ワックス脱毛で背中ケア。夏にパーフェクトな背中を手に入れる

ワックス脱毛で背中ケア。夏にパーフェクトな背中を手に入れる

薄着になるこの季節、背中ケアに取り組んでおきたいもの。とはいえ、日々入念に手入れをしているわけではなく、私の場合は年に一度、ワックス脱毛を行うのみ。施術終了と同時に、完成されたつるつるの背中を手に入れられるのが良いところ。今回は、ワックス脱毛による背中ケアをご紹介します。


年に一度、背中をワックス脱毛します。そもそも、なぜワックス脱毛を取り入れているかというと、昔、医療レーザー脱毛で肩のうぶ毛が硬毛化してしまったため。

施術を中断して放置していたら生えてこなくなり、また現在はうぶ毛にも有効な機械があるそうですが、念のためレーザーを当てず、部位によって施術方法を分けていました。

うぶ毛だから気にならないと言えば気にならないけれど、「わずかながらある」のと「まったくない」のとでは、雲泥の差がありますよね。その悩みを瞬時に解消してくれるのがワックス脱毛です。

■うぶ毛と共に角質も除去。一瞬でつるつるの背中に

施術の手順としては、施術する部位を拭き取って清潔にし、温めたワックス剤を塗布。その後、専用のシートをワックスの上から押さえつけ、ベリッ! と一気に剥がします。

温めたワックスといっても、脇腹に近いところは熱く感じてヒヤヒヤします。肩やうなじ、背中の真ん中などは、じんわりと温まる感覚で気持ちいい。剥がすときの痛みは、人それぞれ違うと思いますが、私の場合は特にありませんでした。

とはいえ、ワックスを剥がすときはご想像の通り、肌に負担がかかります。人によっては赤みが出る方もいるとのこと。そのため、仕上げには赤みを鎮静化させるためのティーツリーオイルを全面に塗り、すべての施術が終了です。

先述した「わずかながらある」のと「まったくない」状態の違いは、服を着たときに分かります。繊維が肌に触れる感覚が、より近くなった感じ。うぶ毛だけでなく、角質も同時にオフしてくれるので、つるつるした肌に仕上がっています。

■キレイな背中を維持するため、ワックス直後のケアは慎重に

■きれいな背中を維持するため、ワックス直後の背中ケアは慎重に

ワックス脱毛は、剥がすときにかかる肌の負担や角質除去の効果で、人によっては肌ダメージを負うリスクがあります。

サロンの方に話を聞くと、一番多いのは、背中の肌の常在菌が炎症を起こした部分に入り込むことで起きる毛嚢炎(もうのうえん)が発生してしまうケースだそう。

また、角質を除去してつるつるになる反面、肌が乾燥しやすい状態になっているため、かゆみや炎症、ニキビなどの肌トラブルを引き起こす可能性も。

起こり得るリスクは、医療レーザー脱毛でもワックス脱毛でも変わりませんが、脱毛直後は慎重にケアを行う必要があります。具体的には、

1.ヘアケア成分が背中に付着することを避ける

ヘアケア成分が背中に付着して残留すると、成分が毛穴をふさいでしまい、上に挙げた肌トラブルを引き起こす原因となるそう。リスクをなるべく回避するため、髪を洗うときにはおじぎをするような体勢で(頭を下げた状態で)行ってほしい、とのことです。

2.ボディソープはしっかり洗い流す

ヘアケア成分が背中についても、そのあと体を洗うし……という方もいらっしゃると思いますが、ボディソープの洗い残しがあると本末転倒。上記と同じく、肌トラブルを引き起こす原因になります。指で肌を触って確かめながら、しっかり洗い流すことを意識する必要があります。

3.保湿して、肌を清潔に保つ

サロンでは抗炎症作用・抗菌作用のあるティーツリーオイルで仕上げてもらいますが、施術後数日の間は、自宅でも同じようにティーツリーオイルを用いると安心かもしれません。

ちなみに、私は背中の保湿をするとき、肩甲骨までは手のひら、肩甲骨から下は手の甲にボディクリームやオイルを伸ばした状態でまんべんなく塗っています。

■実はデリケートな背中。くれぐれも背中ケアは慎重に

冒頭で、背中ケアは「年に一度」と書きましたが、私の通っているサロンでは、年に一度しか施術してもらえません。なぜなら、背中は皮脂腺が集中するデリケートな部位で、何らかの肌トラブルを起こしやすい人が少なくないため。

私としては、そのリスクを認識した上で、無駄なものは全て除去したい気持ちなのですが、「どう見ても目立つならまだしも、その程度のうぶ毛は“human being”でしょ?」と言われてしまいます(脱毛サロンなのに。笑 逆にそれが信頼できるところでもあるのですが……)。

そのような経緯があり、肌の露出が増えるこの時期にだけ、メンテナンスをしています。

背中ケアの選択肢のひとつとして、検討してみてくださいね。

この記事のライター

デジタルPRプランナーとして働く会社員。
リトル・ブラック・ドレスを愛しています。好きなブランドはYOKO CHAN。

関連するキーワード


背中ケア 脱毛

関連する投稿


大人にこそ! 女を目覚めさせる「ブラジリアンワックス脱毛」のススメ

大人にこそ! 女を目覚めさせる「ブラジリアンワックス脱毛」のススメ

ブラジリアンワックスは脱毛法のひとつとして、成熟した大人の女性にこそおすすめしたい施術です。とくにアンダーヘアをワックス脱毛するとメリットがいっぱい。世界的にワックス後進国だった日本で、2010年頃の黎明期からブラジリアンワックスブームを支えてきたワックスメーカー代表の著者が、ワックス脱毛についてお届けする連載です。


