船から見る島々は、太陽の光を浴びて輝きを放っていた。

訪れた先々の島では、まるで自分たちだけの空間と時間を手に入れているような気分にもなる。そこには、独自の風土と文化があり、歴史の面影が、街並みや暮らしの中にも色濃く息づいていた。

クルージングでの旅で、一番印象に残っているのは‘84年トルコへの船旅。その船旅は今までの船旅の中で、一番印象的で豪華でした。

今でも覚えていますが、部屋の名前が確か”シーザ”。澄み切った青空そして照りつける太陽。夕方、夕日が一番綺麗に見える場所まで、小さなボートに乗り換えて目的の場所までたどり着き、アペリティフを飲みながら、沈む夕日を眺める。

海に太陽が落ちていくような……それはどんな映画でも観られない、自然界を肌で感じられる、とてつもなく大きな自然というスクリーンの中で目の前に広がる美しい映像。美しい以上に感動的なひとときでありました。クルージングは、バカンスの醍醐味ですね。

■船旅は自然との共存のよう

バカンスでは、暖かく心地よい気候の場所を選ぶことが多いですね。前述したように、カリブ海やその後は、プーケットそして、ギリシャなどに訪れています。海・太陽・クルージングは、僕にとってバカンスと切っても切れないものになっていますね。

プーケットでは、ヴィラで過ごすこともありますが、数日間は友人の船で楽しみます。今年も行くことにしていて、ギリシャの旅。クルージングは欠かせません(笑)。

だいたい10人乗りくらいのヨットでの船旅。朝起きて、心地よい風を感じて、ランチを皆でワイワイお喋りしながら食べる。

ちょっと暑くなるとヨットから透き通る海に飛び込んで、泳いでみる。場所によっては、島を回ったり、名所を見たり……。また、日中はデッキで本を読んだり、皆でゲームをしたりと、本当にゆっくり過ごします。

他愛のない時間が最高に贅沢なときであると思うのです。そして夕方! やはり夕日を眺めるのが僕にとって1日のうち、一番の楽しみ。

夕日を探しにバカンスに行っているみたいですね。夕食はヨットで食べたり、2日に1回くらいは寄港して、その土地の美味しいレストランで旬な食材のメニューを堪能したり。

帆にまかせて旅をする。そんな何でもない時間こそが華やかな時間であり、華やかな旅であるのだと……。

この記事のライター

デザイナー。 1939年 兵庫県生まれ。文化服装学院で服飾デザインを学び、'60年第8回装苑賞受賞。その後'64年に渡仏。 1970年 パリにブティックを開き“JUNGLE JAP”として初コレクションを発表。パリの伝統...

関連するキーワード


海外旅行

関連する投稿


魅惑の街フィレンツェの旅 後編 〜ミラノ通信#24

魅惑の街フィレンツェの旅 後編 〜ミラノ通信#24

フィレンツェの街歩きでは絶景のバールや、レストランなど、ぜひご自身で体験していただきたい魅力的なスポットがたくさん。ミラノ在住の河見恵子さんにレポートしていただくフィレンツェの旅、後編です。


魅惑の街フィレンツェの旅 前編 〜ミラノ通信#23

魅惑の街フィレンツェの旅 前編 〜ミラノ通信#23

古いものをきちんと残しながらも、上手に進化している花の都フィレンツェ。大聖堂や美術館から、美味しいものが揃うメルカートまで、ミラノ在住の河見恵子さんにレポートしていただくフィレンツェの旅、前編です。


【実践検証】クルーズ船での家族旅行。良かったこと・悪かったこと

【実践検証】クルーズ船での家族旅行。良かったこと・悪かったこと

年末にブラジルに住む家族とマイアミで落ち合い、クリスマスを含む1週間のカリブ海クルーズに行ってきました。下は7歳、上は75歳という年齢差のある全10名みんなが楽しく過ごせるはずだ、と選んだクルーズ船での旅。今回は、実体験を元にその長所と短所を検証します。


幸運を呼ぶ!? ヘミングウェイ家の6本指の猫たち

幸運を呼ぶ!? ヘミングウェイ家の6本指の猫たち

年末にフロリダ旅行をしてきました。訪れたキーウェストには、アメリカの文豪、アーネスト・ヘミングウェイの家があります。ここには50匹以上もの猫が暮らし、その半数以上が「6本指」を持っているのだとか。今回は、「幸運を呼ぶ」と言われるこの猫たちについてご紹介します。


アートと過ごす贅沢ホテル「ルメリディアン・ソウル」

アートと過ごす贅沢ホテル「ルメリディアン・ソウル」

いまソウルには新しいホテルが続々とオープンしています。今回のソウル旅では、2017年9月にオープンした「ルメリディアン・ソウル」をチョイス。目新しいということに加え、地下鉄9号線新論峴(シンノニョン)駅から徒歩2分、江南駅まで徒歩圏内という立地の良さにも魅かれました。リピート必至の素敵なホテルをご紹介します。


最新の投稿


彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

革靴と鞄の色や素材を合わせれば、見た目に統一感が生まれ、洗練された印象を作ることができます。重厚感や堅実なイメージも出せるんです。ナイロン素材の鞄を使う日があったとしても、ひとつは革素材の鞄を持っておくことをおすすめします。ビジネスシーンにふさわしい鞄選びをパートナーとふたりでしてみてはいかがですか。


医師が教える、肌の調子を悪くする「ストレス」の和らげ方

医師が教える、肌の調子を悪くする「ストレス」の和らげ方

『DRESS』2月特集は「美人は肌から」。自分が機嫌よく過ごせて、メイク時もすっぴんのときも、自信を持てる「お気に入りの肌」を手に入れるための、ストレスとの向き合い方をご紹介。解説してくださるのは「ブレインケアクリニック」院長、今野裕之先生。ストレスと上手く付き合って、肌に悪影響を与えない日常を過ごすアイデアをお届け。


お肌の調子が悪いときは、とにかく肌表面の保護を優先【わたしを助けてくれる肌ケア】

お肌の調子が悪いときは、とにかく肌表面の保護を優先【わたしを助けてくれる肌ケア】

『DRESS』2月特集は「ほしいのは“前向き“肌」。肌という“基盤”は心までも左右するパーツ。そんなお肌を美しく保つ秘訣をDRESSを舞台に活動していただいている女性たちに聞いてみました。ここでは、DRESSコラムニストの猫川舐子さんが、自身の肌ケアについてご紹介します。


肌に負担をかけず、メイクを落とし切る「正しいクレンジング」をおさらい

肌に負担をかけず、メイクを落とし切る「正しいクレンジング」をおさらい

『DRESS』2月特集「ほしいのは“前向き“肌」。年齢を重ねるにつれて、肌の悩みが変わってくるなか、乾燥をなんとかしたい……と感じる方も少なくありません。今回はメイクをする人に欠かせない「クレンジング」を見直します。大人の素肌を美しく保つ、正しいクレンジングとは。


新発想「スクラブ×バーム×ティント」の“3in1”リップ

新発想「スクラブ×バーム×ティント」の“3in1”リップ

“スクラブ×バーム×ティント”の新発想“3in1”リップ「ヌードアップ リンクルリップス」が2月20日に新発売に。米国の先行発売で週間ランキング1位を獲得した注目のコスメです。