大人におすすめ! 話題の「SHR脱毛」でVIO脱毛にチャレンジ

大人におすすめ! 話題の「SHR脱毛」でVIO脱毛にチャレンジ

最近話題の「SHR脱毛」を体験。VIOラインの施術をしてきました。ランジェリーを美しく着こなすためには、アンダーヘアのお手入れはマスト。レーザー脱毛やブラジリアンワックス脱毛など、さまざまな脱毛を経験してきましたが、SHR脱毛はいったいどんな脱毛なのか、詳しくレポートします。


セルフ背中ケアで後ろ姿も美しく【百木ゆう子】

セルフ背中ケアで後ろ姿も美しく【百木ゆう子】

背中ケア、していますか? 背中は面積が広い上に、自分の目で確認しづらい、ケアするのが難しい部位のひとつ。今回はできるだけ簡単にセルフでできる、背中ケアの方法をご紹介します。露出の多い夏だからこそ、きれいな背中でいたいもの。今夜から実践してみてくださいね。


【背中ケア】化粧水でつくるなめらか美背中

【背中ケア】化粧水でつくるなめらか美背中

背中はベタつきやプツプツ、ニキビなどの肌トラブルが多いパーツ。背中ケア、していますか? 「誰にも背中を見せることはない」なんて思っていても、抜き襟ファッションやオフショルダーなど、背中が意外と見えてしまうトップスが流行中。背中に自信をつける簡単ケア、今日から早速始めましょう。


【初体験】Vラインのブラジリアンワックス脱毛をやってみた

【初体験】Vラインのブラジリアンワックス脱毛をやってみた

Vラインのブラジリアンワックスを初体験した石川智恵が、その模様を詳しくレポートします。Vラインをはじめとするアンダーヘアは、レースの美しいランジェリーを身に着けるなら、きちんとケアしておきたいもの。肌がつるつる・ワントーン明るくなる効果も期待できるブラジリアンワックス脱毛も、ケア方法の候補に入れてみては?


最新の投稿


川崎貴子さん×夫 マサヒロさん対談・前編「もし妻が乳がんになったら。夫が備えておくべきこと」

川崎貴子さん×夫 マサヒロさん対談・前編「もし妻が乳がんになったら。夫が備えておくべきこと」

川崎貴子さん(プロフィールは文章末尾に掲載)と夫・マサヒロさんの対談。今年1月、貴子さんは乳がんの宣告を受け、手術・治療中であることを告白した。妻が乳がんをわずらうと、思い詰めてしまう夫もいる。川崎夫妻はどのようにして乗り越えてきたのだろうか。


私が愛するヴィンテージ腕時計が与えてくれた心の余白

私が愛するヴィンテージ腕時計が与えてくれた心の余白

ヴィンテージ腕時計についての、ロマンを感じる物語をお届けします――。新しい生き方、働き方「パラレルライフワーク」を実践する中里 彩(なかざと あや)さんによる、生き方・働き方をテーマにした連載。第3回目の今回は中里さんが身につけている、思い入れのあるヴィンテージ時計について綴っていただきました。


秋肌に透明感を! 大人のくすみ対策プログラム【美活手帖#7】

秋肌に透明感を! 大人のくすみ対策プログラム【美活手帖#7】

夏が残していった紫外線ダメージ。秋が連れてくる無慈悲な乾燥。そして、カサカサどんより冴えない肌。さあ、悩めるくすみ肌をいたわり、透明感を取り戻すお手入れに注力する時がやってきました。ご用意したのは6つのメニュー。脱ぐ、満たす、補う、包む、巡らせる、うるおす。肌とじっくり向き合って、効果的にお手入れを組み合わせてみて。


クリエイティブは「自分が好きなことをできる場所」から始まる【ジルデコchihiRo×中山シェフ対談】

クリエイティブは「自分が好きなことをできる場所」から始まる【ジルデコchihiRo×中山シェフ対談】

ジャズバンド「JiLL-Decoy association」のボーカルを務めるchihiRoさんがホスト役となり、同じく「ものづくり」に携わる方を招き、ものづくり、クリエイティブをテーマに語らう本対談企画。第2回では、フランス・パリの名店「Restaurant TOYO」のオーナーシェフ、中山豊光さんをお招きしました。


女性として、母として気になる衆院選。1票の重みを感じながら投票に行く【わたしの選挙#1】

女性として、母として気になる衆院選。1票の重みを感じながら投票に行く【わたしの選挙#1】

10月22日に投開票される第48回衆議院議員総選挙。選挙ポスターに込められたメッセージ、同じ女性であり、中には母親業と両立する候補者の活動が気になる、という木村えりなさん。自身も働く女性で、ふたりの娘さんのお母さん。今回の選挙をどう見て、考えて、政治を通じてどんな未来を望んでいるのか。率直な思いを綴っていただきました。


おっぱい

MENU

DRESS部活